騒音対策は窓も必要!気になる外部からの音を消すための方法

線路や道路の近くに住んでいると、電車や車の騒音が気になることもあるのではないでしょうか。

立地のことを考えると仕方のないことかもしれませんが、窓に騒音対策をすることで音を軽減することができるのです。

今回は窓の騒音対策の方法をご紹介します。窓の交換をしなくても、簡単に防音できる方法もあります。

しかし、一番効果的は方法は「内窓」を付けることでしょう。いろいろな方法を試した後で検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

説明下手を克服したい人必見!今すぐ実践したい改善策をご紹介

説明下手を克服したい!相手をイライラさせたくない!という方は意外と多いのではないでしょうか。説明...

【洋食の基本マナー】ナプキンの使い方とテーブルマナー

ちょっとしたお呼ばれや、レストランウエディングなど、少しかしこまった場所での食事のマナーは、あまり自...

警察に自転車の乗り方を注意されたら摘発される?自転車のルール

自転車の乗り方が悪かったりルール違反をした時、警察から注意されてしまうことがあります。自転車に乗って...

ヒールの高さの平均はどのくらい?足がキレイに見える高さ

日本人に似合うヒールの高さの平均はいったいどのくらいなのでしょうか?7センチや10センチは女性の憧れ...

海外は部屋で靴を脱ぐのが常識?意外とそうでなかった事実!

海外では部屋に上がるときに靴を脱がないと思っている人も多いですよね。日本ではくつを脱いで家に上がるの...

ハロウィンの飾りを制作しよう!高齢者施設にオススメな飾り

ハロウィンは若者だけのイベントではない?最近は高齢者の施設でもハロウィンのイベントを取り入れていると...

結婚式の服装【新郎の父】は正礼装が基本!時間帯で決めよう

自分たちの衣装は決まったものの、結婚式の服装で一番最後まで決まらないのは父親ではないでしょうか。...

グリーンドレスのメイクのおすすめを紹介!失敗しないポイント

結婚式などのパーティーでグリーンのドレスを着るならメイクについても悩みます。グリーンのドレスに合...

式典・祝賀会での服装【学校】ドレスコードと服装の選び方を解説

式典や祝賀会に出席する際、どのような服装で出席すればいいか、知識がなければわからないことも多いです。...

落し物を拾ってくれた人へのお礼のお金は法律で定められています

落し物を拾ってもらった時、拾ってくれた人にお礼をしなくては!と思いますよね。「拾ってくれたらお礼のお...

スーツ姿の男性をかっこいいと感じる瞬間!女性からの採点基準

女性から見てスーツ姿の男性をかっこいいと感じる瞬間はどのような時なのでしょうか?毎日スーツを着て仕事...

大学の謝恩会に出席する際の、ドレスや髪型について知りたい

日常でドレスを着る機会は中々ありませんが、そういった服装をする場面といえば、結婚式を思い出すという人...

大学の卒業式は振袖でもいいの?振袖のメリットと袴率が高い理由

大学の卒業式に着る服装といえば袴ですが、成人式で着たお気に入りの振袖があるなら、それを着たいとも思う...

スポンサーリンク

窓の騒音対策として簡単にできることをご紹介します

周囲の環境により入ってくる騒音をシャットアウトするのに一番簡単な対策は防音シートや断熱シートを窓に貼ることです。

防音シートや断熱シートはホームセンターなどで購入することができ、窓に貼るだけなので作業自体もとても簡単です。

防音シートは防音用に作られているため防音機能に優れており、断熱シートは断熱材としての効果の方が高くはありますが、窓に貼ると吸熱効果とともに吸音効果も発揮してくれる優れものです。

見た目は梱包材に似ているものが多いですが、お部屋の景観を壊さないデザインされたシートも販売されていますので、お部屋のちょっとしたワンポイントアレンジもできますよ。

防音シート、断熱シートは水を付けるだけで貼り付けられるもの、テープタイプのものなどいろいろな種類があるのでご自宅の窓のタイプやシートの強度なども考慮しつつ、選んでみてください。

防音カーテンや遮音ボードも窓の騒音対策には効果的です

シートを貼る以外にも防音カーテンや遮音ボードを使っての防音も効果があります。

防音カーテンとは音を遮る機能を持つ金属素材と、音を吸収する性質を持つ布素材を組み合わせることで作られており、既存のカーテンレールに取り付けるだけで防音効果を得られるものです。

カーテンを交換するだけで防音効果を得られますし、防音カーテンには断熱効果や遮光効果もあるためより機能的に使えるカーテンと言えます。

防音カーテンを使うなら窓をしっかりと覆える大きさのものを選んで使うことがポイントです。

遮音ボードは布のように音を吸収することで防音するアイテムです。
壁や室外機などの音漏れ防止に使われていることの多い素材ですが、窓枠にはめ込んで使うと外部からの騒音を防ぐことができるようになります。

窓枠のサイズに合ったものを使って、はめ込むだけで使用できるので工事が必要なく、防音カーテン以上に効果を発揮してくれる防音アイテムです。

ただ遮音ボードは窓を覆ってしまうものになるため、簡単に取り外しできるものの、外すと場所を取ってしまったり、窓に合わせて切る手間がかかったりというデメリットもあります。

どれくらいの大きさの騒音を防ぎたいのかということで、使うアイテムも変化すると思いますので、アイテム同志を組み合わせて使うことなども考えながら、ご自宅に合う使い方を見つけてみてください。

騒音対策のためにDIYするという方法もあります

騒音対策をするならDIYでご自宅の窓ピッタリの簡易的な防音パネルを自作してみるのもおすすめです。

防音パネルを付けたい窓を決めたらその窓枠の大きさに応じて、遮音シートや吸音材を使ってパネルを作ります。

遮音シートを吸音材に貼り付けて、それを結露をしない加工を施されたアルミパネルなどに貼り付けます。

少し分厚いパネルができると思います。
そのパネルに取っ手を付けて取り外せるようにしたらあっという間に完成です。

パネルはデコレーションを施してインテリアのようにしてもいいですし、サッとしまえるように取っ手がおり込めるような仕組みを作ったりしても面白いかもしれません。

木材なども使ってインテリアに合うように組み合わせたりすると、お部屋に馴染んでより使いやすく快適に過ごせますね。

窓を防音ガラスに変えた場合の効果について

ちょっと手を加えるだけでできる防音について紹介してきましたが、それでも気になるという場合は窓を替え改善を図るほかありません。

窓を替えるには工事が必要になりますが、防音ガラスの窓を使うことで今までより断然、静かに快適に暮らせるようになります。

防音ガラスは一枚で、普通の窓ガラスよりも防音性があり工事といっても窓を交換するだけなので施工する場所を選びません。

ガラスも一枚だけのままなので、二重窓よりは開閉が楽です。
静かな環境にするためにはこうした工事も必要かもしれませんね。

防音性は二重窓よりは劣りますが、二重窓にするよりも安価で設置できる手軽さもあって今聞こえている騒音がもう少し小さかったなら、とお悩みの方にはおすすめです。

窓の騒音対策に一番効果的な方法は「内窓」を取り付けることです

防音ガラスについて書いた項目でも紹介した二重窓。
つまり内窓を付けるほうが防音には圧倒的に効果があります。

内窓を付けることで外側の窓と内側の窓の間に中間空気層と呼ばれる空気の層ができます。
その空気の層は音を反復させます。
反復した音は中間空気層の中を反射していくため、内窓を通過するときには音が小さくなります。

防音をするには外窓と内窓の間の空気の層が重要となるのです。

これを作り出してあげることが音を全く気にせず暮らしていくには一番効果的な方法でしょう。

内窓を取り付けることは防音性を上げるだけでなく、気密性が上がるので断熱効果も期待できます。

もし本当に騒音が気になりすぎているのなら、二重窓にする工事を依頼して一刻も早く静かな暮らしができる環境を整えていくべきでしょうね。