ハムスターの回し車を手作りするには?安全性を重視しよう

ハムスターの回し車を手作りできれば、市販品よりも安く手に入るのは確かです。
100均グッズなどを利用して手作りする方法もありますので、ぜひ参考にして手作りしてみてはいかがでしょうか。
ただ回し車を手作りする場合は注意が必要です。
それは、ハムスターの高速回転に耐えられる物を作らなければならないからです。
ハムスターの安全性を第一に考えて回し車を選びましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

捨て猫の子猫にミルクを与える時の方法!体温確保が大切です

捨て猫を保護した時、子猫にミルク与える場合はどうしたら良いのかわからないこともありますよね。捨て猫を...

ハムスターの小屋を手作りするときの注意点やポイントを紹介

ハムスターの小屋を手作りするのは、身近なアイテムを使って工夫次第で簡単に作れます。これからハムスター...

グッピーの稚魚の大きさと成長速度・与える餌や頻度について解説

グッピーの繁殖に挑戦しようと思っている人の中には、稚魚の大きさが一体どのくらいなのか知りたい人もいる...

うさぎは雑草を食べる?うさぎに与えても良い食べ物と悪い食べ物

うさぎは雑草を食べることができるか気になる飼い主さんもいますよね。自然に育っているものだからうさぎに...

子猫が2ヶ月ならケージに入れて飼ったほうがいいワケと飼い方

生後2ヶ月のよちよちの子猫はケージに入れて飼うことをオススメします。猫は自由に遊ばせたほうが...

ネオンテトラの繁殖時期とは?健康的なオスメスを見分けよう

ネオンテトラを増やしたい場合、まずは繁殖時期を見極めることが必要です。ではネオンテトラの繁殖...

子犬を3ヶ月から留守番させるための上手なしつけのコツとは

子犬は3ヶ月くらいから留守番のしつけを始めることも大切です。では、そのためにはどんなしつけを...

ハムスターが砂場を掘る理由と対策!過ごしやすい環境を作ろう

ハムスターが砂場を無我夢中で掘る姿をみると、何か問題があるのか、飼育環境に問題はないのかと心配になっ...

猫の捕獲器は自作可能!材料や作り方、設置方法などを解説

猫の捕獲する際に便利な捕獲器は自作することができます。材料も100均を使えば費用を抑えることがで...

ハムスターのトイレを手作り!向いている素材や作り方について

ハムスターはトイレの場所を覚えることができる動物だって知っていますか?ハムスターを飼育する際には、ぜ...

ハムスターが喧嘩で怪我したときの対処法とさせないためのコツ

ハムスターは複数のハムスターを同じケージで飼うことで激しい喧嘩になり、気がつけば怪我をしていることが...

犬用バリカンと人間用とでは違うの?バリカンの選び方と使い方

犬に人間用のバリカンは使ってはいけないの?という疑問。バリカンを使えば自宅でも簡単にカットするこ...

金魚の産卵床を自作するには?人工物を使った産卵床アイデア

金魚の産卵床は自作することが可能です。わざわざ水草を用意しなくても、身の回りの物で自作した産卵床...

メダカが孵化する直前までの卵の扱い方や孵すポイント

メダカの卵は孵化する直前まで気を抜けないですよね。では、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?...

ミナミヌマエビの水槽の水温は何度が適温?夏はとくに注意が必要

ミナミヌマエビを飼育するときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?とくに注意が必要なのが夏の...

スポンサーリンク

ハムスターの回し車を手作りする場合に必要な材料

ハムスターのサイズに合わせて用意しましょう。

ハムスターの回し車の材料

  • 円形のプラスチック密封容器
    直径200ミリ程で深さは50ミリ
    購入の際は入れるケージのサイズがやハムスターの大きさも考慮しましょう。
  • 針金ハンガー
    ビニールがかかっているハンガーが好ましいですが、無い場合はビニールテープなどを巻くとあけた穴が広がってしまうようなことも無く、使っている時の音の軽減にもなります。
  • 結束バンド
    ケージに固定し遊んでいる時のに動かないようにします。
  • 穴を空けるための道具、千枚通し

ハムスターの回し車を手作りする場合の方法

道具を準備したら作ってみましょう。

ハムスターの回し車の作り方

  1. プラスチック容器の底の部分に裏から中心部分を記入します。その中心部分に穴を空けますが一気にあけてしまうとプラスチックが割れてしまう場合があるのでゆっくり少しずつあけていきましょう。手が傷つかないよう軍手などを装着し注意しましょう。
  2. プラスチック容器のふたにも同じく中心に印をつけ穴を空けていきます。種類によりますが本体よりもふたのほうが柔らかい素材もあります。素材の違いにも注意しゆっくり穴をあけていきましょう。
  3. ふたの中心を残し底から十字部分も残し、4箇所切りハムスターの出入り口を作ります。大きさによっては3箇所でも良いですが支えの部分になるので支えになるくらいの本数は確保します。
  4. 本体の後ろから中を通ってふたの内側から外側に針金を通していきます。ぐらぐらしないように本体の後ろや前、ふたの後ろや前などポイントでねじり動かないようにしましょう。
  5. ケージの高さと広さを考え固定します。まわし始めると音が気になってきてしまう時は針金の遊びがある部分にフェルトなどのほつれが出ないものを入れると良いでしょう

ハムスターの回し車は手作りできるが、長い目でみれば市販の物がいいかも

ハムスターの回し車を使っていて

  • 安定感がなくなってきてしまう。
  • ハムスターが走った時に斜めになってしまう。
  • 音が気になる。
  • まわりすぎてしまってハムスターが一緒に回ってしまう。
  • ハムスターのタイミングで降りられない。

など、不安な状況が出てきてしまったら。

市販品を購入してみるのも良いでしょう。
ハムスターのサイズにあったものや、ブレーキ機能がついているものなど色々特性にあわせたものがあり安心して遊ぶことができます。

ハムスターの回し車は安全性を重視しよう

ハムスターは急に発進し、高速で走り、急にとまるというハムスターならではの行動をします。高速で走っていたかと思ったら急にとまって、回し車が追いつかずそのままハムスターも一緒に回ってしまうという行動を多く目にします。

輪の外側が重く、スピードが速いほど勢いがついていつまでもまわってしまいます。そのときハムスターはまわっていることに気づかす回し車からおり飛ばされてしまうことがあります。

走りやすい上に空回りしないハムスターにとって安全な回し車とはどんなものなのでしょうか?

ベアリングを使って回りやすくなっているが、回りすぎた時にブレーキがきくタイプの回し車がありまたハムスターによってサイズが選べるほどの種類もある

ベアリングとは負荷をかけながら回転させるための部品で回転時のものの摩擦の軽減や摩擦による音の軽減させる部品で2018年頃はやったボールタイプのベアリングを使い指で挟み手の中で回転させながら遊ぶおもちゃに使われています。

ベアリングで回転軸への負担を軽減させ回転軸へ油を使う等の工夫で音の軽減を考えられたものもあります。

高速で安全に走るには大きな車の直径と車の外周の軽さが重要と考えられます。

  • 直径が大きいと小さい車よりはゆっくりまわるので中のハムスターの走る速さも早くはならないでしょう。
  • 車の外周がハムスターと同じ位の軽さであれば輪だけが回ってしまうことは無いでしょう。
    この点を考えハムスターに合ったものを安全に設置しましょう。

回し車以外でハムスターが遊べるアイテムを手作りする方法

ハムスターの簡単手作りおもちゃ

ハムスターダンボール迷路

ハムスターが狭い空間でくつろいでいるところをよく見かけます。多頭飼いしているところだとみんなで集合し固まってひしめき合っている光景をよくみます。そんな狭い空間を好むという習性をいかし迷路を作ってみましょう。
ダンボールをハムスターが通れる位の筒状にするための大きさにきります。硬いダンボールをなじませ筒状にします。そのまままっすぐの状態も良いですが、分かれ目をつけたり煙突をつけたりして楽しい空間を作ってあげましょう。穴を掘る習性もあるハムスターなので穴を掘った時に接着としてつかったテープなどにハムスターが引っかからないよう気をつけて接着しましょう。

ペットボトルアトラクション

ペットボトルを筒状にしてケージにくくりつけます。縦につけ高さがあるあそび道具にしても良し、下のほうに横にしてつけ所々に穴を空け色々な場所から出入りできるようにしても楽しいでしょう。ペットボトルの切り口で手を切らないよう、またハムスターにも安全を考慮し切り口をテープで保護するようにしましょう。

手作りする際は遊んでいるうちに破損し飲み込んでしまうことのないようホッチキスなどは使わないようにしましょう。

怪我防止のため設置するときの針金の取り扱いにも注意しましょう。