韓国のお店の定休日はいつ?旅行に注意が必要な日程

韓国は日本に近いこともあり、気軽に旅行ができる感覚がありますよね。またツアー料金が安いことも魅力です。しかしツアー料金が安いことには韓国のお店の定休日が関係しているかもしれません。

韓国のお正月やお盆は、日本と日にちが違ってきます。そのため韓国旅行に行ったのに、旧正月や秋夕でお店がお休みになっていることもあるのです。

どうしても行きたい場所やお店がある場合には、下調べをしてから旅行の日程を決めてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【グアム旅行】持ち物リストに明記したい子連れ旅行の必需品

子供を連れて行く旅行は、国内でも忘れ物がないか?準備に気合が入ります。ましては初の子連れ海外旅行とな...

軽自動車で遠出はきつい?高速を運転するときのポイント

軽自動車で遠出をしようと思っているけれど、大人が4人はきつい?距離はもちろんのこと、車にどのくらいの...

修学旅行でお金をいくら持たせる?高校生のお小遣い事情を調査

高校の修学旅行ともなると、持たせるお金の金額も大きくなってきますよね。日数によっても持たせる...

魚のヒレの取り方からさばき方、その後の処理方法まで徹底解説

新鮮な魚を食べたいと思っても、自分でさばくとなると敬遠してしまう人も多いでしょう。しかし、ヒ...

彼氏へ旅行のプレゼント!喜ぶサプライズやおすすめを紹介

彼氏へ旅行のプレゼントは、旅行好きの彼氏にもオススメですし、一緒に思い出を作って楽しむことができます...

男友達と旅行先で部屋が同じ場合の男の気持ちとトラブル回避術

付き合いが長かったり、趣味が同じで気が合う男友達がいる場合はよく遊んだりするでしょう。一緒に...

飛行機の離陸が怖い!飛行機が怖い人におすすめの克服術

飛行機がどうしても怖いから乗りたくない!という方いませんか?特に離陸や着陸時が怖くて乗れないとい...

スポンサーリンク

韓国のお店の定休日は?注意が必要な休日について

  • 時差がない
  • 近い
  • 物価も同じくらい
  • 同じアジア圏
  • 韓流ブーム
  • 韓国グルメ
  • 旅行費が安い
このような理由から日本では韓国旅行がとても人気です。
国内を言ったり来たりするような感覚で日本と観光を旅行で行き来する旅行者がたくさんいます。
このような人たちは韓国の特徴を知り尽くしているかもしれませんが、韓国旅行初心者にとっては下調べしておいた方が良いことがたくさんあります。

韓国旅行初心者が調べておきたいものの1つが韓国のお店の定休日です。

韓国には観光スポットやファッションやコスメ、エステのショップが豊富でそれらが目的で行く人も多いですね。
せっかく行ったのに行きたい場所やお店が定休日だと切なくなりますよね。

日本ではお盆やお正月があるように、韓国にもありますが時期は日本と異なります。
定休日になりやすいこの時期に行ってしまうと、定休日のお店が多くせっかくの韓国旅行も台無しになってしまいます。

韓国旅行に行く際は時期に気を付けましょう。

ガイドブックやネットで韓国のお店が定休日になりやすい時期がのっています。
その時期にはお店の定休日も含め、帰省ラッシュで公共機関もかなり混んでいます。
この時期の旅行は避けた方が無難と言えます。

韓国のお店が定休日となる旧正月とは

韓国には旧正月があります。
その時期は1月21~2月20日の間です。
毎年日にちが異なるので必ずチェックしましょう。
日本の感覚では特に大きい連休や行事などはありません。
その感覚韓国旅行をたまたまその日に決めてしまったという方も多いです。

旧正月にあたる時期はお店が定休日になることが多く、行きたい服屋さん、ご飯屋さんが閉まっていて、韓国旅行を楽しむことはほぼできないと行っても良いでしょう。それに帰省ラッシュとなり、交通事情は旅行者にとっては悲惨です。
道路や、公共機関の混雑そして遅れも当然です。

これは1月1~3日ほどまでお店が定休日になることが多い日本のお正月も一緒ですよね。

韓国旅行の上級者ともなれば、この旧正月をどのように過ごすのか見てみたいとあえてこの日を狙って好んで行く方もいると聞いたことがありますが、韓国旅行初心者はこの時期を避けておいた方がいいですね。

韓国のお店の定休日、秋夕にも注意をしましょう

韓国のお店が定休日になりやすいことで知られるのは日本のお正月にあたる韓国の旧正月付近です。

多くの方はこのことを認知しているでしょう。
しかし、お店が定休日になりやすい時期はまだあります。
それは秋夕です。
秋夕は日本でいうお盆のことです。
日本のお盆は毎年8月13~15日と日にちが決まっていることに対し韓国はお盆は日にちが異なります。

韓国旅行をする際は韓国のお盆の時期を要チェックして、時期をずらすことをオススメします。

秋夕、定休日になるお店の数は旧正月ほどではありませんが、やはり通常営業しているお店は普段と比べると一段と少なくなります。

しかし、お店やデパートが定休日であっても、その周辺には人が多いことがあります。
なぜなら、屋台はやっているからです。

屋台の韓国グルメの食べ歩きは韓国旅行の醍醐味の1つでもあります。
これが旅の大きな目的とする人は秋夕の時期でも楽しめるかもしれませんね。必ず下調べをした上で韓国旅行の計画を立てましょう。

旧正月や秋夕にもお店が空いているエリアもあります

韓国の旧正月やお盆にあたる秋夕はお店が定休日になり閑散している街が多いと言われます。

しかし、お店が定休日だらけで街が閑散しているというような印象がないスポットがあります。
それは韓国を訪れる旅行者のメイン観光スポットである明洞です。

観光旅行をすると多くの人が訪れる明洞は大型デパートは定休日といえど観光客目当てで営業しているお店や屋台が多くあります。
屋台の食べ歩きやお買い物、エステなどを堪能できます。

行きたい場所や目的によっては旧正月や秋夕でも観光旅行を楽しめるかもしれませんね。
しかし、その時期付近は帰省する観光の人々により交通状態がかなり混雑しています。
道路の渋滞、公共機関の遅れなども多発しますので、韓国旅行計画時にはその辺も考慮してくださいね。

旧正月などに韓国旅行をするメリット、デメリット

多くのお店が定休日となる旧正月などの時期の韓国旅行について

旧正月や秋夕などの時期に韓国旅行をするのは避けた方が良いと多くの記事で紹介されることが多いです。
確かに、韓国旅行初心者にとってはそれも一理あります。

しかし、何度も韓国を訪れ、ある程度の知識がある韓国旅行の上級者にとってはこの時期に韓国に行くこともアリなのではないでしょうか。

なぜなら、普段は見れない韓国の伝統を目にすることができます。
韓国の秋夕は日本のお盆よりも大きな伝統行事と認識され、その時だけにしか行わない儀式みたいなものもあります。

このような体験ができるのはこの時期ならではですね。
これこそが旧正月や秋夕に韓国旅行をするメリットでもあります。

逆に交通状態の混雑や遅れ、そして定休日となるお店の数により閑散している街が多いということに関してはデメリットな点ですね。

旧正月や秋夕は人によっては楽しめる時期でもあります。韓国旅行を計画する際は、自分の目的に沿って時期やエリアを定めていきましょう。