中学生の勉強時間の平均や習慣づけのコツで効率的に受験対策

中学生の勉強時間の平均はどれくらいなのでしょうか?子供が勉強を全然していないと、つい長く勉強させたいと思いがちですが、勉強を長くしていたとしてもそれが成績に結びつくわけではないのです。成績アップや受験のカギを握るのは、その勉強内容になります。

そこで、中学生の家庭での平均勉強時間や長く勉強すれば成績が上がるというわけではないこと、勉強のやる気を引き出すためにできることや勉強を習慣づけて長くさせるコツ、効率の良い勉強が受験へのポイントになることなどお伝えしていきましょう。

これを読めば、子供を勉強させるために親ができることもわかり、子供が勉強しないストレスからも開放されることでしょう。勉強のやる気を引き出して、効率の良い勉強が大切であることを子供にも教えてあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

中学生の勉強の仕方!勉強の効率を上げる使えるノートの取り方

中学生が授業で使うノートですが、このノートは先生が黒板に書いたことをそのまま写しているという方が多い...

中学生に勉強をやる気にさせる方法!やる気スイッチを入れるコツ

子供が中学生になったのに、家で全然勉強をしないとお悩みの方はいませんか?中学生になると、家庭学習...

中学生の勉強法【数学】苦手を得意に変える成績アップのコツ

中学生の勉強法について、数学が苦手だという人はどうして成績が伸びないのか考えたことがありますか?...

大学がつらいのは友達がいない事。ぼっちの心境と友達を作る方法

大学生活は楽しいものだと思って行ってみたら、実際は友達がいない、なかなか出来ない。もしかして...

女に学歴はいらない?学歴が結婚の弊害になる?高学歴女性の悩み

学歴がない物からすれば、高学歴というだけで尊敬してしまうものですが、男性はともかく、女性で高学歴なの...

女に学歴は関係ない!高学歴女子が求める理想の結婚とは

女に学歴は関係ないとは昔からよく聞かれる言葉ではありますが、最近では女性でも高学歴で高収入という人も...

PTA役員決めの方法でトラブルが少なくてすむ方法と出来ない時

会長・副会長・書記・会計・会計監査・・・。コレってなんの事だと思いますか?学校のPTAの組織...

中学生【勉強しない】塾の上手な選び方でやる気を引き出す方法

中学生なのに勉強しないからと塾に通うことを検討しはじめる保護者は多いです。中学生になると、勉強も一気...

高校の出席日数は推薦に影響あり!勝ち抜くための注意点

高校の出席日数は推薦にどのくらい影響するのか知っていますか?例えば、大学から推薦枠を与えられた指定校...

大学の卒業アルバムを買わない人も多い!値段と必要性について

大学の卒業アルバムを買うか買わないか迷っている人もいますよね。小学校~高校までの失業アルバムはほとん...

中学生の勉強における親の関わり方!成績を上げるためのコツ

中学生の勉強における親の関わり方について悩む保護者も多いでしょう。自分では教えられないからと塾に任せ...

大学研究室と就職活動の兼ね合いと2つを両立させる方法

大学の研究室にいると、なかなか就職活動が出来ず不安に感じてしまうようです。大学研究室と就職活...

中学生の勉強法!社会の点数を上げるための暗記のコツ

中学生になると教科ごとの得意・不得意もはっきりしてきて「社会」の点数が悪いとお悩みの方も多いと思いま...

入学説明会の内容!小学校の子供の入学説明会・服装と持ち物

入学を控えたお子さんがいるご家庭では、子供の入学を前に小学校の入学説明会が行われます。入学説明会では...

毎日英語の勉強を続けるコツ!英語の勉強を習慣化する方法

苦手な英語の勉強を毎日続けるにはどうしたらいいか頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。自分の...

スポンサーリンク

中学生の家庭での平均勉強時間とは

中学2年生の家での勉強時間は約90分だといわれています。

「うちの子はそんなに勉強しているだろうか」と思う保護者もいると思いますが、これには塾での勉強時間も含まれた平均なので、実際の感覚とは多少ズレを感じる部分もあるでしょう。

それでも、以前より平均で10分ほど家庭での学習時間が伸びているようです。

また勉強の重要性を感じる中学生の割合も増えており、3人に1人以上の中学生は勉強について真剣に考えている姿が透けて見えます。

勉強時間が平均より長い中学生は成績が上がるわけではない

家庭での平均的な勉強時間が90分と聞いて自分の子供の勉強時間の短さに驚き、もっと勉強させなければと力が入る保護者は少なくないかと思います。

中学生の「勉強時間の長さ」と「成績」は必ずしも一致するとは限りません。

どうしても長く勉強をしている方が頑張っているように見えてしまいますが、勉強は時間の長さだけに注目してしまうと大切なことを見落としてしまいます。

時間だけ長く勉強しているように見えても、実は効率が悪く少ない勉強に時間が掛かっているだけかもしれませんね。

また、そもそも時間が短いのは、勉強を嫌がやっているという1つの証拠。やる気がないという状態を解決して勉強を楽しむことができれば、必然的に「もっとやろう、頑張ろう」という気持ちに慣れるものです。

「勉強している状態に見える」だけの時間をいくら長くしても、成績が上がらないのは当然であるとも言えます

平均よりも勉強時間が短い中学生にはやる気を引き出しましょう

頭ごなしにガミガミ言わない

中学生になると勉強のレベルも上がり学習面でのつまづきが増える時期です。

できないことは面白くない。面白くないからやる気が出ない。至極当然の流れです。

そこに「勉強しなさい」と頭ごなしに言われても反発も加わって、余計にやる気を失ってしまいます。

勉強の重要性に気づいていながら、やる気が出ない状態に悩んでいるかもしれません。

たとえば親が協力して勉強へのやる気を引き出し、家庭での勉強時間の定着を目指しましょう。

理解することの楽しさを教えよう

できない・わからないものは面白くない。その反面、問題が解ける「できた」という感覚は「もっとやりたい」に続きます。

わからない問題は、どこがわからないのか、どう答えを導くのか、時にヒントを与えながら手伝ってみましょう。

「できた」と感じさせてあげることがやる気の第一歩となるでしょう。

勉強を習慣づけて長くさせるコツ

キッカケを作ってやる気を出させ、手伝いながら毎日勉強時間を作ります。

勉強を毎日の習慣にするには勉強する時の定位置と、勉強する時間を設定することから始めてみましょう。

時間の設定は、いきなり每日2時間、3時間勉強すると決めても1週間と続かないでしょう。

今だけの目標ではなく、その後ずっと続けるためにも無理のない時間設定が大切です。特に初めのうちは、少なすぎるくらいでもいいのです。

重要なのは長さではなく「每日の勉強時間を習慣にする」ことだと理解しましょう。

每日続けて慣れてきたら時間を伸ばすようにして、無理は禁物。

ただ、少しくらいの体調不良や部活の疲れを言い訳にせず、少しでも每日続けることです。

その分、できる時は設定した時間をオーバーして勉強してもいいのですから。

勉強時間よりも効率的な勉強が受験へのポイント

中学生の勉強では、重要なポイントを絞って効率よく勉強することが重要になります。

問題集を一冊やりきる

問題集を買ったら基本的には、その問題集をきちんと最後まで終わらせましょう。

書店で参考書や問題集を眺めるうち、今持っているものよりも良さそうに見えて、一冊が終わっていないのに新しいものを買ってしまうことがあります。

いろいろな問題が解けていいように思えるかもしれませんが、この方法ではすでにできる問題もあるため時間のロスにつながります。

1冊の問題集を解きながら「できない、間違える問題」の傾向を見つけて一つずつ潰していきましょう。

いつもの塾で

塾に通っているのであれば、塾で出されるプリント塁も非常に重要。

塾の問題は要点がまとめられている事が多く復習にはもってこいだからです。

中学生になって中身がより濃くなる勉強では、このように活用できるものを積極的に使って効率よく勉強していくことがう重要になるのです。

中学の勉強は、高校、大学へ進むための基礎となる大切なものです。1つわからないことが出てきた時に、わからないままにしてしまうとあっという間についていけなくなってしまいます。

ぜひ、苦手や面めんどうな気持ちをを克服して、勉強時間を確実に作って行きましょう