【前髪アレンジ】伸ばし途中はセンターパート!巻き方のコツ

前髪を伸ばしている途中というのは、前髪の扱いが大変です。目の前にパラパラと落ちてくる前髪が邪魔になって、もう切っちゃおうと、いつも途中で挫折してしまうという方も少なくないと思います。
そこで、前髪を伸ばしたい女性におすすめなスタイルが、センターパートです。伸ばした前髪をセンターパートにしてアイロンで巻き、サイドに向かってきれいな毛流れを作りましょう。
アイロンを巻く時の注意点や、巻き方の手順をご紹介します。
また、アイロンを使わずにアレンジする方法も覚えておくと、いろいろとアレンジを楽しめます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ヘアスタイル【アップスタイルのやり方】基本やアレンジを紹介

ヘアスタイルをアップスタイルにしたいけど、やり方がわからなくて自分ではうまくできないという人もいるで...

頭の長い面長さん女子に似合う美人度アップの髪型とメイク術

写真を撮ると、頭が長い印象に見えてしまう面長さん。大人っぽくクールビューティーに見える反面、ちょ...

髪型【アップスタイル】 浴衣にあうスタイルの作り方やアレンジ

夏祭りデートや夏のイベントで浴衣を着る機会があったら、髪型も浴衣に合ったスタイルにしてみましょう。...

太ももの筋肉太りはマッサージで解消!正しいやり方を覚えよう

昔運動系の部活でハードなトレーニングをしていた人のほとんどが、太ももの筋肉太りで悩んでいることでしょ...

着物のヘアスタイルで前髪はどうしたらいい?おすすめな前髪

着物のときのヘアスタイルで困ってしまうのが前髪ですよね。後ろ髪をまとめることはできても、前髪はどのよ...

ヘアセットでアップを上品に!お呼ばれでも簡単大人スタイル

大人向けのヘアセットではアップスタイルを上品に見せるのがポイントです。清楚で上品さを叶えたアップ...

ツーブロ女子は女性ウケが抜群!ロングのアレンジ方法を紹介

ロングの女子がツーブロに挑戦したいならこの場所がおすすめです。髪型を変えたいけれど、ショートやボブが...

リングで指が青くなる原因と対処法!指輪を綺麗にする方法を解説

リングを指につけて外したとき、指が青くなることに頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。...

肌が白すぎる男性は魅力が下がる?白くても清潔ならモテる

肌が白すぎる男性を女性はどのように見ているのでしょうか?確かに、健康的に焼けている体はかっこいいと思...

ボブのヘアアレンジをするならストレートアイロンがおすすめ

いつものストレートボブをヘアアレンジで変化させたい!そんな時はストレートアイロンがおすすめ。コテ...

こめかみの髪がはねる原因と悩みを改善する方法やおすすめを紹介

こめかみの髪の毛だけがいつもはねる。はねないように気をつけてブローしているのにどうしてもその髪だけが...

雑誌のおまけについてくるコスメグッズについて知りたい

一昔前は、雑誌におまけが付いていることはほとんどありませんでした。しかし、今では数多くの雑誌でお...

お呼ばれの髪型は前髪なしでもオシャレに簡単ヘアスタイルを紹介

結婚式などのお呼ばれでは髪型についても悩みます。例えば、前髪なしでも可愛いオシャレなお呼ばれスタ...

簡単ヘアアレンジ【ミディアム】浴衣に似合う簡単アレンジ

花火大会や、お祭りなど夏になると浴衣を着る機会が増えてきます。そこで悩むのが髪型はどんな風にアレンジ...

ショートカットのヘアアレンジはコテを使えば簡単可愛く変身

ショートカットのヘアアレンジはコテを使って簡単に印象を変えることができます。なので、ショートカッ...

スポンサーリンク

センターパートの前髪の巻き方は外巻きがおすすめ

伸ばしかけの前髪は、おろしておくには長すぎるし留めるにも中途半端、どうしたらいいのかなかなか方向性も付けづらいものです。

伸ばしかけの前髪にはセンターパートがおすすめ

これは前髪を真ん中で分けて両側に流す髪形です。

ただ、両側に流すのではなく、少しテクニックを使ってかわいらしい前髪を目指しましょう!

どうやるのかと言いますと、コテを使って外巻きに巻きます。
巻くと言うとちょっと難しく聞こえますが、前髪はくるくると巻くというよりも、挟んで滑らせて流す、というイメージでやるととっても簡単に前髪を作ることができます。

外巻きというのは、髪をコテで挟んだら後ろに向かって巻く巻き方です。
こちらを使って前髪をアレンジします。
髪を外巻きに巻くときはクリップを握ったら動く部分を前に向けて挟んで巻きます。

コテの温度は高い程良いように思ってしまいますが、低温でも十分に髪を巻くことはできます。
髪が傷んでしまわないためにも低温で巻きましょう!

センターパートの前髪にきれいな毛流れを作る巻き方

きれいな仕上がりにするには、前髪をジグザグにセンターパートで分けてからら、前髪の毛束を持って挟みます。

挟み始める位置は毛先ではなく、髪の真ん中からです。
中心から熱を入れる事で綺麗に外巻きになります。
毛先から挟んでしまうと、毛先だけがやたらとクルンと巻いてしまいますので、中心から挟みます。

中心を挟んだら、コテをそのまま滑らせるようにスライドさせます。
巻くというよりはスライドさせることでナチュラルな毛流れにすることができます。
反対側も同じように滑らせるように巻くことで外巻きの大人っぽい前髪になります。

コテのクリップ部分の挟む力が強い場合には小刻みに開閉を繰り返してスライドさせます。

そうすることで、外側に向かってキレイな毛流れを作ることができます。

髪にコテを当てるときには、挟み方には注意しましょう。
コテを回す方向を間違えてしまうと内巻きになってしまったりします。
十分確認してから挟んでくださいね!また、コテは高温になりますのでおでこにコテが当たらないように十分気を付けてください。

伸ばしかけ前髪をアイロンでくるりとさせる巻き方

伸ばしている前髪がまだそこまで長くはないけれど、おろしておくにはちょっと長くて目に入ってしまうという時には、コテで前髪を平巻きにしてくるっと内側に入れてしまいましょう。

平巻きというのは、毛束をを床と平行に取ってコテの向きも床と平行にして巻く巻き方です。

この場合は、前髪を平行に取って顔の方にクルンと巻くという方法です。

こちらも前髪の中間部分から熱を入れますが、熱を入れる時間が長くなればなるほど髪がクルン!となってしまいますので、先ほどの外巻きのやり方と同じように、滑らせる方法で熱を加えます。

適切な時間で適切な熱を入れると髪の毛はつやが出ます。
ですが、熱を加えすぎると髪の毛が傷んでしまい、チリチリになってしまう可能性もありますので、最初のうちは1度で決めてしまおうとせずに少しずつ熱を加えるつもりで2~3回程度に分けて巻くと良いかもしれません。

前髪を巻くときはがっちりと巻くというよりも、ふんわりとクセ付け程度に巻くというくらいで巻いてみてくださいね!

センターパートの前髪にパーマでナチュラルな大人っぽさ

毎朝前髪をコテで巻くのは大変だという時には、美容室へ行ってパーマをかけるのも一つの手です。

前髪だけにパーマをかける事もできますし、全体にかけてみても良いですね。

パーマをかけると、毎朝のスタイリングもとても楽になりますし、全体のバランスを取るのもとっても楽になります。

今流行のふんわりとした雰囲気のパーマなら、ショートでもミディアムでも、もちろんロングヘアでもどんな長さでも似合いますので、伸ばしかけの前髪に一緒にかけるにはもってこいです。

ふんわりとしたパーマなら全体の雰囲気も優しくなり、ヘアアレンジをしたい時にも巻かずに雰囲気が出ますのでとても便利です。

なによりも毎朝コテで巻き続けるよりも、一度パーマでくせ付けをしてしまった方が髪にかかる負担も違います。

試しにコテで巻いてみて気に入ったなら美容室でパーマをかけるのも良いでしょう。

伸ばしかけ前髪に挫折しそうな時のアレンジ方法

伸ばしかけの邪魔な前髪をなんとか切らずに伸ばし続けるためには、自分が前髪を邪魔だと感じないようにすることが一番重要になります。コテで巻くのに飽きたという時にはぜひヘアアレンジで対処してみてください!

ポニーテールで髪をまとめる時には、前髪をオールバックにして一緒にあげてしまうのはいかがでしょうか。
ポニーテールができるほど後ろの髪が長くない方はハーフアップで前髪を上げるのもとってもかわいいですよ。
ショートヘアだったり、オールバックで前髪をまとめられるほど前髪の長さが無い場合には前髪のみをポンパドールにしてみるのもおしゃれです。

時間の無い朝や、不器用でなかなか高度なヘアアレンジは無理かもという方には、ヘアピンでアレンジする方法があります。

前髪をねじって留める方法や、伸ばしかけの前髪を編み込んで留める方法、先ほどのポンパドールもピン一つで伸ばしかけ前髪からのストレスを軽減する事の出来るアレンジです。

留める時のピンも一本で留めるのではなく、何本か使ってみてもかわいいですし、黒いアメピンだけではなく、飾りが付いている物やゴールドのピンなど、変わったピンを使う事で印象もぐっと変わります。

その日の気分や服装、お出かけする場所などによって変化を付けるのも楽しいですよ。前髪の伸ばしかけ期を様々なアイディアで乗り切って、キレイな長い前髪を手に入れましょう!