エラが目立たない髪型!ポイントを抑えてキュートなショートに

誰でも自分の顔の中に1つくらい気に入らないところがありますよね。鼻が低い、目が小さいなど悩みは人それぞれ。そしてエラが張っているなどの、骨格に対するコンプレックスを持っている方もいらっしゃるでしょう。

そのような骨格のコンプレックスは髪型で解消することが可能です。顔が全面に出す印象があるショートだって、カバーができる髪型があります。

自分の骨格の特徴を認識して、似合うショートを探してみてください!今までと違った印象の自分を見つけることができますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ヘアスタイル【アップスタイルのやり方】基本やアレンジを紹介

ヘアスタイルをアップスタイルにしたいけど、やり方がわからなくて自分ではうまくできないという人もいるで...

ボブのヘアアレンジをするならストレートアイロンがおすすめ

いつものストレートボブをヘアアレンジで変化させたい!そんな時はストレートアイロンがおすすめ。コテ...

頭の長い面長さん女子に似合う美人度アップの髪型とメイク術

写真を撮ると、頭が長い印象に見えてしまう面長さん。大人っぽくクールビューティーに見える反面、ちょ...

雑誌のおまけについてくるコスメグッズについて知りたい

一昔前は、雑誌におまけが付いていることはほとんどありませんでした。しかし、今では数多くの雑誌でお...

ショートボブの簡単ヘアセット結婚式におすすめのアップスタイル

結婚式などの特別なシーンには、ヘアスタイルも華やかな雰囲気にしたいものです。しかし、ショートの場合に...

ボブの髪型で前髪ありなら、どんな感じにすれば良いのか

ボブは女性らしく可愛い雰囲気にしたり、大人っぽい雰囲気に出来る髪型なので人気の髪型のひとつです。...

こめかみの髪がはねる原因と悩みを改善する方法やおすすめを紹介

こめかみの髪の毛だけがいつもはねる。はねないように気をつけてブローしているのにどうしてもその髪だけが...

ヘアセットでアップを上品に!お呼ばれでも簡単大人スタイル

大人向けのヘアセットではアップスタイルを上品に見せるのがポイントです。清楚で上品さを叶えたアップ...

指輪のお手入れ方法!シルバーが錆びるように見える時の落とし方

シルバーの指輪は購入した時にはピカピカですが、使用しているうちに変色してしまい、黒ずんで見えることが...

ツーブロ女子は女性ウケが抜群!ロングのアレンジ方法を紹介

ロングの女子がツーブロに挑戦したいならこの場所がおすすめです。髪型を変えたいけれど、ショートやボブが...

着物のヘアスタイルで前髪はどうしたらいい?おすすめな前髪

着物のときのヘアスタイルで困ってしまうのが前髪ですよね。後ろ髪をまとめることはできても、前髪はどのよ...

和装で髪型がショートカットのときのヘアアレンジ方法

髪型がショートカットの場合、和装をするときにはどのようなアレンジをしたらいいのでしょうか?シ...

グリーンのドレスに合う素敵なネイルの選び方

結婚式やちょっとしたパーティーにお呼ばれする時に悩むのが、ドレスの色です。可愛らしい色や落ち着い...

クラシカルの意味って?ファッションにおけるクラシカルとは

日常生活でクラシカルという言葉をたびたび耳にすることがあるかと思いますが、その意味について知っている...

髪をふんわりエアリーに巻く方法!簡単ヘアアイロンの使い方

巻き髪にしてみたいけど、ヘアアイロンを使ったことがないという方はいませんか?始めて使う時には、ち...

スポンサーリンク

エラが気にならない髪型にするコツ

エラが張っていることがコンプレックスに感じている人なら、エラが目立たないように髪の毛で隠したくなりますよね。そのためずっと同じ髪型でいる人も多いかと思います。たまには違う髪型にしてみたくもなります。アップにしたりショートヘアを試してみたいという人もいるでしょう。

髪型でエラをカバーするなら縦のラインを意識する

エラが張っている人はどうしても横に広い顔に見えてしまいます。縦長のイメージを作ることで横の幅に注目されないようにします。

ショートヘアで縦のラインを作るには前髪がポイント

前髪を長めにして、顔のサイドのラインにふんわりと下ろしてください。

顔の横幅を前髪でカバーします。前髪は全部下ろして揃えてしまうと、小顔効果はありますが、エラが張っていると横幅が目立ってしまいます。前髪を分けて額を見せると顔を縦長に見せることができます。または前髪を斜めに流して額を三角形に見えるようにすると、横幅を気にならなくできます。

ショートヘアだとサイドが短いため顔の骨格が強調されやすくなりますが、前髪をおろしてカバーするようにします。下ろした前髪はふんわりとさせることで、顔のサイドに髪の毛がかかっても軽く見せることができます。

柔らかい印象のショートがエラをカバー

ショートヘアは顔のラインがはっきりと見えてしまうため、コンプレックスのエラも目立ちやすくなります。

角ばったフェイスラインは男性っぽく見えてしまう場合もありますので、ショートヘアでも女性らしさを出す髪型を選んでください。

女性らしいショートヘアがおすすめ

全体的にパーマをかけてゆるいウェーブをつけたり、ふんわりと丸くボリュームを出してください。丸みがあると女性らしく見せることができます。

ストレートヘアも素敵ですが、髪の毛が直線すぎるとフェイスラインに沿ってしまうため、エラがより目立つ場合があります。トップにもボリュームを出して縦長の印象も作り、サイドはカールをさせて動きを出します。パーマをかけてふんわりさせることで、動いた時に髪の隙間からエラがくっきりと見えてしまうことがありません。

エラが気になるときは髪の毛で隠してしまいがちですが、パーマをかけて全体的に丸みを持たせることで、エラ張りの印象を薄くすることができます。

ショートおすすめの髪型!サイドバングでエラが目立たない

ショートヘアでもエラが目立たないようにするには、サイドバングがオススメです。サイドバングとは前髪の横の部分のことです。このサイドバングを使ってフェイスラインをカバーしてください。顔のサイドに髪の毛がかかるようにして、横幅を隠して目だななくします。

顔に髪の毛がかかってしまうと重たく暗い印象になってしまいますが、ショートヘアなら活発なイメージがあります。サイドバングをフェイスラインに向かって流すようにカバーすることで。重たくなりすぎす軽やかさを出すことができます。

エラを目立たなくするためには縦長の印象を作ることがポイントです。サイドバングでフェイスラインをカバーすることで顔全体が面長の印象になり、その分、エラが気にならなくなります。

失敗しがちな髪型はコレ

エラが張っていることがコンプレックスなのに、髪型でうまくカバーすることができない人も多いでしょう。中には逆に目立たせてしまう髪型にしている人もいます。どのような髪型に気をつけたら良いのかをおさえておくと、髪型で上手にカバーすることができますよね。

フェイスラインをくっきりと出してしまう髪型は避ける

顔のサイドラインが隠れないような髪型は骨格をはっきり出すため、エラも目立ってしまいます。
ロングヘアを後ろで束ねるのはもってのほかです。髪の毛を束ねたい場合はふんわりとカールをさせてから、サイドの髪の毛を下ろしてフェイスラインを隠すようにすると良いでしょう。

髪の毛に軽さがあり動きがあると、全体的に柔らかな印象になる

エラが張っていると男性的になってしまいがちなので、できるだけ女性らしい髪型を選んでください。パーマをかけてふんわりとさせ、抜け感を出すと良いでしょう。

顔のサイドを隠すと小顔効果もある

エラをカバーするだけでなく顔を小さく見せることができますので、髪のサイドの毛はとても重要です。

前髪も注意
前髪の幅を広めにしておろしてしまうと、顔の横幅が強調されてしまいます。前髪をおろすことで小顔効果はありますが、顔を縦長に見せることができません。全体的に横の印象が強くなってしまいますので、長い顔にコンプレックスがある人にオススメの髪型です。エラが張っている人には向いていません。

顔の特徴を知って似合うショートを見つけよう

エラが張っている人はどうしてもエラの部分だけに注目してしまいがちです。髪型で上手にエラを目立たなくさせることはできますが、自分に似合う髪型を見つけるときには骨格だけでなく、全体的なバランスも考えるようにしましょう。

エラが張っている人の骨格は横のイメージが強い

髪型は縦のラインが強調されるスタイルを選び、フェイスラインをカバーするようにしてください。額を見せて顔に縦の長さを見せるようにします。

エラが張っていると顎にかけてのラインがシャープになっていることが多く、これもまた悩みのひとつではないでしょうか。男性的なイメージになりがちなので、女性らしさを出したいと考えますよね。

シャープなイメージを崩すためには、髪型に丸い雰囲気を作ることがポイント

そのためにはストレートにするよりもパーマを上手に使ってください。フェイスラインの髪をカールにして動きを出すと良いでしょう。サイドに髪を下ろすことでエラを隠し、全体的に丸いラインに仕上げることができます。

エラがコンプレックスでも髪型で上手に目立たなくさせることができます。エラを隠すコツをおさえながら、いろいろな髪型にチャレンジしてくださいね。