14万の手取りで一人暮らしはできる?1人暮らしの節約方法

一人暮らしで手取りが14万円、同じ金額をでも貯金ができる人、できない人がいます。

その差はいったいどんなところなのでしょうか?貯金ができない、生活が厳しいという人は無意識のうちにお金を使ってしまっているのかもしれません。

ではお金を使うときにはどんなことを意識したらいいのでしょう?手取り14万円の節約方法、貯金の仕方などを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スイスの年収が高い理由とは?物価も高いから生活は大変です

世界の平均年収を比較すると、ダントツでトップにくるのが「スイス」。その金額は日本の2倍以上にもなって...

車を買うお金がなくてもローンで購入はできるがよく考えよう

「住宅ローンがあって車を買うお金がない」という話はよく聞きます。結論からいえば、お金がなくても車...

修学旅行でお金をいくら持たせる?高校生のお小遣い事情を調査

高校の修学旅行ともなると、持たせるお金の金額も大きくなってきますよね。日数によっても持たせる...

大学の入学金の支払い時期や納入金の準備のためのポイント

大学の入学金の支払い時期は大学や推薦入試かどうかによっても時期が変わってくることがあります。大学に合...

ダイヤモンドの価値はカラットで決まるの?カラットの豆知識

ダイヤモンドの価値を決める一つに「カラット」があります。カラットは単純に大きさだと思ってしまいま...

車の修理代が知りたい。バンパーの修理にかかる費用の相場

前の車にぶつかってしまった、駐車で構築物にぶつかってしまったなどの場合に傷が付いてしまうのがバンパー...

20代の貯金額は100万だと少ない?お金を貯めるポイント

20代では貯金がどのくらい持っていると平均額になるのでしょうか?貯金が100万は少ない?それとも平均...

落し物を拾ってくれた人へのお礼のお金は法律で定められています

落し物を拾ってもらった時、拾ってくれた人にお礼をしなくては!と思いますよね。「拾ってくれたらお礼のお...

旦那のことが許せない!お金の使い込みが発覚!信用できない時は

旦那のことが許せない!黙って貯金を使い込んでたり、勝手にカードローンを組んでいたり、あるある...

夫の給料を管理するのは妻か夫か大調査!結果やその理由とは

夫の給料の管理は奥さんがしていますか?それとも夫がしていますか?まずは、世の中の家庭はどちら...

スポンサーリンク

14万の手取りで一人暮らしをするのはキツイ?

きっとあなたは新社会人で1人暮らしにもまだ慣れていないのでしょう。
ここでは14万円で生活する1人暮らしの仕方を紹介していきます。

住む地域、場所によって家賃は変動があるのでなんともいえないところですが、給料が14万だったら、住む場所や家賃を当然考慮してアパート探しをするはずです。
家賃を可能な限りさげて探すでしょう。
生活は厳しいかもしれませんが14万円での1人暮らしは可能ではあると思います。

ただし、その厳しい中で貯金でできるかどうか、貯金も出来ず生活が厳しいか、貯金はできないけどまぁまぁ生活できるかは、全てあなた次第なのではないでしょうか。

家賃は5万弱までおさえて物件探しをオススメします。
それ以上あげてしまうと、あなたの生活が苦しくなるだけですね。
月々の固定費も細かく計算してどれだけお金がかかるのか把握しておきましょう。

また、急な出費というものはいつどこでかかるかわかりません。
14万円ですと、なかなか急な出費に回すのは難しいでしょう。
あらかじめ、ある程度に急な出費に対応できる貯金を用意して1人暮らしをする必要があります。

手取り14万の一人暮らしはどんな事に気をつければいい?

周りから見てケチと思われるかもしれませんが、全て自分の生活にかかってきます。
お金のルールを自分で決めましょう。

欲しいもの、必要なものを、紙にリストアップしていきます。
そして、毎月の娯楽はいくらか決めて、それ以上お金がかかりそうであれば断る勇気も必要です。
断ったからといって友達がなくなるわけではありません。
それで離れていってしまえばそこまでの仲と割り切りましょう。

大まかに食費、光熱費、娯楽費、などはすぐに思いつくかもしえませんが、生活をしていてけっこうかかるのが洗剤類、トイレットペーパー、などの日用品です。
洗剤の無駄使い、トイレットペーパーを必要以上な使用などしていませんか。
容器の最後までちゃんと使用していますか。
そこを気をつけるだけでも、あと1~2回分洗濯機が回せるかもしれません。

そんな細かなところにも気を使っていくといいですね。

14万の手取りで一人暮らしだと貯金は難しい?

お給料手取り14万でも貯金は不可能なことはありません。
あなたのお金の管理次第では貯金もできると思います。

給料から毎月いくら貯金するか、金額を決めましょう。
あくまでも自分の給料、生活に見合った金額にしましょうね。
そこを無理な金額にしてしまうと生活していくのが大変になりストレスになってしまいます。
手取りで14万円ほどですと毎月の貯金は、5000円~1万円程度貯金でも十分でしょう。

給料をもらったら、まず貯金します。
貯金も毎月の固定出費だと思ってしまえばいいかもしれません。
自信がない人は銀行で積み立ての手続きをして、お給料からの転引きにしましょう。

貯金をしたら、次に毎月に生活費(固定出費)を支払い、残りの金額で計算しながら生活をしていきます。

このように、貯金も毎月の出費もしくは自動引き落としで積み立てをすれば、貯金分を使ってしまうことは避けられるでしょう。

14万の手取りでも今後の為に貯金がしたい!何を節約したらいいか考えよう

毎月の生活で主に何にお金を使っていますか。
また無駄な出費、抑えられる出費はありませんか。

あなたが生活を見直しましょう。

  • 外食を含めた食費
    外食を辞め自炊を心がけましょう。
  • 水のだしっぱなし電気のつけっぱなしによる光熱費
    節水節電するだけでも光熱費がグンっと下がります。
  • オシャレ
    必要以上にオシャレにお金をかけていませんか。
    自分の生活にあった身なりで十分です。
    見栄を張れば張るだけあなたが辛くなります。
    オシャレが好きであれば、オシャレを目標にして収入面につながるように仕事に精進しましょう。
  • 娯楽費
    お友達とのお付き合い、趣味などは悪い事ではありませんがほどほどに。
  • 衝動買い
    これが欲しいという直球で物を買って結局使わず家で眠っているものはありませんか。
    衝動買いは避けましょう。
  • ジム通い
    お金に余裕ができるまではお家でできる筋トレをして節約しましょう。
  • CD、本
    中古品でもたくさんありますよ。

など、たくさん思い当たることがあれば、その点を意識するだけでも出費は減ります。

手取り14万の場合は転職を考えたほうがいい?

あなたはまだ10代ですので、転職はいくらでも可能です。
ハローワークの求人ですと、手取り14万以上の仕事はたくさんありますし、学歴が大卒または専門技術を持っているとなれば、仕事の幅も広がります。

あなたが今の職が好き、なにか理由があって就いた職とかではなく、ただなんとなく決めた就職先がそこであるならば、転職の道を選んでもいいでしょう。

新たな就職先決めるときは、目先の収入や年収だけではなく、将来のことも踏まえ視野を広く持って考え就職先を決めましょう。

給料は高めに定められているが、昇格制度がない場合もあります。
将来あなたが結婚し家庭を持つことなど長い目でみると、昇格制度があったほうが安心ではありませんか。

わからない点などはハローワークなどのスタッフに必ず相談してみましょうね。
せっかくの転職の機会ですから後悔なく転職先を決めたいものですね。