ポリエステル素材は季節は関係なく着られる!着方や選び方

今着ている洋服の素材は何だかわかりますか?

洋服の素材には、ポリエステル、レーヨン、アクリル、ナイロンなど色々な素材がありますが、今回はポリエステルの素材にスポットを当てて紹介します。

洋服の素材に使われることが多いポリエステルですが、着られる季節はいつなのでしょう?

実はポリエステルはどの季節でも着ることが出来ます。
その特徴を紹介します。

通年着ることが出来るポリエステル素材ですが、生地の特徴や厚さや洋服の種類によって使い分けると良いでしょう。

生地が強い、着心地が軽い、乾きやすいなど色々なメリットがありますが、デメリットもあります。

また気になる洗濯のポイントもご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

関連記事はありませんでした

スポンサーリンク

どの季節でも着られる?ポリエステルの素材の特徴

ポリエステル素材の洋服は一年中、目にしますよね。夏の暑い時期や寒い冬でも着ることができる便利な素材です。制服や作業服、運動着などにも使われていいるので、とても馴染みのある素材ではないでしょうか。

ポリエステルは綿に似たような質感のある素材

天然素材の中でも多くの衣類に使われている綿もまた、一年中着ることができて扱いもラクな素材の1つです。ポリエステルはそんな綿に似た質感を持ち、人工的に作られた素材なので綿よりも更に扱いやすくできています。

ポリエステルは丈夫

生地には強度があり、洗濯にも強いです。また、洗濯をした後もすぐに乾くのも嬉しいですよね。速乾性がありますので、汗をよくかくスポーツウェアにも良く使われています。

ポリエステルはシワになりにくい

日常着ならアイロンは必要ありません。丈夫でしわになりにくいので、多くの制服や作業服にも使わています。

ポリエステルのような化学繊維は虫に食われる心配がないので、保管も簡単です。ポリエステルを知れば知るほど便利で扱いやすい素材とわかりますよね。

ポリエステル素材が向かない季節はある?夏や冬の時期について

ポリエステル素材は一年中着ることができますが、中には夏には向いていない、冬に着ることはは避けているという人もいますよね。耳にしたことがある人、実際にそう感じている人もいることでしょう。

ポリエステル素材は汗をかいたときに熱がこもりやすい

肌がベタベタすると感じやすいです。暑い時期のポリエステル素材は蒸れてしまい、余計に暑く感じてしまうという意見も多いようです。

ポリエステルは速乾性がありますが、吸水性が低い汗がこもりやすくなるのかもしれません。

ポリエステル素材の中には夏に向けた給水速乾のものがある

人工的に夏向けに作られた素材なので、暑い夏でも快適に着ることができます。

夏の衣類でポリエステル素材を選ぶときは、夏向けとして販売されている衣類を選ぶと良いでしょう。

ポリエステル、冬の場合

静電気が問題ではないでしょうか。ポリエステルをはじめ、化学繊維は静電気が発生しやすいという特徴があります、静電気がおきると毛玉も多くなってしまうため、決して扱いやすい素材とは言えませんよね。

ですが、ポリエステルのみの場合は静電気は起こりにくいとも言われています。

ポリエステルに他の素材が混ざることで静電気を発生しやすくなる

冬にポリエステルの衣類を着るときはウールやナイロンといった素材とのコーディネートを避けることで、静電気を防ぐことができます。

ポリエステルの素材や厚さに合わせて着る季節やタイミングを変える

ポリエステルは一年中着ることができる素材ではありますが、季節によって生地の厚みや着方を変える工夫は必要です。春や秋に1枚だけで着ているポリエステルの衣類を、寒い冬でも同じように着てしまっては寒く感じて当然です。季節を問わず使える素材ではありますが、ポリエステル素材の衣類も季節に合ったものを選ぶことが大切です。

夏の暑い時期に着る給水速乾のポリエステル素材

涼しく感じるようにできています。夏には快適ですが、冬には合いません。春や秋といった季節なら上にカーディガンなどを羽織ることで暑さ寒さを調節できますが、冬は避けた方が良いでしょう。

冬の衣類として販売されているポリエステル素材

保温性が高くできています。ポリエステルは通気性が良くないところがあるので、この特徴を活かして風を通さないことで保温性を高くなるように作られています。冬のアウターにもよく使われいます。

一年中使えるポリエステル素材ですが、着る季節によってポリエステル製の衣類の特徴に違いがあります。季節に合わせて選ぶことが大切です。

ポリエステル素材のデメリットも確認

便利なポリエステル素材ですが、他の素材と同じくデメリットもあります。デメリットの部分も知っておくことで、ポリエステルの衣類を着分けることができます。また、ポリエステルの弱い部分をおさえておくと、扱い方に気をつけてより長くポリエステル素材を着ることもできるでしょう。

ポリエステルに小さな毛玉ができていたことはありませんか。小さくてたくさんある毛玉は取り除くのも大変です。

ポリエステルの毛玉は素材の強さゆえに繊維にしっかりと絡みつき、取るのが難しい

ポリエステルはさらりとした生地ではありますが、実は静電気が発生しやすういというデメリットがあります。静電気が起きると毛玉もできやすくなりますので、毛玉ができてしまうことも多いのです。

毛玉は衣類が擦れることでもできてしまいます。アウターと擦れた 又はショルダーバッグやリュックと洋服が擦れることでも毛玉を作ってしまいます。バッグは手に持つタイプに変えるなど、ちょっとした工夫も大切です。

ポリエステルの洗濯方法をチェック

ポリエステルは丈夫な素材なので、洗濯も気軽にすることができます。洗濯方法や洗剤に特に注意する必要もなく、シワにもなりにくいので乾いたらすぐに着ることができるのも嬉しいですよね。

多くのポリエステル素材は洗濯機で洗濯をすることができますが、洗濯をする前に洗濯表示を確認しておいてください。洗濯機やたらいの絵表示がある場合は洗濯機で洗うことができます。

ポリエステル素材の中にはタライにバツがついていてクリーニングに出さなければならないものもあります。無理に自宅で洗濯をしてしまうとトラブルを起こしてしまいます。また、ポリエステル素材でも手洗いをするものもあります。タライに手があったり手洗イの文字がある場合は、洗濯機は使わないで手洗いをしてください。

洗濯の前に、色落ちも確認しておきましょう。他の衣類と一緒に洗濯をしたとき、色落ちをしてしまうと他の衣類に色が移ってしまいます。特にはっきりとした色の場合は色落ちをチェックすることをおすすめします。

色落ちの確認に仕方は簡単

ポリエステル素材の衣類の目立たない部分に洗濯洗剤の原液を少しだけつけてください。少し時間をおいてから、洗剤をつけた部分を白い布でおさえます。白い布に色が移らなければ色落ちの心配はありません。色が移った場合は色落ちをしますので、他の衣類と一緒に洗濯はしないで単独で洗ってください。

丈夫で便利なポリエステル素材も、その特徴を知っておくことで更に扱いやすくなります。大切なポリエステル素材の衣類も洗濯方法などをきをつけることで、長く楽しむことができますよ。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666