着物のヘアスタイルで前髪はどうしたらいい?おすすめな前髪

着物のときのヘアスタイルで困ってしまうのが前髪ですよね。後ろ髪をまとめることはできても、前髪はどのようにすれば着物に似合うのかわからないときにはこの方法がおすすめです。

流す、おでこを出す、たらすの3つの方法を紹介します。

いつもの違った雰囲気にするのがポイントです。ヘアスタイルが決まったら、スタイリング剤でキープ力を高めるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ミディアムヘアの簡単アレンジ!初心者向けコテの基本的な使い方

いつもはストレートのミディアムヘアという方でも、コテを使えばいろいろなスタイルにアレンジができます。...

太ももの筋肉太りはマッサージで解消!正しいやり方を覚えよう

昔運動系の部活でハードなトレーニングをしていた人のほとんどが、太ももの筋肉太りで悩んでいることでしょ...

ショートカットの簡単アレンジ。コテで大人のショートスタイル

ショートカットは知的に見えて、女性らしさもあり、お手入れも楽。髪型はいつもショートという方も多いと思...

【前髪アレンジ】伸ばし途中はセンターパート!巻き方のコツ

前髪を伸ばしている途中というのは、前髪の扱いが大変です。目の前にパラパラと落ちてくる前髪が邪魔になっ...

ヘアセットでアップを上品に!お呼ばれでも簡単大人スタイル

大人向けのヘアセットではアップスタイルを上品に見せるのがポイントです。清楚で上品さを叶えたアップ...

グリーンのドレスに合う素敵なネイルの選び方

結婚式やちょっとしたパーティーにお呼ばれする時に悩むのが、ドレスの色です。可愛らしい色や落ち着い...

頭の長い面長さん女子に似合う美人度アップの髪型とメイク術

写真を撮ると、頭が長い印象に見えてしまう面長さん。大人っぽくクールビューティーに見える反面、ちょ...

こめかみの髪がはねる原因と悩みを改善する方法やおすすめを紹介

こめかみの髪の毛だけがいつもはねる。はねないように気をつけてブローしているのにどうしてもその髪だけが...

肌が白すぎる男性は魅力が下がる?白くても清潔ならモテる

肌が白すぎる男性を女性はどのように見ているのでしょうか?確かに、健康的に焼けている体はかっこいいと思...

髪をふんわりエアリーに巻く方法!簡単ヘアアイロンの使い方

巻き髪にしてみたいけど、ヘアアイロンを使ったことがないという方はいませんか?始めて使う時には、ち...

ショートヘアをアレンジ!コテなしでもおしゃれに見せるコツ

念願のショートヘアにしたものの、ロングと違ってアレンジ方法が少ないと感じている人も多いでしょう。...

ボブのヘアアレンジをするならストレートアイロンがおすすめ

いつものストレートボブをヘアアレンジで変化させたい!そんな時はストレートアイロンがおすすめ。コテ...

ツーブロ女子は女性ウケが抜群!ロングのアレンジ方法を紹介

ロングの女子がツーブロに挑戦したいならこの場所がおすすめです。髪型を変えたいけれど、ショートやボブが...

ショートカットのヘアアレンジはコテを使えば簡単可愛く変身

ショートカットのヘアアレンジはコテを使って簡単に印象を変えることができます。なので、ショートカッ...

ボブの髪型で前髪ありなら、どんな感じにすれば良いのか

ボブは女性らしく可愛い雰囲気にしたり、大人っぽい雰囲気に出来る髪型なので人気の髪型のひとつです。...

スポンサーリンク

着物のヘアスタイルで定番な前髪といえば「流す」

テレビや雑誌などの情報を見ていると、着物の時のヘアースタイルはすっきりまとめたいと思いますが、なかなか同じようにはできずアレンジ方法がわからない時があります。また自分には合わないと思って洋装のときと同じようにしてしまうことがありますが、あきらめずにゆっくりと手順を経て仕上げてみましょう。

流す前髪の特徴

顔を前面出すことなく斜めに流すことで、おでこの部分を隠しながら前髪を作ることができます。

根元を立ち上げることを意識せず耳の上のラインまで斜めに流しましょう。

1.前髪の根元から毛先までしっかりと水でスプレーする

地肌までしっかりと水分が行くように手の指先を使って毛先の水分を飛ばすように地肌をこすりましょう。

2.ダックカールを使って前髪を横にスライスし表面の髪を留める

前髪を眉毛と平行になるようにスライスします。前髪の量によっては何分割かして薄くスライスしてからドライヤーをかけるとしっかりとくせがつきます。

3.一番下の部分からドライヤーをかける

スライスした下の髪からブラシを内巻きにして流したい方向へ少しずらしドライヤーを当てます。

あまり小さなブラシを使ってしまうと前髪のカールがきつくなってしまうので大きなブラシを使いましょう。

4.乾いてきたらドライヤーの冷風をかけて、スタイルキープ

スタイリング剤をつけて完成です。

着物できちんと感がでるのは前髪がないヘアスタイル

前髪なしは清潔感が出る

前髪を上げるとすっきりとして清潔感が出ます。着物の雰囲気に合わせて後れ毛を作らずきっちり前髪をあげてしまったり、ゆるいポンパドールを何個か作り空気感を出したりして前髪を上げてみましょう。

前髪をしっかり上げてしまうのもおすすめ

前髪もサイドの髪も後ろで束ねてしまうスタイルは、顔の形が卵型や丸顔にもあわせることができます。おでこを出す事で縦のラインを作ることができるため隠すのではなく髪を上げてみましょう。

顔周りの後れ毛を作る

髪の毛全部を上げてしまうのは控えたいと考えている場合は前髪とサイドの分かれ目あたりから後れ毛を作りましょう。

コテやドライヤーで毛先を少しカールするとばらつかずセットできます。

髪がショートなら前髪はふんわりさせると可愛い

ショートの場合は前髪に存在感を持たせたヘアスタイルもおすすめです。前髪の量が多く眉毛の上で切りそろえられている前髪のスタイリングの方法です。

前髪は短く厚めがポイント

  1. 根元から水でスプレーして髪の流れをリセットします。
  2. ダックカールを使って眉毛と平行になるようにスライスした髪を留めます。
  3. コテを使って軽くテンションをかけながら毛先を巻きます。強くついてしまった場合は少し時間を置いたり、毛先を手で散らしてみて再度戻してみましょう。
  4. 同じようにコテをかけながら表面に向かっていきます。全体かかりすぎたり、足りないと感じたときは大き目のブラシを使ってドライヤーを当てましょう。
  5. スタイリング剤を毛先につけて同じ毛先を方向に向けてセットしましょう。
  6. サイドや後ろはコテを使って大きめのカールを作り、アメリカピンを使ってねじりながら後ろにもって行きアレンジしてみましょう。

和装小物をつけてピンを隠すと出来上がりです。

着物のヘアスタイルはまとめないのもアリ

きっちりまとめ過ぎないスタイルも素敵になります。

前髪のスタイリング

大き目のカールをつけて表面を流します。伸ばしかけの前髪でもカールする事で切りそろえられたきちんとした前髪の見せることができます。毛先を全部真っ直ぐ下に落とす方法もありますが表面の毛先に動きをつける事で柔らかい雰囲気を出すことができます。

毛先に大きなウェーブをつけて斜めに流した前髪も大人っぽい着物に合います。

サイドや後ろ

全体に大きなウェーブをつけて空気感を出しましょう。毛先までしっかりとカールしたヘアースタイルは可愛く、毛先に外ハネ、内ハネなどハネの向きを変える事で大人っぽさを出すことができます。

スタイリング剤をつける時は全体につけると重くなってしまうため毛先につけるようにしましょう。

着物のヘアスタイルをキープするスタイリング剤はコレがおすすめ

スタイリング剤の使い分けのコツを紹介します。

ローション、オイル

髪をシャンプーし乾いた状態からスタイリングをはじめるよりも、熱を使う前につけると熱のダメージから守ったり、ヘアスタイルを長時間持続することができるため最初のひとてまを行いましょう。ミストタイプやオイル、クリームとありますが、ふんわり感を出したい時はミストタイプ、ツヤを出したい時にはオイル、乾燥を防ぐ時はクリームなど髪の状態とセットしたいヘアスタイルに合わせてしようしましょう。

ヘアスタイルの形を持続させるワックス

ワックスはしっかりまとまるものと、無造作にゆるくスタイリングする種類のものがあります。

どのような種類のものでもワックスを取ってそのまま固まりではつけず一度手のひらに乗せ手の温度を使って薄くのばしてからスタイリングしたいところに塗布しましょう。

スプレーでしっかり固める

出来上がったヘアスタイルをしっかりと固めるために最後に使うスタイリング剤です。細かなスプレータイプやもう少し大きい霧状のミストタイプがあり、固まる状態にも色々な種類があります。着物を着てからのスプレーは大きな範囲にスプレーが広がることがあるのでケープや大きめのバスタオルをかけてから髪の毛にスプレーしましょう。

前髪にスプレーする時は顔と前髪の間にタオルや髪を挟んでからスプレーするとしっかりとかけることができます。