中学生の勉強法!社会の点数を上げるための暗記のコツ

中学生になると教科ごとの得意・不得意もはっきりしてきて「社会」の点数が悪いとお悩みの方も多いと思います。
しかし、社会が苦手という方も、少し勉強法を変えてみると今までよりも自信が付くかもしれません。

それでは、社会が苦手な中学生のための、覚えられる勉強法をご紹介します。

暗記が不得意と感じている方も多いと思いますが、暗記にはコツがあります。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

中学生の勉強法【数学】苦手を得意に変える成績アップのコツ

中学生の勉強法について、数学が苦手だという人はどうして成績が伸びないのか考えたことがありますか?...

大学がつらいのは友達がいない事。ぼっちの心境と友達を作る方法

大学生活は楽しいものだと思って行ってみたら、実際は友達がいない、なかなか出来ない。もしかして...

中学生【勉強しない】塾の上手な選び方でやる気を引き出す方法

中学生なのに勉強しないからと塾に通うことを検討しはじめる保護者は多いです。中学生になると、勉強も一気...

中学生の勉強の仕方!勉強の効率を上げる使えるノートの取り方

中学生が授業で使うノートですが、このノートは先生が黒板に書いたことをそのまま写しているという方が多い...

中学生の勉強における親の関わり方!成績を上げるためのコツ

中学生の勉強における親の関わり方について悩む保護者も多いでしょう。自分では教えられないからと塾に任せ...

中学生が勉強しないと将来が心配!親ができるやる気の引き出し方

中学生なのに勉強しないと将来の子供がどうなってしまうのか、親なら誰でも心配になるものです。子供が心配...

高校の出席日数は推薦に影響あり!勝ち抜くための注意点

高校の出席日数は推薦にどのくらい影響するのか知っていますか?例えば、大学から推薦枠を与えられた指定校...

入学説明会の内容!小学校の子供の入学説明会・服装と持ち物

入学を控えたお子さんがいるご家庭では、子供の入学を前に小学校の入学説明会が行われます。入学説明会では...

勉強のやる気を出す為には?中3のやる気スイッチを押す方法

中3で勉強のやる気がでないときには、どのような対策を取ればいいのでしょうか?ただ、勉強しなさいではや...

大学研究室と就職活動の兼ね合いと2つを両立させる方法

大学の研究室にいると、なかなか就職活動が出来ず不安に感じてしまうようです。大学研究室と就職活...

毎日英語の勉強を続けるコツ!英語の勉強を習慣化する方法

苦手な英語の勉強を毎日続けるにはどうしたらいいか頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。自分の...

中学生の勉強時間の平均や習慣づけのコツで効率的に受験対策

中学生の勉強時間の平均はどれくらいなのでしょうか?子供が勉強を全然していないと、つい長く勉強させたい...

大学の卒業アルバムを買わない人も多い!値段と必要性について

大学の卒業アルバムを買うか買わないか迷っている人もいますよね。小学校~高校までの失業アルバムはほとん...

中学生に勉強をやる気にさせる方法!やる気スイッチを入れるコツ

子供が中学生になったのに、家で全然勉強をしないとお悩みの方はいませんか?中学生になると、家庭学習...

女に学歴はいらない?学歴が結婚の弊害になる?高学歴女性の悩み

学歴がない物からすれば、高学歴というだけで尊敬してしまうものですが、男性はともかく、女性で高学歴なの...

スポンサーリンク

中学生の社会の勉強法は暗記がメインの教科

中学生になるとどの教科も勉強のレベルがアップしていきます。
小学生の時と比べると成績がガクンと落ちてしまう人も多くなってくるでしょう。

中学生が勉強する5教科の中でも最も成績を上げやすい教科は社会です。

社会のテストで出てくる問題はほとんど暗記問題です。
数学のように解く問題はありません。
国語のように文章問題があるわけでもありません。

考える力がなくても暗記をしておけば点数につながりやすい教科なのです。
数学は試験前に多くの問題を解いて勉強をしますが、社会は暗記をし思い出すだけです。
暗記をすることは簡単かもしれませんが、それよりも難しいのが思い出す力を養うことかもしれません。

テストの点数をとるためには社会は暗記力、思い出す力、どちらも発揮しなければなりません。

社会の学力の差の原因はここにあるといっても過言ではないでしょう。

この記事では社会のテストでよく出る問題のポイントや、暗記法、そして思い出す力など社会の勉強法について紹介していきます。

この記事の勉強法を元に自分なりの工夫で暗記や思い出す力をつけて社会の成績アップにつなけてください。

中学生の社会の勉強法、学校のワークを活用

中学生の社会の勉強法は学校のワークを使って繰り返し暗記をしましょう。

数学は教科書やワークで勉強していてもテストで数字や解読法が違う問題がたくさんでてきます。
解読法はいくつもあり問題や形式にあった解読法で計算を解いていかなければなりません。
なので、計算ミスで答えが間違っていても、式や計算方法があっていれば△として何点かもらえたりして点数に繋げることができます。

しかし社会は、覚えていれば○、覚えていなければ☓といったように白黒はっきりしています。
数学や国語のように「考える力」や「意見を述べること」が必要なくただ暗記が必須な教科です。

なので、より多くを暗記して頭に叩き込む必要があります。
教科書や学校から配られるワークに出てくる問題は必ずそのままテストに出てきます。

自己流で勉強するよりも教科書やワークを使用し、その問題を反復することが最も効果的です。

社会の音読を行うと頭に入りやすい

中学生の社会の勉強法に音読をとりいれてみましょう。

音読というと国語のイメージですね。
その国語と同じように社会の教科書を音読します。

社会は国語と同じように漢字がたくさんでてきます。
歴史上の人物やその時代に起こった出来事など、漢字が読めないと覚えづらいですし書けないですよね。

音読をすることで頭に入りやすい、そして漢字が読めるようになる、そして覚えられます。
社会は時代のつながりも大切です。
教科書を音読して暗記していけば、重要点も覚えやすいですよ。

テストの範囲はそのテストによって異なります。
その範囲を確認し、教科書を繰り返し音読し暗記していきましょう。

社会で押さえておきたいポイント

中学生の社会の勉強は地理、歴史、公民がでてきます。
それぞれのおさえておいたいポイントを紹介します。

  • 地理
    地理は主にグラフや表がでてきます。
    世界と日本の輸出入についてや都道府県ごとの特徴などがでてきます。
    数字が細かく出題されるわけではないですが、特徴や傾向を把握しておきましょう。
  • 歴史
    出てくる資料がなんの出来事を表しているのか
    時代背景についての記述問題
    出来事の伝号を覚えること
  • 公民
    制度や仕組みの説明とメリットについての記述問題が多い。

テストに出てきそうな問題を意識して勉強すると点数につなげやすいですね。
重要点やテスト範囲を把握し無駄のないよう勉強していきましょう。

中学生の社会の勉強法は暗記したことをアウトプットすること

中学生の社会の勉強法では暗記することが大切と述べてきましたが、暗記することだけに集中しているなら、それは間違った勉強法です。

暗記したことをいかに思い出せるか(アウトプット)が問題です。

暗記してるのになかなか点数につながらない生徒の特徴にアウトプットができていない傾向があります。

暗記したことをいかに思い出す方法として、時間を決めて勉強することが重要です。

このようなことから、暗記(インプット)が大切な社会の勉強ですが、最も重要なのは思い出す(アウトプット)することなのかもしれません。

暗記しても知識があってもテストでは思い出せないのでは意味がありませんよね。

実際にある学者は勉強法に関してこのように述べています。
「より効果ある勉強法を取り入れるためには暗記を短時間で済ませ思い出す時間を長くすること」
これが記憶に残りやすい学習法だそうです。

社会は単に暗記をすることが重要視されていますが、このような社会の特徴を知るとそれだけだは成績につながらないことがわかります。

成績を少しでも上げたいと思っているなら、これらの勉強法に注意して取り組んでみてくださいね。