車の修理代が知りたい。バンパーの修理にかかる費用の相場

前の車にぶつかってしまった、駐車で構築物にぶつかってしまったなどの場合に傷が付いてしまうのがバンパー部分ですね。

走行速度によって傷の大きさや損傷具合は変わってきますが、車のバンパーの修理代はいくらくらいかかるのでしょう。

バンパーの修理代は高いと聞きますが、修理にかかる目安を紹介します。

やはり修理する部分が狭い範囲よりも、広い範囲のほうが修理代がかかります。

またフロントバンパー、リアバンパーの修理代についても確認しておきましょう。
修理するバンパーが変形している場合は更に高額になってしまうこともあります。

修理代は安く済ませたいと思いますね。ディーラーと修理工場の場合の修理代も紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

落し物を拾ってくれた人へのお礼のお金は法律で定められています

落し物を拾ってもらった時、拾ってくれた人にお礼をしなくては!と思いますよね。「拾ってくれたらお礼のお...

夫の給料を管理するのは妻か夫か大調査!結果やその理由とは

夫の給料の管理は奥さんがしていますか?それとも夫がしていますか?まずは、世の中の家庭はどちら...

車を買うお金がなくてもローンで購入はできるがよく考えよう

「住宅ローンがあって車を買うお金がない」という話はよく聞きます。結論からいえば、お金がなくても車...

ダイヤモンドの価値はカラットで決まるの?カラットの豆知識

ダイヤモンドの価値を決める一つに「カラット」があります。カラットは単純に大きさだと思ってしまいま...

大学の入学金の支払い時期や納入金の準備のためのポイント

大学の入学金の支払い時期は大学や推薦入試かどうかによっても時期が変わってくることがあります。大学に合...

スイスの年収が高い理由とは?物価も高いから生活は大変です

世界の平均年収を比較すると、ダントツでトップにくるのが「スイス」。その金額は日本の2倍以上にもなって...

旦那のことが許せない!お金の使い込みが発覚!信用できない時は

旦那のことが許せない!黙って貯金を使い込んでたり、勝手にカードローンを組んでいたり、あるある...

14万の手取りで一人暮らしはできる?1人暮らしの節約方法

一人暮らしで手取りが14万円、同じ金額をでも貯金ができる人、できない人がいます。その差はいっ...

20代の貯金額は100万だと少ない?お金を貯めるポイント

20代では貯金がどのくらい持っていると平均額になるのでしょうか?貯金が100万は少ない?それとも平均...

修学旅行でお金をいくら持たせる?高校生のお小遣い事情を調査

高校の修学旅行ともなると、持たせるお金の金額も大きくなってきますよね。日数によっても持たせる...

スポンサーリンク

車のバンパーの修理代は範囲によっても違う

単独事故を起こしてしまい車のバンパーが損傷してしまった。
このような場合には、衝突した構築物も気になりますが、やっぱりバンパーの「修理代」も気になるところですよね。

バンパーの修理代は基本的に「修理範囲」によって変わってきます。

  • 狭い範囲
    直径10cm程度の小さいヘコミやキズなど修理範囲が狭いような場合には、1万円程度の修理代となります。
  • 部分的な範囲
    側面等にヘコミやキズがついてしまったような場合には、部分的な板金と塗装で修理をすることになり修理代は3~4万円程度となります。
  • 広い範囲
    側面から中央部分にかけてキズがついているような場合には、全面を塗装し直すことになり修理代は4~5万円程度となります。
    また、中央部分までキズがついていない場合でも、塗装によってできる境目が気になるという場合には全面を塗装し直すこともでき、この場合にも4~5万円程度の修理代が必要となります。
  • 折れる等で交換が必要な場合
    修理不可で交換が必要になった場合には6~20万円程度の交換費用がかかります。
    また、交換費用はバンパーの種類によっても差が出てしまうため、交換が必要になった場合には予め確認しておく必要があります。

車のフロントバンパー、リアバンパーの修理代

ひとつにバンパーと言っても、バンパーには「フロントバンパー」と「リアバンパー」がありますよね。

それぞれで修理代は異なりますが、フロントバンパーは前述したように修理範囲によって修理代は異なります。
目安としては「1~5万円程度」で交換となればもっと高額な修理代が掛かってしまいます。
一方で、リアバンパーの修理代は、フロントバンパーよりも高い傾向にあります。
こちらも損傷具合によって変わってきますが、目安としては「5~7万円程度」の修理代が掛かります。
また、交換が必要になるような場合には5~8万円程度の交換費用が掛かり、軽自動車だと~5万円程度で少し安くなるようです。

一方で、バンパーの修理代は「内部の状態」も大きく関係します。
バンパーを取り付ける部分の変形等で内部が損傷してしまっている場合には、更に5~10万円程度の高額な修理代となってしまうため、注意が必要です。

車のバンパーのライトの修理代も確認

事故の状況によってはバンパーのライトが損傷してしまう場合もあると思います。
もしも、バンパーのライトも損傷してしまっているという場合には、合わせて確認しておきましょう。

車のバンパーのライトの修理代と修理日数

  • 修理代
    バンパーのライトの修理が必要になる場合は高額となる場合が殆どで、10万円程度の修理代が必要になることも少なくありません。
    もちろん損傷具合によっても差はありますが、基本的には高くなるということを覚えておきましょう。
  • 修理日数
    ライトの修理日数の目安は1週間程度でこの修理日数は中古品か新品かで変わります。
    特に新車の場合には、パーツを取り寄せするのに時間を要してしまい、修理日数が長くなる場合があります。

車の状況にあわせた修理の対応を紹介

バンパーの修理は損傷の状態によっても内容が変わります。

  • 色落ち
    バンパーの色落ちや色あせが気になる場合には、部分塗装や全塗装、色調整などの修理となります。
  • キズ
    擦り傷などのキズがついている場合には、修理または塗装で修理を行います。
    キズの状態にもよりますが、場合によっては塗装で修理ができる場合もあるようです。
  • ヒビ
    ヒビや割れがある場合には、専用のものを使って補修するか交換することになります。
    こちらも同様に損傷の状態が軽い場合には、補修で済むことになるでしょう。
  • ヘコミや変形
    このような場合には損傷の状態を見て修理をすることになります。
    ひどくへこんでいたり変形しているような場合には、バンパー丸ごとの交換が必要になる場合もあります。

バンパーの修理は損傷したからといって全てが交換が必要となるわけではありません。
損傷の状態によっては部分的な修理で済む場合もありますので、まずは整備工場に持ち込み、状態を確認してもらうようにしましょう。

ディーラー?修理工場?車の修理代で安いのは

バンパーを修理するとなると修理工場やディーラーに持ち込むと思いますが、なるべくであれば安く済ませたいですよね。

「ディーラー」と「修理工場」、どちらもメリットは多くありますが、安く済ませたい!ということだけに重点をおくのであれば、「修理工場」がオススメです。
安く済ませるのには修理工場がオススメな理由、それはディーラーと修理工場の修理の内容の違いにあります。

  • ディーラー
    ディーラーでの修理は基本的に「新品部品との交換」となります。
    板金や塗装ではなく新品部品との交換になってしまう理由は、板金や塗装が出来るスタッフがいない場合があるからです。
    そのため、修理は基本的に「交換」となってしまうため、修理代は修理工場よりも数万円程度高くなる傾向にあります。
  • 修理工場
    一方で、修理工場には板金や塗装等の車の修理に関しての専門的な知識を持ったスタッフが多く在籍しているため、車の所有者は様々な修理方法から自分の希望の修理方法を選ぶことができます。
    「ごまかす程度でキレイに元通りにはならなくても良い」こんな要望にも対応してもらえる場合があり、結果修理代は安くおさえることができます。
    また、もしも交換が必要になった場合でも、修理工場では中古品を取り寄せて貰える場合もあり部品代を安く済ませることができます。

ディーラーと修理工場のどちらで修理をするのかは、自分の状況に合わせて選ぶことが大切です。
車を大切に思っていてこれからも長く乗り続けたいのであればほぼ元通りに修理することができるディーラーでの修理がオススメですし、とにかく修理を安く済ませたいのであれば修理工場での修理がオススメです。
バンパーの修理代は決して安い金額ではありませんので、よく考えて選ぶようにして下さいね。