車の窓が雨の日に曇る原因を理解して、今すぐ解消しよう!

雨の日に車を運転すると、どうしてもフロントガラスが曇るので運転しにくいですよね。
そもそもなぜ雨の日は必ずといっていいほど窓が曇るのでしょうか?今すぐ曇りを解消させるためには?

実は窓が曇るのは汚れが原因だった?雨の日に車の窓が曇る原因とその対処法について詳しく解説します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車のエンジンからキュルキュル音がする原因を理解して対処しよう

車で出かけようと思った時にエンジンからキュルキュル音が聞こえると、故障したのかと不安になってしまうの...

車の修理期間はどのくらい?交通事故の場合は長引く可能性も

交通事故に遭って車を修理しなくてはならない場合、どのくらいで修理が終わるのか期間が気になります。...

車の乗り心地を良くするためのアイデアとグッズを教えます!

長時間車を運転していると、だんだん乗り心地も悪くなってしまいますよね。だからといって高級車に...

車のテレビアンテナの感度を上げる方法やポイントを紹介

車のテレビアンテナの感度が悪いときにはどんな原因が考えられるのでしょうか?停車をしていてニュースを見...

車のエンジンがかかりにくいのはなぜ?かかりにくい原因と対処法

長年乗り続けた車。ある日車を動かそうとするとどうもエンジンがかかりにくい・・・。さあ困りました。...

車が最初にキュルキュルと音がするのはどうして?原因とは

車のエンジンをかけるときに最初、キュルキュルと音がするのはどうして?キュルキュル音が続く場合...

運転をしているときにトラブルや喧嘩に巻き込まれない方法

運転中のトラブルや喧嘩に巻き込まれないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?自分は、スピード...

車のメンテナンスパックは必要?こんな人にはオススメです

車の購入時にメンテナンスパックを勧められること、ありますよね。しかし、本当に必要なのか、お得なのかが...

雪にタイヤがはまったときの脱出のコツと準備しておきたいもの

雪道にタイヤがはまったとき、初心者ならどうしたらいいのか焦ってしまいますよね。では、雪道にタ...

フロントガラスのヒビが原因不明の場合に考えられること

フロントガラスにヒビが入る原因の中で一番わかりやすいのが、走行中の飛び石によるものです。音と共に...

軽自動車で遠出はきつい?高速を運転するときのポイント

軽自動車で遠出をしようと思っているけれど、大人が4人はきつい?距離はもちろんのこと、車にどのくらいの...

車のシートのシミ取り方法!おすすめの洗剤と掃除方法

小さなお子様がいるご家庭などは、車の中も汚れてしまいますよね。シートにこぼすお菓子の欠片や、ジュ...

運転で性格が変わるのはどうして?運転中はその人の本性が出る

車の運転をしている時に性格が変わる人っていますよね。普段は優しい口調で話をするのに、車の運転をしてい...

スポンサーリンク

なぜ車の窓は雨の日になると曇るのか?実は汚れが原因だった?

雨の日になると車のガラスが曇って、前が見えにくくなります。これってどうして雨の日に起こるのか?車のガラスが曇る原因が気になりますよね。

もともと空気中には目に見えない水分が含まれています。良く耳にする湿度もこの空気中の水分を表したものです。

そして雨の日になるとこの湿度が増します。部屋干しした洗濯物が乾きにくいのは、空気中の水分の割合が大きくなるからです。

これは車の中でも同じで、空気中に抱えきれなくなった水分は、窓の結露となって現れてきます。

これは外と車内の温度差にも関係していて、その温度差をじかに感じるのが窓ガラスです。窓の外は冷えていて、中は暖かい、そんな温度差も結露、曇りを生み出す原因の一つとなります。

そして空気中の水分は窓の汚れにも付着しやすいのでご注意を!最近なんだかフロントガラスが曇りやすい!と感じたら、一度洗剤を使って拭き掃除をして窓の汚れをリセットしましょう。また洗剤残りがあるといけないので、水拭きも合わせて行ってくださいね。

突然の猛烈な雨、そんな雨の日に曇る車の窓をなんとかする方法は?

窓ガラス、特に車のフロントガラスが曇ってしまうと運転にも差し支えます。すぐに曇りを何とかしたいところですよね。

そこですぐに出来る方法として、窓ガラスを布や紙で拭いて対処をする方もいらっしゃると思います。

でも窓が曇る状況や条件が解消されていないので、根本的な解決にはならず、すぐにまたガラスが曇り始めてしまいますよね。

窓ガラスの曇りの解消にはエアコンをつけるのが効果的

A/CとかかれたボタンをONにしてください。

これで曇りが解消されるでしょう。ではなぜエアコンをつけると窓の曇りが解消されるのか?というと、車のエアコンにはお家のエアコンと同じように、湿度を下げる機能が備わっています。

湿度が下がると車の中の空気の水分量が少なくなるので、曇り止めに効果があるというわけです。

車内が暑い時だけではなく、曇りがひどい時にもエアコンを使用して、曇りの解消に役立ててください。

車のリアガラスが曇る…雨の日の曇り止めの方法とは?

エアコンのほかにも車についている設備を利用して、雨の日のガラスの曇りを軽減する事が出来ます。

それはデフロスターやデフォッガーです。ちなみに両方とも同じだと思っていませんか?
同じようにガラスの曇りを取る作用をしてくれますが、デフロスターとデフォッガーには違いがあります。

曇るガラスに役立つデフォッガー

リアガラスには横線がプリントされていて、それがデフォッガーです。
デフォッガーは電熱線ともいいます。その文字が示すとおり、熱を通すことによって曇りを取り除いてくれます。

車に備わる設備機能デフロスターとは?

これはフロントガラスやサイドミラーの曇り止めで、熱線ではなく付近から風を送り出すことで曇りを抑えてくれるというものです。

ちなみにこれらのボタンのマークはチョット分かりにくく混同しやすいかもしれません。
窓ガラスが扇形になっているのがフロントガラスのデフロスターで、四角くなっているところに矢印上の波線が入っているのがリアガラスのデフォッガーです。車種によってはREARと明記されている場合もあります。窓が曇った時には、こちらのボタンをONにして曇り解消に役立てましょう。

また除湿剤にも使用されるシリカゲルを利用している方もいらっしゃいます。

猫砂などにもシリカゲルが配合されていますので、猫砂を通気性の良い袋などに入れて曇り止めとしてリアガラス附近に置くなんて方法も!猫を飼っている方なら、お家にあるものを利用してみるのも良いですね。

車の窓の曇りを解消する方法は季節によっても違う?

最初にお話したように窓ガラスが曇ってしまう原因は、車の中の温度と外気温とに差があることも一つです。

車内と外気の温度の差を小さくする事が曇りの解消に役立つ

冬場ですと外気は乾燥していますので、車内に外気温を取り込んで湿度を下げることも有効です。しかし一度曇ってしまうと、その曇りを解消するのは外気を取り込むだけでは難しいので、エアコンのスイッチを入れて除湿も一緒に行ってください。

逆に夏場は外気は湿度が高く、外気を車内に取り込むと窓ガラスが曇る原因となります。

かといって内気循環にして、車を締め切るのは無理がありますよね。やはりこの場合もエアコンはONにするのは必衰です。

どちらもエアコンをつけるという点では同じですが、冬場と夏場で違うのは、車内に外気を取り込むかどうか、ココがポイントとなってきます。

ちなみに夏場のエアコンは外気との差が大きくなり、ガラス部分に吹き付けると逆に曇りが発生してしまいます。

急激に窓ガラスを冷やさず、車内の全体が冷えるようにエアコンの調整を行ってください。

雨の日に車の窓が曇る場合の対処法をまとめます!

色々と雨の日の窓ガラスの曇り対策についてお話してきましたが、最後にまとめておきたいと思います。

まず曇りを解消するのに有効なのがエアコンを使って、車内の湿度を下げること。エアコンは除湿効果があるので、曇り解消に効果的です。

次にデフロスターやデフォッガーを使用して、曇りを解消する方法です。デフォッガーはリアガラスの熱線の事をいい、直接ガラスを温めることによって曇りを取り除きます。

そしてデフロスターはフロントガラスやサイドミラーの曇り解消に役立ちます。こちらは熱線ではなく送風口から直接ガラスに当たるように、風を送ることで空気に含まれる水分を乾燥させて曇りを取り除くものです。

そして夏・冬といったように季節によって、外気と内気の車内の切り替えスイッチを利用してエアコンを使用する事。

またシリカゲルなどの除湿剤を利用する方法などをご紹介しました。

基本的には外気と車内の温度を一緒にする事、湿度を下げる事が対策となります。雨の日以外でしたら、窓を開けて外の空気を取り込む方法もあります。

窓ガラスの曇りがひどくなったら、無理に運転を続けずに曇りを解消する事を優先させてくださいね。そして安全なドライブを行ってください。