車が最初にキュルキュルと音がするのはどうして?原因とは

車のエンジンをかけるときに最初、キュルキュルと音がするのはどうして?

キュルキュル音が続く場合はどんなことが原因なのでしょうか?キュルキュル音がしても運転して大丈夫?キュルキュル音がするのに、エンジンがかからないときはどうしたらいい?

キュルキュル音がしたときの対処方法や修理、予防方法などを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車の修理期間はどのくらい?交通事故の場合は長引く可能性も

交通事故に遭って車を修理しなくてはならない場合、どのくらいで修理が終わるのか期間が気になります。...

運転をしているときにトラブルや喧嘩に巻き込まれない方法

運転中のトラブルや喧嘩に巻き込まれないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?自分は、スピード...

車の窓が雨の日に曇る原因を理解して、今すぐ解消しよう!

雨の日に車を運転すると、どうしてもフロントガラスが曇るので運転しにくいですよね。そもそもなぜ雨の...

車のエンジンがかかりにくいのはなぜ?かかりにくい原因と対処法

長年乗り続けた車。ある日車を動かそうとするとどうもエンジンがかかりにくい・・・。さあ困りました。...

車のテレビアンテナの感度を上げる方法やポイントを紹介

車のテレビアンテナの感度が悪いときにはどんな原因が考えられるのでしょうか?停車をしていてニュースを見...

車のメンテナンスパックは必要?こんな人にはオススメです

車の購入時にメンテナンスパックを勧められること、ありますよね。しかし、本当に必要なのか、お得なのかが...

フロントガラスのヒビが原因不明の場合に考えられること

フロントガラスにヒビが入る原因の中で一番わかりやすいのが、走行中の飛び石によるものです。音と共に...

軽自動車で遠出はきつい?高速を運転するときのポイント

軽自動車で遠出をしようと思っているけれど、大人が4人はきつい?距離はもちろんのこと、車にどのくらいの...

車のエンジンからキュルキュル音がする原因を理解して対処しよう

車で出かけようと思った時にエンジンからキュルキュル音が聞こえると、故障したのかと不安になってしまうの...

車のシートのシミ取り方法!おすすめの洗剤と掃除方法

小さなお子様がいるご家庭などは、車の中も汚れてしまいますよね。シートにこぼすお菓子の欠片や、ジュ...

雪にタイヤがはまったときの脱出のコツと準備しておきたいもの

雪道にタイヤがはまったとき、初心者ならどうしたらいいのか焦ってしまいますよね。では、雪道にタ...

運転で性格が変わるのはどうして?運転中はその人の本性が出る

車の運転をしている時に性格が変わる人っていますよね。普段は優しい口調で話をするのに、車の運転をしてい...

車の乗り心地を良くするためのアイデアとグッズを教えます!

長時間車を運転していると、だんだん乗り心地も悪くなってしまいますよね。だからといって高級車に...

スポンサーリンク

車のエンジンをかけて最初にキュルキュルと音がする原因

車に乗ってエンジンをかけたら、最初に「キュルキュル」と音がする事があります。
たいていは、音がしてもとりあえずエンジンがかかるし、車も動きますよね。
でも、運転しても大丈夫なのかと不安になります。

「キュルキュル」音で考えられる原因

車にはゴム製のベルトが使われています。
「キュルキュル」という音の原因は、このゴム製ベルトがたるんでいたり、劣化や磨耗によるものの可能性もあります。

ベルトは、エンジンの動力をエアコンや発電機などに伝える役割をしています。
車種によってベルトの数は違います。
1本のベルトで全ての系統に伝えていたり、各系統ごとに独立している場合もあります。

エンジンルームを開けると、様々な装置がありますよね。その中にゴム製のベルトも見えるのではないでしょうか?
エンジンをかけると高速で回転する様子もみることが出来ます。

新しいうちは滑車との張りもしっかりとしてスムーズに回転していますが、ベルトの劣化や磨耗などによって、滑車とベルトが上手くかみ合わなくなってくると、「キュルキュル」という音がするようになるのです。

車のエンジンをかけて最初にキュルキュルと音がするのが続くようなら

車のエンジンをかけて最初に「キュルキュル」という音がするのは、ゴム製のベルトによるものでした。

このゴム製のベルトと滑車のかみ合いが悪くなってくると音の原因となりますが、他にも原因はあります。

ゴム製ベルトに繋がっている付属機器の不具合による場合もあります。
プーリーやテンショナーが錆びてしまうと、それに触れているベルトとの間で音がします。

また、ベルトで駆動するポンプやコンプレッサーが壊れているとロックがかかってしまい、そこに繋がっているプーリーも正常に回転できなくなってしまうので、摩擦が過度に増えて音がするように鳴ります。
このケースでは、悲鳴のような強烈な音の場合があります。

摩擦が過度にかかっているので、ゴムが焼けたような臭いがする事もあります。

車が最初にキュルキュル音がするのはベルト交換が必要かも

車のエンジンをかけて最初に「キュルキュル」と音がするなら、ベルトが上手く回転できていない可能性があります。

ゴム製のベルトが劣化や磨耗したためにたるみが出ているのなら、交換が必要になるかもしれません。
また、ベルトに繋がっている機器の不具合の場合には、ベルトは過度が摩擦を受けて損傷している場合もあります。

車のベルト交換を行なうとき

事前に連絡して予約を取ることをおすすめします。
整備工場にもよりますが、突然行ってすぐに対応してもらえるとは限りません。

ベルトだけの交換の場合には、1時間程度が目安になります。
しかし、ベルトといってもいくつかあるため、場所によっても作業時間が変わります。
また、ベルトだけではなく他の部位も損傷している場合には更に時間がかかることでしょう。

また、費用については一般的には1万円前後が相場ですが、車の大きさや車種によって異なります。
ベルト以外の部位も損傷していた場合には、その分も追加されることになります。

車のエンジンをかけてキュルキュルと音がするのにかからないときは?

車のエンジンをスタートさせても、「キュルキュル」と音がするだけで、エンジンがかからないということもあります。

たいていの場合は、バッテリーの温度が下がっていることが原因です。ですから、対処法はバッテリーを温めることです。
温め方は簡単です。エンジンがかからなくても、かける動作をしてください。
普段どおりにエンジンスタートの動作を行なうと、エンジンがかかっていなくても、放電が始まるのでバッテリーが温められます。
そのまま5分ほど待ってみましょう。
エンジンが温まり、たいていの場合は問題なくエンジンがかかるようになるはずです。

しかし、5分経ってもエンジンがかからない場合は、他の原因も疑った方が良いでしょう。
原因のひとつにはバッテリーが上がっているという事が考えられます。この場合には、他の車とバッテリーをつないで始動させましょう。

他にはベルトの劣化などが考えられます。
バッテリー以外が原因の場合には、整備工場などに連絡して相談して専門家の指示を仰ぎましょう。

車のキュルキュル音を予防するには日頃のメンテナンス

車のエンジンをかけたときの「キュルキュル」という音の予防には、日頃のメンテナンスが大切です。

「キュルキュル」という音の原因には、エンジンオイルや冷却水の不足によることもあります。
これらは、補充液を購入して自分で対応することが可能です。日頃から車をメンテナンスしていたら気付けるサインなのです。

エンジンルームの中の消耗品については、交換時期を把握しておきましょう。
前回の交換からどれくらい経っているかは、点検整備記録などで確認することが出来ます。
定期的なチェックもとても大切になります。

車の「キュルキュル」という音が鳴るようになっても、車は動くかもしれません。しかし、この音は車からのSOSです。
安全なドライブの為には、見過ごしてはいけないサインです。
放置すれば修理代が高額になってしまう場合もありますから、早めの対応をおすすめします。