姉妹差別。父親が子供を差別してしまう心理とは

姉妹間差別。
父親にとって、娘とは愛おしく愛すべき存在だと思われがちですが、そうできない男性もいるようです。

男性は自分が育ってきた環境通りに子育てをする傾向があります。

自分が、兄弟間差別を受け育ってきたら、差別してもいいと思って子どもたちと接してしまうこともあるようです。

差別される子どもに罪はありません。

親が心に問題を抱えているのです。

親だからといって、子どもにとって有益な存在であるとは限らないのです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

関連記事はありませんでした

スポンサーリンク

姉妹差別は動物が持つ本能によってされる。父親が子供を差別してしまう理由とは

父親が子供を差別してしまう理由とはなんなのでしょうか。

親が子供達に平等であるというのは、人間であればこそです。動物という観点から考えると、子孫繁栄というのが生物上の目的のため、優秀な子供であれば、優先して育てられる傾向にあります。賢く、身体が丈夫で、異性をひきつける魅力的な存在であれば、そのような子供を育てるのに、親が力を入れるというのは当然のことでしょう。

あなたへ愛情が注がれず、姉妹間差別を受けて育ってきたのであれば、それは、あなたの親が生物の目的を果たしているだけにすぎません。動物本来の本能とも言えます。一族の反映の為に、あなたを差別してしまっているのでしょう。そう考えると少しは気が楽になりませんか。

幼い頃の親との関係は、大人になったあなたにも、勿論大きな影響を持つものであることは間違いないないでしょう。相手を受け入れ包み込むのが母性、子供に知識を与えるのが父性とも言われています。

もし、あなたの姉妹が、より親に可愛がられているのであれば、あなたは、一族繁栄の為に姉妹とは別の活躍の場を見つけなくてはならないでしょう。そのことで、あなた自身も成功し活躍することができるのです。

姉妹間差別。誰が悪いわけでもない。父親と母親が毒親なだけ

姉妹間の差別に気付いたのはいつですか。差別に気付いたのが幼い頃だったという人もいるでしょう。

差別に気付くのが年齢が低ければ低いほど、ショックを受けることは間違いないでしょう。姉妹差別の理由は何なんだろう、何か親に悪いことでもしたのだろうかと、何度も枕を涙で濡らしたという人もいるでしょう。

悲しみは、いずれ怒りに変化します。その行き場のない怒りをどこにぶつけてよいのか分からず、悶々と思春期を過ごしたという経験がある人もいるでしょう。

差別は決してあなたのせいではない

その差別は、親からの合図にすぎません。あなた自身、誰の助けも支配も受けずに、自分の力で自分の人生を生きていかなくてはならないという合図なのです。

子供を差別することで、自分の思い通りにしようとする父親と母親が毒親なだけです。親自体の問題なのです。子供であるあなたは、決してその差別に翻弄されてはいけないのです。

姉妹差別をする父親の心理とは?

姉妹差別をする母親や父親の心理とはどのようなものでしょうか。

姉妹差別する親自身が、幼い頃に劣等感をもって育ってきた可能性があります。
劣等感をもっていたからこそ、誰かを差別し、その劣等感を補おうとしているのです。

自分より出来の悪い存在をつくって優越感に浸り、どちらかを認めて可愛がることで誰かを大切にしているという優しい気持ちに浸りたい。だだそれだけなのです。親のくだらない自我意識なのです。

どちらかといえば、先に生まれてしまったほうが、冷たい扱いを親から受けている可能性があります。もしあなたが姉であるならば、妹は親から怒られているあなたをみて、親への立ち振る舞いが上手になった可能性があります。だからこそ、うまく親と付き合うことができ、可愛がられるようになったのでしょう。あなたは、親からわがままであると決め付けられているに過ぎません。

また、あなたが親のストレス発散の標的になっている可能性があります。単に、あなたがそこに存在していたという理由で、偶然にもあなたが標的になってしまったのです。
くだらない親です。視野が狭いとしかいいようがありません。

あなたに否定的なことばかりいってくるのであれば、それは親の心に問題があります。そのような親元に生まれてしまったあなたは、悲しい思いを抱えて生きてきたはずです。平等にできない親は、心に問題がある可能性があるのです。

姉妹差別を感じる言動って?

姉妹差別を感じるような母親や父親の言動が、時には心をズタズタにすることもあるでしょう。

姉妹によっても、容姿や身長が異なる場合もあるでしょう。年頃になると、その差も大きくなり、女性であればなおさら、姉妹間の違いが気になることでしょう。もともと、気にしていても気遣って言わないのが普通でしょう。親だからと言って、子供に何を言っても良い訳ではありません。妹のほうが可愛いなどと近所の人の評判を、堂々と話す親をみて、苛立つこともあるでしょう。

その姉妹の容姿差のせいで、妹は良い夫や、お金のある家に嫁いだとなれば、親も鼻高だかに違いありません。孫への愛情差も違うようでは、いつまで経っても姉妹差別は埋められないでしょう。

幸せは、お金だけでは計れません。また見た目だけでも計ることは出来ません。周りの人や親が、勝手にあなたが幸せなのか不幸なのか、決めることは決して出来ないのです。

無意識に姉妹差別をする親はなんと7割も!無意識に差別するのはなぜ?

無意識のうちに、姉妹差別している母親や父親は7割程度もいるようです。なぜ無意識に差別してしまうのでしょうか。

色々な理由があるようですが、手のかかる末っ子を可愛がる親も多いと聞きます。放っておくことが出来ず、つい甘やかされて育っている場合があります。長男であれば、家の跡継ぎという考えから、可愛がられて育てられてきたというパターンもあるようです。

親が、自分と似ている子供のほうを可愛がるという人もいます。それは動物本来の仲間意識というものから来ているとも言われています。
逆に、親自身が愛されずに育ってきた場合には、自分に似ている子供には自分を重ねて見てしまう為、可愛がらないという親もいるようです。
出来の良い子供だけを可愛がる親もいると聞きます。

どんな子供であったとしても、差別することで傷付くのは子供です。この世に生まれてきたという存在自体を奇跡だと思い、愛情を注ぐべきではないでしょうか。

あなたは、姉妹差別を受けず親に可愛がられてきましたか。そうであっても、そうでなかったとしても、あなたが親になった時には、子供達には平等にそしてしっかりと愛情をもって接してほしいものです。

出産・子育て・教育の最新記事8件