カメラの値段が安い時期を理解して、高額な一眼レフを購入しよう

写真を撮ることが好きな人は、思い切ってコンパクトデジタルカメラから一眼レフにしたいと思うこともあるでしょう。

しかし、ネックになるのは値段。高性能のものだと数十万円もします。そのため少しでも安い時期に買いたいと考えるのではないでしょうか。

そこで今回は、カメラの安い時期についてご紹介します。一眼レフを買うなら、安い時期を狙いましょう。

また、新機種が販売されると旧モデルのカメラが安くなりますが、新機種のものの方が自分に合っていると思ったらそれを購入してもよいでしょう。たとえ値段が高くても、後悔しない買い物をするようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

笑顔で写真に写るコツをご紹介!笑顔にも筋トレとイメトレ必要です

 笑顔で写真に写るコツをご紹介いたします! 口角がキュッと上がった自然で素敵な笑顔を作るには、『...

ノートの使い道!女子のための毎日が楽しくなるノートの使い方

大人になるとノートに字を書くという機会もなかなかありませんが、実は文字に書き出すのは頭の中で考えてい...

フォトプロップスの素材や作り方!結婚式で使えるアイテム

フォトプロップスって知っていますか?写真を取るときのアイテムとして人気のフォトフロップス、結婚式で使...

血糊の作り方は片栗粉があれば簡単!ハロウィンを楽しもう

血糊の作り方は片栗粉があれば自宅でも簡単に作ることができます。自分で血糊を作ることができれば、ハ...

本のさまざまなジャンルの中で、小説にはどんなものがあるのか

本を読むのが好きな人なら、その中のジャンルでも小説は外せないですよね。「小説」とひとことで言って...

老後の趣味に楽器演奏がおすすめな理由!シニア世代こそ趣味を

定年を迎え、自由な老後には趣味を楽しむ人も多いですよね。しかし、今まで仕事に忙しく、特に趣味がな...

彼女がオタクを隠す理由やその魅力と上手に付き合う方法とは

彼女はオタクなのを隠すことで、あなたと付き合っているかもしれませんね。では、どうして彼女がオ...

宝石の石言葉と怖い伝説!パワーストーンとしての効果と石の意味

花には花言葉がありますが、宝石には「石言葉」というものがあります。その宝石によって石言葉は違い、色々...

スポンサーリンク

カメラの安い時期を理解して、一眼レフを購入するようにしましょう

カメラといえば一般的にはコンパクトなデジタルカメラが主流ですが、スマートフォンの普及に伴って、カメラ自体を持ち歩く人も少なくなりました。それでもやはり、旅行が好きな人やお子さんの誕生などに伴って、本格的に一眼レフのカメラを購入したいと考える人も少なくありません。

とは言え、コンパクトなデジタルカメラと比べると、やはりネックとなるのが一眼レフカメラの値段です。性能によって値段にも幅があるとは言え、どうしてもコンパクトタイプのデジタルカメラと比べると、お値段は高くなってしまうものです。

同じカメラを買うのなら、どうせならなるべく安い時期に買いたいですよね。他の商品と同じように、一眼レフカメラにも安い時期が存在しますので、そのタイミングを逃さないことが重要です。

一眼レフカメラが一番高い時期は発売当初

そこから徐々に値段が下がり、だいたい発売から3ヶ月くらいで一旦値段が下げ止まりしますので、そのタイミングが狙い目です。その時期をすぎるとさらに値段が少しずつ下がりますが、新製品を早めに試してみたいのであれば、やはり発売から3ヶ月位経った頃がオススメです。

一眼レフカメラの旧モデルの安い時期を狙って買う方法もあります

一眼レフカメラに限らず車や一般家電なども、新しいモデルが発売される前後に旧モデルが安くなることが多いものです。ただでさえ値段が高い一眼レフカメラをなるべく安い時期に買うためには、この新モデルの発売時期を逃す手はありませんよね。

どの店舗でも新機種を大々的に販売したいのは言うまでもありませんが、そのことによって旧モデルの在庫を抱えることになるのを避けるために、在庫整理の意味合いから、旧モデルをさらに安く販売する傾向があります。

とくにカメラを数多く取り扱う大型店のように、旧モデルの在庫を大量に抱えた店舗などでは、新機種の発売に合わせて、従来よりもさらに値引きして旧モデルを売り尽くすケースもあるため、交渉次第ではさらに大幅な値引きを狙えることもあります。

安い時期を狙っているうちに、お目当ての製品がなくなってしまう可能性もありますし、やはり普段から値段の動向を気にしつつ、タイミングを見極めて購入するのが一番でしょう。

カメラのキャンペーンをしている時も安い時期です

各メーカーでは、自社のカメラの購入者を対象にした、キャッシュバックキャンペーンを行っている時期があります。メーカーごとにキャッシュバックキャンペーンの実施時期は異なりますが、どのメーカーもほとんどの場合は、対象のカメラを購入して、名前や住所といった簡単な個人情報を登録するだけで、キャッシュバックの対象となります。

カメラ本体の値段にもよりますが、平均するとだいたい1万円くらいから、高額な上位機種ともなると、5万円以上も戻ってくることがありますので、これも広い意味では一眼レフカメラが安い時期だと言えるでしょう。

一眼レフカメラのキャッシュバックキャンペーン

だいたい新製品の発売日から半年ほど経過した時期に行われることが多いようです。

キャンペーンに応募する条件にあてはまる場合は、忘れずに手続きを行うことをオススメします。

ただし、家電量販店などではキャンペーンの案内自体がされないこともありますので、一眼レフカメラの購入を検討する際には、各メーカーのキャッシュバックキャンペーン実施時期を確認してみるのも、カメラを安い時期に買うひとつのコツです。

初心者のための一眼レフカメラの選び方

一眼レフカメラを初めて購入する初心者の方向けの、カメラの選び方をご紹介します。

一眼レフカメラは、安いものであれば3万円台からでも購入することが可能ですが、機能やレンズにこだわって選ぶと、あっという間に10万円は軽く超えてしまいます。さまざまな選択肢がある中では、どこに重点を置いて選ぶのかがポイントになります。

カメラはメーカーを絞って選ぶ

各メーカーごとにカメラにもそれぞれ特色があり、このメーカーのカメラは人物の撮影に向いている、また別のメーカー製品は旅行先などでの風景写真に強い、などと言うように、色の出方などが若干異なるものです。まずは自分が主にどんなものを撮りたいのかによって、カメラメーカーを選ぶのもオススメです。

カメラは予算に合わせて選ぶ

どのメーカーのカメラにするかよりも、まずは大体の予算を決めてからカメラ選びをするという方法もあります。カメラ本体の値段だけでなく、三脚やカメラケース、ストラップといった、カメラに付随した備品の費用も含めると、当初の予算を大幅に超えてしまう場合も少なくないので、そちらも合わせて確認しておきましょう。

一眼レフのレンズキットを購入する

一眼レフカメラとレンズをバラバラに購入するよりも、カメラ本体と標準レンズがセットになったレンズキットを選ぶとお得です。

少しでも安く一眼レフを買うためには下調べをしっかりと

欲しい一眼レフカメラを少しでも安く手に入れるためには、念入りに下調べをすることが重要となります。近隣の家電量販店での購入を検討されている場合には、1つの販売店だけではなく、周りのいくつかのお店と比べてみて、実際に店員さんにも話を聞いてみましょう。

各店の販売価格を比較するだけでなく、店頭価格からさらに値引きが可能かどうかや、事前にインターネットで調べた市場価格を引き合いにして、値引き交渉をしてみるという方法もあります。「他店よりも安くします!」と謳っている量販店であれば、他店の見積書を持参することで、さらに安く買える可能性があります。

一眼レフカメラの安い時期を見極めて、賢くお得に手に入れる参考にしていただけると嬉しいです。