笑顔で写真に写るコツをご紹介!笑顔にも筋トレとイメトレ必要です

 笑顔で写真に写るコツをご紹介いたします!
 口角がキュッと上がった自然で素敵な笑顔を作るには、『表情筋』が必要です。
 表情筋を鍛えなければ、口角をキュッと上げた笑顔を作ることはできません。

 今回は、素敵な笑顔の作り方についてご紹介いたします。
 また、鏡の前で笑顔の自分と向き合うことについても合わせてご紹介いたします。
 最後まで読んで、是非素敵な笑顔で写真に収まってくださいね。
 

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

フォトプロップスの素材や作り方!結婚式で使えるアイテム

フォトプロップスって知っていますか?写真を取るときのアイテムとして人気のフォトフロップス、結婚式で使...

血糊の作り方は片栗粉があれば簡単!ハロウィンを楽しもう

血糊の作り方は片栗粉があれば自宅でも簡単に作ることができます。自分で血糊を作ることができれば、ハ...

宝石の石言葉と怖い伝説!パワーストーンとしての効果と石の意味

花には花言葉がありますが、宝石には「石言葉」というものがあります。その宝石によって石言葉は違い、色々...

本のさまざまなジャンルの中で、小説にはどんなものがあるのか

本を読むのが好きな人なら、その中のジャンルでも小説は外せないですよね。「小説」とひとことで言って...

ノートの使い道!女子のための毎日が楽しくなるノートの使い方

大人になるとノートに字を書くという機会もなかなかありませんが、実は文字に書き出すのは頭の中で考えてい...

老後の趣味に楽器演奏がおすすめな理由!シニア世代こそ趣味を

定年を迎え、自由な老後には趣味を楽しむ人も多いですよね。しかし、今まで仕事に忙しく、特に趣味がな...

カメラの値段が安い時期を理解して、高額な一眼レフを購入しよう

写真を撮ることが好きな人は、思い切ってコンパクトデジタルカメラから一眼レフにしたいと思うこともあるで...

彼女がオタクを隠す理由やその魅力と上手に付き合う方法とは

彼女はオタクなのを隠すことで、あなたと付き合っているかもしれませんね。では、どうして彼女がオ...

スポンサーリンク

素敵な笑顔で写真に写るコツ

写真に撮られるのが苦手だという人の多くは、自分の写真写りの悪さを自覚しているものです。自然な笑顔を心がけようとしたところで、いざカメラを向けられると不必要に緊張してします。なんだか笑顔がぎこちなくなってしまったり、けっして機嫌が悪くはないのに、怒ったような表情になってしまうことに対して、どうにかしたいと悩んでいる方も少なくないかと思います。

できれば自然な笑顔で写真に写りたいとは言え、そこはなかなか練習なしでできるものではありません。意識ぜずに自然な笑顔を作り出すのが難しいのであれば、日頃から笑顔のトレーニングをしてみましょう。

表情豊かな人を目指す

笑顔かどうかを見た目で判断するには、目つきももちろんですが、口角の上がり方も関係してきます。

たいして笑っていなくても、口角さえ上がっていれば、なんとなく笑顔に見えるものです。しかし、ムリして口角だけ上げてみたところで、それは自然な笑顔とは呼べません。自然と微笑んだような表情を作るためには、日頃から意識して表情筋全体を動かすようにするのが理想です。

なるべく大げさに口を動かしながら、顔全体の筋肉が動くようにトレーニングを続けることで、表情筋を鍛えることができます。頬を膨らませたり、口元をギュッとしぼませたり、舌を上下に突き出すなど、人に見られると思わず吹き出されてしまうくらい、顔全体を思いっきり動かしましょう。

表情が豊かな人は、それだけ魅力的に映るものです。それは、写真においても同じです。

まずは表情筋を鍛えるべく、毎日の習慣に加えてみるのはいかがでしょうか?

笑顔になるときって、どんな時?写真の時に〇〇を思い浮かべると自然な笑顔になれます

口角をあげる練習をしたところで、それだけだとどうしても、作り笑顔感が強くなってしまい、なかなか自然な笑顔の写真にはならないものです。とくに、職場の旅行会などでの集合写真は、多くの人に引きっつった笑顔を見られてしまうだけでなく、手元にも残ってしまうので、できればより自然な笑顔で写りたいですよね。

集合写真よりもさらに悩ましいのが、免許証やパスポート用の証明写真ではないでしょうか?こちらはさらにハードルが上がって、そもそもどの程度の笑顔ならOKなのかが、自分では判断しにくいところでしょう。

作り笑顔を脱出するコツ

私は以前、免許更新の際に少しでも写真写りを良くしたいと、写真屋さんで証明写真を撮ってもらったことがありました。元々私は口角が下がり気味なので、意識して口角を上げておかないと、なんだか怒っているような表情に見えてしまうのですが、証明写真は真顔で写るものと思い込んでいた私を見かねてか、もっとリラックスして笑顔を作るようにと教えてくれたのでした。

そこで初めて証明写真は真顔で撮る必要はなく、歯が見えていない程度であれば笑顔を作ってもOKなのだということを知ったわけですが、その際は無理して笑顔を作ろうとするよりも、たとえば赤ちゃんや子犬など、可愛らしくてつい顔がほころんでしまう存在を思い浮かべるのがコツだとアドバイスを受け、なるほど確かにと実感したのでした。

自然な笑顔で写真に収まるコツ

写真写りが良い人の中には、普段の表情とあまりにも違っていて、確かに写真の笑顔は素敵だけど、その写真を見た人はなんだか違和感を感じてしまうというケースもありますよね。

写真に写る時だけ良い笑顔を作ったところで、普段が無表情だとそれはその人自体の好感度にはつながりません。

普段から笑顔でいることを意識して生活するのがコツ

たとえば、初めて行く病院の受付に2人の女性がいたとします。1人はニコニコしながら患者さんと話しているのに対して、もう1人は無表情で淡々と仕事をこなしていたら、果たしてどちらの女性に話しかけたいと思いますか?

おそらく、ほとんどの人が最初に登場した笑顔の女性に話しかけたいと思うことでしょう。

初対面の人の印象を左右するのは、やはりその表情

たとえ、もう1人の女性もとくに機嫌が悪いわけではなく、ただ黙々と働いているだけであったとしても、やはり周囲から見たら話しかけにくいと感じてしまうものですよね。

生活の中に笑う場面を増やす

写真に写る時の不自然な笑顔をやめたければ、普段から笑顔でいる時間を増やすことです。

人は楽しいと、自然と笑えるもの

そのためにも、嫌な感情を長引かせるよりも、意識して楽しいと感じる時間を増やしていけば良いのです。

素敵な笑顔の持ち主になろう

表情によって人に与える印象が大きく左右されることを考えると、より魅力的に写るためには、笑顔が素敵な人を目指せば良いということになりますよね。あなたの周りにも、いつも笑顔が素敵な人はいませんか?

私の息子の通う幼稚園では、クラスごとに園児と親が一枚の集合写真に写るのが恒例なのですが、中には緊張して笑顔が引きつっていたり、シャッターのタイミングが悪くて目をつぶったまま写っている親御さんもチラホラ。

集合写真の中に、とても笑顔が素敵な女性が写っていました。自然な優しい笑顔で写るお母さんに対しては、こちらも警戒心を抱かずに自然と話しかけることができましたし、実際に話してみてもとても感じが良くて、写真そのままの笑顔を絶やさない方だったのがとても印象に残ったものです。

彼女の周りにはいつも人の輪ができていて、人間的にも魅力的な女性であることが伺えました。

このように、普段から笑顔でいることは、それだけ周りからの印象も良くなるだけでなく、周囲にも良い影響を与えていくのです。

自然な笑顔は気持ちも大事。笑顔を作るコツと心について

いくらトレーニングをしても、人は心から楽しいと思えなければ、自然と笑うことはできないものです。とは言え、やはり自然な笑顔を作るためには、悲しさや暗い気持ちを引きずらず、笑顔になれるように気持ちを前向きに持っていく必要があります。

自然な笑顔ほど人を惹きつける力がある

クールビューティーが売りの女性モデルでも、ふとした瞬間の笑顔に心をわしづかみにされた経験がある人も少なくないでしょう。そこには、作られた笑顔ではなく、自然と内面から生まれた感情が笑顔となって現れているからこそ、普段とは違った表情がより魅力的に映るのです。

とは言え、誰にでも上手く笑えない時だってあります。落ち込んで笑顔が消えてしまった時は、コメディータッチの映画やドラマを観て笑ったり、好きな漫画を一気読みすることに没頭したりして、時には現実から離れることで、重たい気分を晴らすのも良いかと思います。

ムリしてでも笑っているうちに、だんだんと笑顔は身についてきます。心から自然と笑える日が来るように、自分なりの方法で魅力的な笑顔を手に入れたいものですね。