本のさまざまなジャンルの中で、小説にはどんなものがあるのか

本を読むのが好きな人なら、その中のジャンルでも小説は外せないですよね。
「小説」とひとことで言っても、細かく分類すると多岐に渡ります。
そんな小説にはどれだけのジャンルがあるのかをご紹介します。
今まで触れていなかったジャンルに挑戦するのでも良いですし、自分の好きなジャンルをさらに深く読むのも良いでしょう。
そういった事で新たな世界を広げる手助けになればと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

宝石の石言葉と怖い伝説!パワーストーンとしての効果と石の意味

花には花言葉がありますが、宝石には「石言葉」というものがあります。その宝石によって石言葉は違い、色々...

血糊の作り方は片栗粉があれば簡単!ハロウィンを楽しもう

血糊の作り方は片栗粉があれば自宅でも簡単に作ることができます。自分で血糊を作ることができれば、ハ...

フォトプロップスの素材や作り方!結婚式で使えるアイテム

フォトプロップスって知っていますか?写真を取るときのアイテムとして人気のフォトフロップス、結婚式で使...

笑顔で写真に写るコツをご紹介!笑顔にも筋トレとイメトレ必要です

 笑顔で写真に写るコツをご紹介いたします! 口角がキュッと上がった自然で素敵な笑顔を作るには、『...

老後の趣味に楽器演奏がおすすめな理由!シニア世代こそ趣味を

定年を迎え、自由な老後には趣味を楽しむ人も多いですよね。しかし、今まで仕事に忙しく、特に趣味がな...

ノートの使い道!女子のための毎日が楽しくなるノートの使い方

大人になるとノートに字を書くという機会もなかなかありませんが、実は文字に書き出すのは頭の中で考えてい...

カメラの値段が安い時期を理解して、高額な一眼レフを購入しよう

写真を撮ることが好きな人は、思い切ってコンパクトデジタルカメラから一眼レフにしたいと思うこともあるで...

彼女がオタクを隠す理由やその魅力と上手に付き合う方法とは

彼女はオタクなのを隠すことで、あなたと付き合っているかもしれませんね。では、どうして彼女がオ...

スポンサーリンク

初めて本を読むなら、こんなジャンルの小説はいかがでしょうか

小学生、中学生になると、自分の好きな分野が自分でも実感出来る年頃ですよね。本や小説にも興味を持ち始め、様々な本を目の前に「どの本を読んだら良いのかな?」なんて疑問に思い始める年頃でもあると思います。

あなたが小学生位の歳であるのなら、児童小説、ファンタジー小説、推理小説など、想像力を膨らませる事が出来るジャンルの小説を読むことをお勧めします。

どうして、上記の様なジャンルの小説を読む事をお勧めするかと言うと、まず、あなたの様な年齢向けに書かれていて、小説を読む時に面白さを実感出来るからです。

探偵物は、大人になってからも人気があるジャンルになります。それが例え「マンガ」という形であっても、子供でも大人でも楽しむ事が出来ます。自分の想像力を利用して、より作品を楽しむ事が出来る小説、面白みを経験出来る小説から読み始めてみる事で、より小説を好きになる事が出来ますよ。海外の作品も日本の作品にない楽しみがあるので、選択肢も増えて来ますよね。

もっと深く本の世界に入るなら、こんなジャンルの小説はいかがでしょうか

もっと難易度の高いジャンルの小説を知りたいのであれば、大人になってからも本から得た知識が役立つ様な、経済小説、政治小説、歴史小説、時代小説など、経済や政治に絡んだ小説を読むことをお勧めします。

小学校や中学校の年齢で、既に政治や経済に興味があるなんて、立派だと思います。大人でさえ、気分転換でマンガなどのコミックを読んだりしますから、あなたの様な若い時期に、政治や経済の関する小説に興味があって、実際に読んでいる、そして読んでいる事に対して、意見があるなんて言われたら、大人も顔負けが状態だと思います。

ファンタジーの世界には飽きた、もっと高度な物を読みたいと思うなら、日本でも一昔前の時代を背景にしている政治小説など、読み物は読み物であっても、将来役立つ知識が付く物を読むことをお勧めします。将来、選挙への投票権も与えられる事になりますから、その様な分野に興味を持ち出す事も、決して悪い選択ではありません。

本好きがジャンル分けをするなら、小説はこの2つに分かれます

あなたが好きな小説ですが、ジャンルに分けるとしたら、二つのジャンル、純文学と大衆文学に分ける事が出来ます。

純文学と大衆文学

小説ですが、なんだか難しそうな上記の二つのジャンルにわける事になります。具体的にこの二つ、何か違うかというと、純文学は作者が書いている時代の社会的な問題などによる心のもがきなどを、正直に文字に表している物になります。そういった心情などを上手く文字に表す、文章能力が必要になるジャンルになります。

一方で、大衆文学は小説を読んでいて面白い、読みてが楽しく感じる、面白く感じるという様な、「楽しさ」に重点を置いている作品になります。話題性になるのなら、やっぱり読んでいて笑えた、楽しめたという作品だと思います。

本を選ぶ時、ジャンルを小説の長さによって分けることもあります

本や小説について調べ出すと、面白い事実を見つける事も出来ます。本や小説が好きなあなたであれば、きっと本屋さんや図書館に何度か既に足を運んでいますよね?

どこに行っても、色んな種類の小説を見つける事が出来ます。厚さも様々だと思いますが。小説ですが、ジャンルによって、長さによって分けられている事もあります。

長編小説

文字数も、長い物だと250000と長い物。この種のジャンルの小説は、長編小説と呼ばれいます。

一冊で終わる、長編小説より短いサイズは「中編小説」になる

一冊でストーリーが終わっている事もあり、大体の場合、私達はこの中編小説を読んで居ることが多いと思います。あなたも一冊で完結する小説が良いと感じているなら、この位の長さの小説をお勧めします。

「短編」はとにかく話が短い

それより話が短い物がこの種類になります。

「連載小説」は新聞などに掲載されていた物

その他、連載小説と呼ばれる物もあります。新聞などに掲載されて、人気が高いと、連載小説として発売されます。

ライトノベルも人気ジャンルのひとつです

ライトノベルというジャンルを知っていますか?この手のジャンルも、人気がある小説のジャンルとして注目を受けています。

若い人向けに書かれており、値段もお手頃

どんなジャンルの小説かというと、あなたの世代様に書かれていて、お金も割と安いので、買うのもより簡単なジャンルの小説になります。

書いている側も、あなたの様な、小学生や中学生を意識して書いています。その為、より読みやすいジャンルの小説だと思います。他の小説に比べて、マンガなど、やはり若い世代を意識して書かれた小説になります。

あなたの世代を意識した作品になります。一度読んでみるのも良い手かも。

本のジャンルについて上記で説明してきました。小説と言っても、様々なジャンルがありますよね。特に、ライトノベルという分野もあなたの年代を中心にして描かれています。政治や経済に関連した本を早い内から読む事も良い教育になります。それでも、少し難しすぎるなと感じたら、いつでもライトノベルやファンタジーなど、面白い小説に戻ってきて下さいね。また、小説を楽しむ事が出来ます。