ヘアスタイル【アップスタイルのやり方】基本やアレンジを紹介

ヘアスタイルをアップスタイルにしたいけど、やり方がわからなくて自分ではうまくできないという人もいるでしょう。
例えば、友達の結婚式などお呼ばれシーンでは、やっぱりアップスタイルがオススメです。

そこで、自分でも簡単にできるアップスタイルのやり方の基本のコツやアレンジ方法などお伝えしていきましょう。

これで、苦手だったヘアアレンジもコツを掴むことができ、案外簡単にできるようになるかもしれません。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

指輪のお手入れ方法!シルバーが錆びるように見える時の落とし方

シルバーの指輪は購入した時にはピカピカですが、使用しているうちに変色してしまい、黒ずんで見えることが...

ショートヘアをアレンジ!コテなしでもおしゃれに見せるコツ

念願のショートヘアにしたものの、ロングと違ってアレンジ方法が少ないと感じている人も多いでしょう。...

ショートカットの簡単アレンジ。コテで大人のショートスタイル

ショートカットは知的に見えて、女性らしさもあり、お手入れも楽。髪型はいつもショートという方も多いと思...

ボブの髪型で前髪ありなら、どんな感じにすれば良いのか

ボブは女性らしく可愛い雰囲気にしたり、大人っぽい雰囲気に出来る髪型なので人気の髪型のひとつです。...

リングで指が青くなる原因と対処法!指輪を綺麗にする方法を解説

リングを指につけて外したとき、指が青くなることに頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。...

グリーンのドレスに合う素敵なネイルの選び方

結婚式やちょっとしたパーティーにお呼ばれする時に悩むのが、ドレスの色です。可愛らしい色や落ち着い...

ショートボブの簡単ヘアセット結婚式におすすめのアップスタイル

結婚式などの特別なシーンには、ヘアスタイルも華やかな雰囲気にしたいものです。しかし、ショートの場合に...

着物のヘアスタイルで前髪はどうしたらいい?おすすめな前髪

着物のときのヘアスタイルで困ってしまうのが前髪ですよね。後ろ髪をまとめることはできても、前髪はどのよ...

四角顔に合う髪型を知りたい。女性向けのヘアスタイルは

人の輪郭にはさまざまなタイプがあります。そのため、同じ髪型でもこっちの人には似合わないのに、あっ...

肌が白すぎる男性は魅力が下がる?白くても清潔ならモテる

肌が白すぎる男性を女性はどのように見ているのでしょうか?確かに、健康的に焼けている体はかっこいいと思...

簡単ヘアアレンジ【ミディアム】浴衣に似合う簡単アレンジ

花火大会や、お祭りなど夏になると浴衣を着る機会が増えてきます。そこで悩むのが髪型はどんな風にアレンジ...

和装で髪型がショートカットのときのヘアアレンジ方法

髪型がショートカットの場合、和装をするときにはどのようなアレンジをしたらいいのでしょうか?シ...

髪をふんわりエアリーに巻く方法!簡単ヘアアイロンの使い方

巻き髪にしてみたいけど、ヘアアイロンを使ったことがないという方はいませんか?始めて使う時には、ち...

髪型【アップスタイル】 浴衣にあうスタイルの作り方やアレンジ

夏祭りデートや夏のイベントで浴衣を着る機会があったら、髪型も浴衣に合ったスタイルにしてみましょう。...

クラシカルの意味って?ファッションにおけるクラシカルとは

日常生活でクラシカルという言葉をたびたび耳にすることがあるかと思いますが、その意味について知っている...

スポンサーリンク

ヘアスタイルをアップスタイルにするやり方はくるりんぱや編み込みを覚えて簡単

おしゃれなヘアアレンジをしたいと考えていても自分ではできないと挑戦する前から諦めてしまっていませんか。ヘアアレンジは1つ1つのやり方さえ掴んでしまえば、簡単におしゃれなアレンジを作ることができます。

簡単にマスターすることができるヘアスタイルはくるりんぱ

名前を聞いたことがある方も多いと思いますが、結んだ髪の毛をくるりんとするだけの簡単アレンジです。

ハーフアップなんかでするのが簡単かと思います。

やり方

  1. まずハーフアップにします。
  2. 結んだゴムの上の髪を割ってその間に後ろに流れた結んだ髪を通すだけです。

1回でも素敵なアレンジになりますが、2回くるりんぱしたり、2段階でくるりんぱしたりそこからアレンジの幅が広がっていきます。

また、三つ編みを作ることができる人は多いと思いますが、意外とできないのが編み込みではないでしょうか。編み込みができるようになるとアレンジの幅が広がります。自分の髪や知り合いの髪を借りて編み込みができるように練習してみてくださいね。

ヘアスタイルのアップスタイルのやり方はアレンジ次第で活躍もできる

アップスタイルにすると、普段だけでなく結婚式のゲストで出席するときなどいろいろな場面で活躍することができます。自分でできるアップスタイルを練習しましょう。

アップスタイルと言えばポニーテール

ポニーテールは髪を高い位置で結ぶだけなので簡単にアップスタイルを作ることができると思います。ですが、このときに髪が解けないようにガッチリきれいな面を作って縛ってしまうとおしゃれなヘアスタイルにはなりません。

おしゃれなポニーテールのコツ

後れ毛を少し残し、サイドも少し残し、全体的に緩めに縛ってふんわり感を出すことが大切です。きちっと感を出すのではなく、少しルーズな感じを出すとおしゃれなポニーテールになりますよ。

結婚式にも出席できる簡単アップヘアスタイル

  1. サイドの髪の下の部分を残し後ろで結びクルリンパをします。
  2. 残った髪を全部持ちねじりながら、うなじの部分でお団子にします。
  3. トップや、クルリンパした部分、お団子の部分から、程よく毛束を引っ張り緩い感じにしたら出来上がりです。

あまり引っ張りすぎるとゆるくなりすぎるので、程よく引っ張ることが大切ですよ。

オシャレなまとめアップスタイルのヘアスタイルのやり方を紹介

クルリンパと編込みや三つ編みを使えば、もっとおしゃれなアップスタイルを作ることができます。

編み込みを使ったアップスタイル

  1. サイドの髪の上の部分を後頭部のハチの下の部分で結びクルリンパをします。クルリンパしたら、程よく毛束を引っ張り緩めます。
  2. 残った髪と、結んで後ろに流れている髪すべてを使って編み込みをしていきます。毛先まで編んでください。
  3. 最後は三つ編みになっていると思いますが、その部分を持ってうなじの部分で丸めて団子にして止めます。

最後に、団子の部分や編込みの部分から、毛束を引っ張り緩めれば完成です。編み込みを入れることによっておしゃれになりますよ。

三つ編みを使ったアップスタイル

  1. 三つ編みをつかう場合も同じで、サイドの髪の上の部分を後頭部のハチの下の部分で結びクルリンパします。同じように毛束を引っ張り緩めます。
  2. 三つ編みを使う場合は、残った髪と結んで後ろに流れている髪を左右半分に分け、2本の三つ編みを作っていきます。
  3. 毛先まで編みゴムで結び、右の毛先を左の耳の後ろでピンで止めます。左の毛先も同じように右の耳の後ろでピンで止めます。
  4. 髪が長く三つ編みが長い場合は、うなじに三つ編みがくるように合わせてピンで止めるようにします。

毛先が見えているときれいに見えないので、毛先はくるりんぱした部分に隠すようにして、三つ編みから程よく毛束をひっぱり少し緩い感じに作れば完成です。

自分で簡単ふわふわなお団子アップヘアができればいつでも便利

ただ結ぶだけのポニーテールも三つ編みを使うことによっておしゃれなお団子に変身させることができます。少し手を加えるだけでイメージを変えることができるのでぜひ挑戦してみてくださいね。

三つ編みを使ったお団子

  1. まずは、頭の高い位置で髪をまとめポニーテールを作ります。
  2. 結んだ部分がピタッとなっているとかっちりした印象になってしまうので、程よく毛束を引っ張り緩い感じにします。
  3. 次にまとめた髪を三つ編みします。三つ編みもきっちり編んでしまうとカチッとした印象になってしまうので、毛束をひっぱり程よく緩くつくります。
  4. 最後まで編んだら毛先をゴムで止め、毛先を持ってポニーテールを結んだ部分に巻き付けます。毛先はお団子部分に隠れるようにしてくださいね。
  5. 巻いた髪の毛をピンで止めて、三つ編み部分の髪の毛束を程よく引っ張り緩めたら完成です。

襟足や、サイドの髪を少し残して作ると緩い感じになり更におしゃれな感じに仕上がりますよ。

オシャレで素敵なアップスタイルの華やかアレンジを楽しみましょう

アップスタイルをする方法には色々ありますが、まずは、クルリンパと編込みをマスターして、ただ結ぶだけのアレンジにプラスしてみてください。

少し違ったアレンジを加えるだけで華やかなヘアスタイルへ変幻自在

毛束を程よくひっぱったり、襟足やサイドの髪を残すことによって、緩いスタイルに作ることができおしゃれなヘアスタイルになりますが、結婚式などのかしこまった場に行くときには、あまりにゆるすぎるヘアスタイルは合わなくなるので場に合わせて、やりすぎないように気をつけましょう。

ヘアアレンジをあまりしない方は難しく感じることもあると思いますが、1つ1つの作り方は簡単です。自分にできるところから挑戦してみてくださいね。