人間関係トラブルが多いのは私のせい?自分を許して楽しく過ごす

人間関係のトラブルが多い人生に思える。

そんな時、自分に原因があるのではないかと悩んでしまうことでしょう。

人間関係にトラブルはつきもの。
そして、自分と同じ価値観の人なんて居ないと思っているくらいの方が、気持をラクにすることができるかも知れません。

人間関係のトラブルの根源に『親子関係』というものがあります。
そのような心理学的観点から改善していくこともできます。

しかしながら、一番は『自分の居心地のいい場所とそうではない場所を知る』ということです。

自分を責めることはありません。
あなたは十分に頑張っています。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

目をそらす女性・右下にそらした時の意味は?視線に隠れた心理

女性と話をしているとき、右下に目をそらす行動をした場合、その視線には一体どんな心理が隠れているのでし...

可愛い彼女で羨ましい!友達の彼女を可愛いと感じる男性は多い

友達に彼女を紹介されたとき、「彼女めっちゃ可愛いじゃん!」と思った経験がある人もいますよね。友達の彼...

未読無視が1週間!再度送るのはアリ?未読無視状態の時の対処法

LINEを送った相手が未読無視の状態が1週間続くと、再度送る方が良いのかそのまま何もしない方が良いの...

断り方に困る友達からの勧誘話、相手を傷つけない上手な断り方

友達から久しぶりに電話があって喜んだのも束の間、話を進めるとそれは勧誘だったというのはよくある話。...

男友達を映画に誘うのはアリ?成功率UPの誘い方とNGな誘い方

気になる男友達を女性から映画に誘うのはアリなのでしょうか。女性の方から積極的に行動してしまうと、男友...

好きな人が彼氏持ちでもご飯に誘うポイントやアプローチ方法

好きな人に彼氏が居るのがわかったら、すぐに諦めていませんか?そんな彼氏持ちの彼女でもご飯に誘うのはア...

ラインの既読無視を友達にされたときの理由と上手な対処法とは

ラインの既読無視を友達にされたとき、どうして無視されているのかその原因が気になりますよね。で...

引き渡し・新築購入時のご近所への挨拶時期や範囲・ポイントを解説

新築住宅が完成し、引き渡しが済むと、いよいよ新居への引っ越し時期がやってきます。この時に疑問に思うの...

仲良くなる方法って?友達と仲良くなるには共通点を探すこと!

大学生活で不安になるのが、仲のいい友達が出来るかどうかです。「あの人と友達になれたらな・・・」と...

大学の人間関係に疲れた。そんなときの対処方法とは

大学の人間関係に疲れたときには、どのように接すればいいのでしょうか?友達の性格を変えることより自分が...

女友達からの好意を迷惑と思うパターンとは?押し付けはNG

女友達からの好意は迷惑?男友達を好きになってしまった場合、告白をしたほうがいいのでしょうか?それとも...

友達へのメール。返信ないのはどうして?考えられる理由とは

友達からメールの返信ないと『嫌われたのかな?』とか『怒ってるのかな?』なんて不安になるものです。...

友達の大切な人が亡くなった時にあなたがかける言葉とは

仲の良い友達の親や親戚が亡くなったと聞くと、どんな言葉をかえていいのかかえって悩んでしまいますよね。...

大学の人間関係がめんどくさいと悩むあなたへアドバイス

大学入学してすぐは友達ができるか不安になりますが、大学生活にも慣れ始めた頃、今度は人間関係がめんどく...

スポンサーリンク

人間関係のトラブルが多い!トラブルに巻き込まれる人、起こす人

職場や学校など「人間関係」は色んな所につきものです。
その問題を多く抱えている人もいると思います。

親子関係や職場での人間関係、または学校での人間関係もありますよね。
うまくこなしているように見える人もいれば、「巻き込まれてる!」という人もいます。その違いや傾向はあるのでしょうか?

人間関係のトラブルが多い人の特徴

  • 自我が強い人
  • 自分が好きな人
  • 自分が一番正しいと思っている人

というような意見がありました。自分だけではなく、周囲の人のことも省みる必要がありますね。

また、逆の意見もありました。

  • 心配性な人
  • Noとはっきり言えない人

気の強い人に流されてしまう人は、問題に巻き込まれやすいのかもしれませんね。自分をしっかり持つ必要があります。

人間関係のトラブルが多いと感じるなら、自分の思考の癖を見極めよう

人間関係のトラブルが多い人の傾向として、「自分中心の人」であったり、「気の強い人に流されてしまう」、二つの要素をみてきました。

自分が「人間関係でトラブルが続くな」と感じるのなら、一体どんなことに気をつけたらよいのでしょうか。

「自分の思考の癖を見分ける」方法。その場において、自分がどういった思考になるのかを分析して、改善していくことにより、置かれた場所で状況が解決していくと思います。

例えばですが、「私は悪いと自己否定する」思考であれば、「全て自分が悪い訳ではないけれど、反省する点はある」と思い、回りの人に自分が悪い点を謝罪していったり、「ありがとう」という言葉を発していけばよいのではないでしょうか。

自分から謝ったり、感謝の言葉を発していけば、自然と良い人間関係が生まれると思います。

人間関係のトラブルが多いのは、親子関係が良好ではないから?

人間関係のトラブルが多いのは、自分の思考の癖に原因がある、考え方を変えて、また謝罪や感謝の言葉を発して人間関係を改善していくことについてみてきました。

人間関係のトラブルが多い原因

傾向としてですが、結婚していても未婚であっても、両親の意見に左右されている人は、人間関係のトラブルに巻き込まれているようです。原因は、断固とした自分の意見を持っていないからです。

その為、どんな状況にいても、自分の意見をしっかりと持っていること、また、心に傷がある場合は、それがトラウマとなって、人間関係に支障をもたらすこともあります。

心当たりがあるのであれば、親子であっても友達であっても、相手の事を許す過程が必要になってきます。時間をかけてでも、心の傷が癒され、相手のことを許すことができると良いですね。

人間関係のトラブル。本当はあなたの問題ではなく相手の問題なのかも

人間関係でのトラブルの問題は相手?

この可能性についてもみていきたいと思います。

自分と同じ価値観や考え方を持っている人はいません。
その為、自分にぶつかってくる人のことを完璧に理解はできないし、相手のことを変えることもできません。

どうして相手が自分にひどい言葉を発したのだろう?その背景には、相手も何かギクシャクしていたり、イライラしている原因があると思います。

言われた側も、心をおおらかにして、相手の事を許してあげることも大切です。酷いことを言われたとしても、笑顔で接していれば、相手も変わってくるのではないでしょうか。

相手にも問題がある、だからこそ、より大きな心が求められるのかもしれませんね。

人間関係のトラブルに悩んだら『2:6:2』の法則で気持をラクにしよう!

人間関係のトラブルを抱えている。でも、その原因は相手にもあるのかもしれない。自分が笑顔で相手に対応することも大切なことをみてきました。

最後に、人間関係のトラブルに悩んでいる時ですが、「2:6:2」の法則で解決していくことを見ていきます。

この数字のバランスが何を表しているかというと、「あなたの意見と会う人・どちらでもない人・意見に反対する人」を示しています。

人間、色んな人がいますから、色んな意見も出てきます。そんな中で、上記の3種類に意見も分かれてくると思います。

最初から、「そんなものだ」と割り切ったら良いです。自分の意見に賛成して暮れる人もいれば、自分に意見を批判する人もいますから。

初めからそのような心構えでいれば、トラブルに出会った時も、問題なく対処できます。色んな人がいます。振り回されないことも大切です。