宝石の石言葉と怖い伝説!パワーストーンとしての効果と石の意味

花には花言葉がありますが、宝石には「石言葉」というものがあります。その宝石によって石言葉は違い、色々なパワーがあると考えられています。

そして、宝石の中には怖い伝説や言い伝えがあるものもあり、美しい姿や石言葉とは裏腹に、少しダークな歴史を持つものもあるのです。

ここでは、人気の高い宝石の石言葉や伝説・石の持つ効果についてお伝えします。石の意味や効果を知って、自分にぴったりな宝石を見つけましょう。

美しい宝石に込められた意味を知ることで、宝石選びが楽しくなりますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

笑顔で写真に写るコツをご紹介!笑顔にも筋トレとイメトレ必要です

 笑顔で写真に写るコツをご紹介いたします! 口角がキュッと上がった自然で素敵な笑顔を作るには、『...

老後の趣味に楽器演奏がおすすめな理由!シニア世代こそ趣味を

定年を迎え、自由な老後には趣味を楽しむ人も多いですよね。しかし、今まで仕事に忙しく、特に趣味がな...

フォトプロップスの素材や作り方!結婚式で使えるアイテム

フォトプロップスって知っていますか?写真を取るときのアイテムとして人気のフォトフロップス、結婚式で使...

カメラの値段が安い時期を理解して、高額な一眼レフを購入しよう

写真を撮ることが好きな人は、思い切ってコンパクトデジタルカメラから一眼レフにしたいと思うこともあるで...

本のさまざまなジャンルの中で、小説にはどんなものがあるのか

本を読むのが好きな人なら、その中のジャンルでも小説は外せないですよね。「小説」とひとことで言って...

ノートの使い道!女子のための毎日が楽しくなるノートの使い方

大人になるとノートに字を書くという機会もなかなかありませんが、実は文字に書き出すのは頭の中で考えてい...

血糊の作り方は片栗粉があれば簡単!ハロウィンを楽しもう

血糊の作り方は片栗粉があれば自宅でも簡単に作ることができます。自分で血糊を作ることができれば、ハ...

彼女がオタクを隠す理由やその魅力と上手に付き合う方法とは

彼女はオタクなのを隠すことで、あなたと付き合っているかもしれませんね。では、どうして彼女がオ...

スポンサーリンク

「ダイヤモンド」の石言葉と実は怖いダイヤモンドの伝説

ダイヤモンド…和名「金剛石(金剛石)」

  • 4月の誕生石
  • 石言葉…永遠の絆、貞節、純潔、清浄無垢、不屈など

「征服できない何より強い存在」そんなギリシャ語から付けられた名前がダイヤモンド。古代からその硬さが認められていた鉱物でしたが、硬いゆえに現代のような加工ができなかったため、その魅力に人々が気づくのは近代になってからなのです。

光の屈折率が非常に高く、これにより同じように光を通すガラスなどに比べてキラキラと瞬くような輝きを発します。

数学的に計算された複雑な形状のカッティングにより、その輝きは更に美しいものになります。

その見た目の美しさと鉱物としての堅牢さが永遠の愛を誓う象徴として、結婚や婚約の際の指輪をはじめとするアクセサリーに広く好まれています。

ダイヤモンドは毒として扱われたことがある

現代では美しく、永遠の愛の象徴であるダイヤモンドですが、長い人類の歴史の中では粉末にしたダイヤモンドは強い毒であると信じられていたこともありました。

実際に毒物として人体に影響を与えたという記録は見当たらないものの、そんな使い方をされていたとは驚きですね。ちなみにダイヤモンドは硬さでは数ある物質の中でもトップクラス。どうやって粉末にしたのでしょう。実はダイヤモンド、ハンマーなどで叩くと意外と簡単に割れてしまう性質もあるのです。

丈夫だからといって雑に扱うことは避けてくださいね。

前向きな石言葉をもつ宝石「オパール」の怖い伝説

オパール…和名「蛋白石(たんぱくせき)」

  • 10月の誕生石
  • 石言葉…創造、忍耐、歓喜、幸運、活力など

オパールの魅力は、なんといってもは他の宝石にはない遊色効果でしょう。角度を変えると刻々とその表情を変化させ、色合いが移り変わります。

また、その複雑な色の変化ゆえに同じものは二つとありません。遊色効果の美しさはオパールの価値を決める重要な要素であり、手にした人だけのオンリーワンの宝石であるとも言えるでしょう。

オパールは鉱物には珍しく10%程度の水分を含みます。このため、他の宝石に比べて物質としては不安定で温度や湿度の管理には注意が必要です。

適度な湿度がなければ乾燥でひび割れを起こすことがあるのです。また、硬度(硬さ)が低いので強い衝撃を与えないよう気をつけて下さい。

恐ろしいものとして見られたオパール

今でこそ美しい宝石として知られるオパールですが、昔は不吉なものとされていたことがあります。

大きな被害が出た伝染病や政治的な不安が渦巻いた中世ヨーロッパ。そんな背景と相まってか疫病の兆しがある人間が身につけると色が変わる、などと言われたのです。

その独特の遊色は美しいだけでなく、不安を感じさせてしまったのでしょうか。

赤くて美しい宝石「ルビー」の石言葉とその効果

ルビー…和名「紅玉(こうぎょく)」

  • 7月の誕生石
  • 石言葉…情熱、威厳、努力など

ルビーはコランダムという鉱物群の1つです。この後に紹介するサファイアも同じコランダムですが、赤いものがルビー、青いものをサファイアと呼ぶのです。

宝石の中でも古代から珍重された歴史があり、学問の進んでいたローマでは鉱石としてのルビーの性質についての記載も見られます。

古代インドでは戦士が持つと戦いで負けないとされました。

女性の魅力を際立たせるルビーのパワー

ルビーはその色から想起される情熱や激しい愛情の象徴であり、同時に女性の美を引き出すと言われています。

強く激しい愛情だけでなく、気品と優雅さを兼ね備えた女性本来の魅力を高め、異性との出会いを引き寄せます。

そのパワーで生命力をみなぎらせ、健康や生活の豊かさを後押ししてくれる石です。

9月の誕生石「サファイア」の石言葉と宝石の効果

サファイア…和名「碧玉(へきぎょく)」又は「青玉(せいぎょく)」

  • 9月の誕生石
  • 石言葉(一般的な青いサファイア)…誠実、慈愛、憎悪を和らげるなど

前述したようにルビーとほとんど同じ成分からなり、色の違いからサファイアと呼ばれます。

サファイアといえば青い宝石の代表格ですが、ピンクやイエローといったファンシーカラーのサファイアも人気が高まっています。他にも2色の色を併せ持ったバイカラーのサファイアや星が輝くように見えるスターサファイアなどがあります。

サファイアの色ごとの石言葉

  • ピンクサファイア…優しさ、愛情豊か、母性本能
    恋愛運向上に良いとされ、新たな出会いを呼び込みます。
  • イエローサファイア…知性、ユーモア、成功
    自分を信じて障害にも立ち向かえる強さを後押ししてくれます。
  • パープルサファイア…貞淑、聡明、慎み
    直感力を高めて周りの人々を陰でサポートする人にパワーをくれます。
  • ブルースターサファイア…知識へ導くパワー
    六条の星を持つブルースターサファイアは、創造性や分析力を高める効果があるとされます。研究職など頭を使う仕事にパワーをくれる宝石です。

怖いと言われてしまった宝石「ホープダイヤモンド」

宝石はその美しさゆえ、多くの人間の欲望の的にもなりました。

「ホープダイヤモンド」という名前を聞いたことはありませんか?

様々ないわくがあることで小説や舞台などで登場することもある宝石です。

呪いの宝石として知られたホープダイヤモンド

ブルーダイヤモンドという珍しい宝石であり、さらにその大きさは45.52カラット。婚約指輪など私たちが目にするものは平均0.3カラットほどと言いますから、その大きさは比較になりません。

紫外線を当て続けると赤く光るという神秘的なイメージに加え、次々と所有者を変えながら関わる人たちを破滅に導いた「呪いの宝石」として物語にもたびたび登場しています。

販売側の宣伝やメディアが話題作りをしただけではないかとも言われますが、その謎と呪いを信じる人も多くいます。

多くの人に不幸をもたらしたという魔性の宝石は、現在個人所蔵ではなくアメリカのスミソニアン博物館でひっそりと眠っています。

宝石は女性だけでなく、古来多くの人々を魅了してきました。美しさだけでなく、パワーストーンとして自分の運命を良い方向に後押ししてくれると信じられていたことも宝石が珍重されてきた理由の1つです。

今の自分に足りないものを補う意味合いや、求めるパワーから宝石を選んでみてはいかがでしょうか。もちろん、その意味にとらわれず出会った時のインスピレーションも大切にしてお気に入りの宝石を見つけてください。