スクワットを毎日30回続ける!毎日続くコツとスクワットの効果

スクワットを毎日30回続ける。
簡単そうに思えるけど、いざ開始してみると一日で終了してしまったり、5日でギブアップしてしまうなど、できそうでできないのがこの『30日間チャレンジ』なんですよね。

続けるコツは
・パートナーや仲間を見つける
・記録する
・頑張る
・気合だけを入れすぎない
・一日5回でもいいから続ける
だと思います!

正しい方法で、効果の得られるスクワットを30日間続けてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジムの入会タイミングはいつがいい?おすすめなタイミング

ジムに入会するタイミングで一番オトクなのはいつなのでしょうか?いつもキャンペーンをしているような気も...

夜中にお菓子を食べ過ぎても次の日の行動次第では太りません

ダメだとわかっていながら、ついついやってしまう夜中のお菓子の食べ過ぎ。そして次の日は必ず後悔してしま...

相撲界にモンゴル人が多いのはなぜなのか、その理由について解説

テレビ中継で相撲を見ていると、モンゴル人が多いことに気づく人も多いでしょう。しかし、なぜ多く...

ボウリングのボールのメンテナンス!日頃のお手入れとオイル抜き

ボウリングのボールは、メンテナンスをするかしないかでスコアに差が出るって知っていますか?投球直後...

水泳選手の練習メニューは目標設定が大切!やる気を引き出そう

水泳選手のメニュー作りに頭を悩ませていませんか?特に小学生の場合は、飽きずに練習に取り組めるよう...

体力が衰えるのはいつから?筋肉はいくつになっても鍛えられる

「最近若い頃のようにはできなくなった」というお悩みを抱えている人もいますよね。人間の体力が衰え始める...

ジョギングと筋トレを交互に行って効果的に痩せるダイエット方法

「ジョギングと筋トレを交互に行うとダイエット効果がアップする」という話を聞いたことはありませんか?ジ...

ガリガリだからジムに行きづらい…しかし気にする必要はなし

ガリガリをどうにかしたいけれど、そもそもジムに行きづらい…そんな人こそジムがオススメです。ジ...

相撲の土俵に女性が上がれない理由!いろいろな説と協会の見解

相撲の土俵に女性が上がれないのは、伝統やしきたりが理由?今までの疑問がさらに、大きく問題として浮上し...

スキーの時はゲレンデにバッグを持参すると便利!選び方のコツ

子連れでスキーに行くときはゲレンデにバッグを持っていくと便利です。ですが、バッグを持ってゲレ...

ダンスが下手な理由はみんな違う!その理由を知って上手くなる

格好良くダンスを踊りたいのに、何か変・・・。ダンスを習っているのにいつまで経っても上手くならない・・...

ノーマルタイヤ+チェーン装備で雪道を走行してもいいが慎重に!

雪道に適したタイヤといえばスタッドレスタイヤですが、ノーマルタイヤしかない場合はチェーンがすぐに思い...

筋肉と脂肪の重さの違いとは?ポッチャリから脱出しよう

筋肉をつけると体重が増える?脂肪と筋肉の重さの違いはどのくらいなのでしょうか?体重が増えるの...

卓球が強くなるサーブ!下回転のかけ方のコツと練習方法を解説

卓球初心者の人は、なかなか下回転のサーブを上手に打つことができないこともあります。下回転のサーブを打...

相撲の観戦のマナーを確認。座席の種類と席によって違うマナー

テレビでの相撲観戦も楽しいですが、機会があったら会場での生観戦も臨場感を味わうことが出来ておすすめで...

スポンサーリンク

スクワットを毎日30回!できるようで続けられない『毎日』スクワット

何も道具がいない状態で、体をシェイプアップさせていきたい。スクワットを毎日30回こなしてみるなんていかがですか?

友達や配偶者とやってみると、継続してすることができます

結婚している方であれば、旦那さん、奥さんにスクワットの回数を数えて貰う、または、始めから30回にしないで、始めはできる回数から始めて、段々と回数をこなしていくのも継続してトレーニングしていくには、必要かと思います。

プロの選手も始めから全てをこなせていた訳ではありません。始めは、誰でも初心者ですから、例えば、初めは5回こなし、それからもう少しこなしていくなど、段階を上げていけば良いと思います。

旦那さんなどと一緒にやっていくなどしたら、より継続して、スクワットを毎日こなしていけると思います。

スクワットを毎日30回続けよう

スクワットを毎日30回することに挑戦していく。私にできるかな?不安だと思いますが、スクワットを毎日30回続けていくのに、上手なコツを紹介していきます。

●お休みを入れる

毎日スクワットを30回していたら、筋肉痛を起こしてしまいます。3日に1日の割合で、筋肉を休ませる時間も作ってあげます。少しは気が楽になりましたか?

初めは苦しいと思うかもしれませんが、慣れてきたら、そうでもなくなります。初めが肝心。ギブアップせずに、お休みの日もいれて、継続してスクワットをしていきましょう。

スクワットを毎日30回続けると得られるかもしれない効果

スクワットをしている映像をテレビやyoutubeでみていると、「やっぱりスクワットで体が引き締まるんだろうな」というイメージが簡単に浮かびますよね。

確かに、スクワットを毎日30回続けていると、得られるであろう、効果というものがあります。

どんなものかというと

自分の体でどこが弱いのかをチェックすることができる

やってみると、「私のこの体の部分が弱い」「体が固くなってきている」色々とあなたの体についてわかってくることもあると思います。ただ、続けていると、そんな弱い部分が強くなっていくのも、実感することができると思います。

●自信がつくようになった

スクワットに限らず、継続は力なりなんだと思います。「今日はこれだけ達成できた。明日はこれだけ頑張ろう」など、目に見える形で、あなたの目標が達成できるようになります。「自分はできない人間なのではなく、できる人間なんだ」と自信がついてくると思います。スクワットに興味があるのであれば、その分野で自信をつけていくのも、あなたの精神面が鍛えられてくると思います。

正しいスクワットで30回を目指す

これからスクワットをして、体をシェイプアップさせようと思っている方。間違った方法でスクワットをしないようにして下さい。

どの運動に対しても同じことが言えますが、間違った方法で運動をしてしまうと、返って、体を壊してしまいます。

●体が前かがみになる(膝がつま先より前に出ている)

膝がつま先より前に出ている状態だと、そのまま、転倒してしまいます。また、間違った姿勢でスクワットをしているので、スクワットで得られるだろう、引き締めの効果が薄いものになってしまいます。膝とつま先は、揃うようにしゃがみます。

●背中が曲がってしまっている

スクワットを深くした時に、背中がまっすぐな状態なのではなく、曲がってしまっている、U字のようになってしまうと、体に負担がかかります。背中が曲がらないようにスクワットをしていきます。

●左右の脚が対象ではない

どちらかの脚に体重がかかりすぎている状態です。バランスがとれていないので、怪我をすることもあります。

スクワットはカロリー消費を目的としない

スクワットを毎日30回をすることを目標としていると、ダイエット効果が得られる、カロリー消費ができるようなイメージを持つと思います。

ですが、それは、誤解になります。

スクワットを10回、5セットやった所で、カロリー消費はたった25Kcal

予想以上に「少ない」と感じていると思います。そうです。スクワットはカロリー消費を目的としている訳ではなく、太ももの筋肉を鍛えることを目的としています。

お尻を引き締めるなど、筋肉を引き締める効果は期待できますが、カロリー消費という目的では、スクワットは対象外になってくると思います。

その点も考慮しながら、これからスクワットを毎日30回挑戦していくと良いと思います。

年齢を積み重ねていくと、筋肉も衰えてきます。何か運動でも始めようかな。スクワットに挑戦して見る。良い挑戦だと思います。人生のどのステージにいても、何か新しいことに取り込む姿は周りにも良い影響を与えてくれると思います。ただ、正しい方法でスクワットをし、また、あくまでも筋肉を強化することであり、カロリー消費は期待できないことも視野に入れながら、これから挑戦していって欲しいと思います。