ハムスターが掃除で怒る時の対処法と怒らせない掃除の仕方や頻度

ハムスターが掃除で怒るので困っているという話は実は多いのです。飼い主としては汚れているケージを綺麗にしてあげたいだけですが、それに対して怒ってしまうハムスターは少なくありません。それは、ハムスターの特性が理由になっています。

そこで、ハムスターが掃除で怒る時の対処法について、怒る理由やハムスターを怒らせない対処法、ハムスターに合わせた掃除の仕方やケージの掃除の頻度などお伝えしていきましょう。

これを読めば、ハムスターの飼育をはじめたばかりの人でもハムスターの気持ちがわかるので、それに合わせた掃除の仕方や対処ができるようになります。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

うさぎのハーネスの簡単な作り方!かわいい服を着せてみたい

うさぎをお散歩させる時に必要なハーネスですが、自分で作った可愛いハーネスを付けてみたいと考える方もい...

捨て猫の子猫にミルクを与える時の方法!体温確保が大切です

捨て猫を保護した時、子猫にミルク与える場合はどうしたら良いのかわからないこともありますよね。捨て猫を...

文鳥のオス・メスはわかりにくい!見分けるポイントと注意点とは

文鳥にはオスとメスがいますが、その見分け方は難しいといいます。なのでヒナのうちは文鳥の見た目...

猫の捕獲器は自作可能!材料や作り方、設置方法などを解説

猫の捕獲する際に便利な捕獲器は自作することができます。材料も100均を使えば費用を抑えることがで...

水槽リセット時期と手順・注意点・水換え頻度と立ち上げについて

水槽のリセットを行う時期がいつが良いのか、アクアリウム初心者の方はわからないこともありますよね。熱帯...

グッピーの赤ちゃんの成長と育て方・餌・成長速度について解説

グッピーの赤ちゃんを繁殖させて育てたいと考えている人もいますよね!グッピーの赤ちゃんは一体どのように...

セキセイインコのおしゃべり練習は愛情を持って話かけるのがコツ

セキセイインコのおしゃべりの練習はどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?セキセイインコを飼い始め...

メダカの飼育を屋内でするなら最適な季節や育て方の注意点とは

メダカの飼育は屋外でも屋内でもできますが、屋内でするなら季節もポイントになるようです。では、...

ハムスターが喧嘩で怪我したときの対処法とさせないためのコツ

ハムスターは複数のハムスターを同じケージで飼うことで激しい喧嘩になり、気がつけば怪我をしていることが...

猫が肉球に汗かく理由は?肉球で猫の状態がわかる!肉球の役割

猫が肉球に汗かくことをご存知でしょうか。猫の肉球を触ったときに汗で湿っていたことはありませんか?猫の...

野良猫が捕獲器に入らない時は?一回目が勝負!餌を工夫しよう

野良猫を安全に捕獲するために必要な捕獲器ですが、警戒心が強い野良猫はなかなか入らないことの方が多いで...

ヒョウモントカゲモドキの脱皮について。飼い主が手伝う時には

ヒョウモントカゲモドキの脱皮はだいたい月に2度ほどおこなわれます。脱皮が上手にできない時には...

ミナミヌマエビの水槽の水温は何度が適温?夏はとくに注意が必要

ミナミヌマエビを飼育するときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?とくに注意が必要なのが夏の...

犬用バリカンと人間用とでは違うの?バリカンの選び方と使い方

犬に人間用のバリカンは使ってはいけないの?という疑問。バリカンを使えば自宅でも簡単にカットするこ...

ハムスターの回し車を手作りするには?安全性を重視しよう

ハムスターの回し車を手作りできれば、市販品よりも安く手に入るのは確かです。100均グッズなどを利...

スポンサーリンク

ハムスターがケージを掃除すると怒る理由

飼っているハムスターのゲージが汚れていると飼い主は綺麗な環境にしてあげたいと掃除をしますね。
しかし、掃除をされると怒るハムスターが多く、中には噛んでくる子もいます。
せっかくの飼い主の気持ちも噛まれてしまうようでは悲しいですね。
このように飼い主ならではの愛情も、ハムスターにとってあまり良くないこともあります。
ハムスター飼う時はハムスター特性を理解し、特性に合せたり、配慮した方法で飼育していきたいものですね。

ハムスターがゲージを掃除すると怒る理由

ハムスターは縄張りが強い動物です。
そのため掃除は自分の縄張りを荒らされていると思ってしまうのです。

飼い主に慣れていたり、飼育している期間が長いといったことは関係なく噛む子は噛みます。
ハムスターの生態であるため仕方がないことなのです。

このような生態があるからといっても飼育下である以上、散らかったゲージを衛生的にも放置することはできないですよね。

そんな時の掃除の仕方や、怒るハムスターの対処法などを勉強していくと上手く対応することができるでしょう。

ケージの掃除で怒るハムスターへの対処法

ハムスターは縄張りが強い動物ですので掃除をすると怒り噛んだりします。
なるべく、怒らせないように掃除をしていくための方法があります。

掃除は仕事から帰宅し一息ついた夜や、休日の昼間、空いた時間など飼い主さんのタイミングでやることが多いと思います。
飼い主さんのタイミングに合わせるのではなく、ハムスターの夜行性という生態に合せて行うようにしてください。
夜行性のハムスターは日中寝ています。
寝ているところを起こされると縄張りを荒らされているという感覚になりハムスターは怒ります。

ハムスターは日中寝て、夕方に活動し始めますので、それに合せ夕方~夜にかけて掃除を行ってあげると、難なく掃除をすることができます。

掃除は飼い主のタイミングに合わせるのではなく、ハムスターのタイミングに合わせて行うようにすることが、ゲージの掃除で怒るハムスターへの対処法です。

掃除をすると怒るハムスターには上手に合わせてあげましょう

掃除をするとハムスターが怒る、それは「ハムスターが縄張り意識が強い動物だから」と説明しましたが、その他にも理由があります。

掃除をしてもしてもすぐゲージ内が汚れていると飼い主さんの手間も大変ですよね。
それにハムスターはトイレの位置を覚えてそこでしかトイレをしないというのを聞いたことがありませんか。
なにの尿や糞をトイレでするのはもちろんですがゲージ内どこでもした形跡があると飼い主さんもうんざりですね。

それでは、なぜハムスターがどこでも排泄をしてしまうのか理解しておきましょう。

ハムスターはトイレを覚え尿はトイレでしますが、その他にある尿は全てマーキングになります。
これは犬や猫などもしますよね。
自分の匂いをつけて安心するためにマーキングはハムスターにとっては尿ではありません。

なので、ゲージ内全て綺麗に掃除をしてしまうと、ハムスターは自分の匂いをつけようとまたマーキングを繰り返します。

掃除をする時は全て綺麗に取り除くのではなくハムスターの匂いがついているものを少し残してあげてください。

そうするとマーキングをしなくなります。

もしマーキングが多いと感じた時は、それはゲージ内を掃除しすぎということになります。
ハムスターの生態に上手に合せてあ掃除を行ってあげましょう。

ハムスターのケージの掃除の頻度とは

ハムスターのゲージの掃除の頻度

  • トイレ
    毎日行いましょう。
  • 腐りやすい餌
    腐りやすい餌をご飯やおやつにあげたら次の日に貯蔵されていないか必ず確認しましょう。
    特に夏の暑い時期は腐敗しやすく衛生面でもあまり良くありません。
    残っていれば取り除き、つゆなどが漏れていないか確認し、漏れているようであれば掃除をします。

  • ハムスターは安心するために様々な場所に糞をします。
    単独で落ちていたり寝床の出入り口にある糞をは取り除いてあげましょう。
    食料と一緒にあるものや寝床にある糞はハムスターにとって大切なもの(安全な場所という証のため)ですのでゲージ全体を掃除する時に取り除いてあげましょう。
  • ゲージそのもの
    週に1度程度掃除を行ってください。
    その際に餌箱や水に容器も一緒に洗ってあげると良いでしょう。
    ゲージを綺麗に掃除しすぎるとマーキングを繰り返すので、ハムスターの匂いを少しだけ残してあげてくださいね。

ハムスターためには掃除は綺麗にしすぎないこと

ハムスターのために掃除は綺麗にしすぎないように注意してください。

ハムスターはトイレの場所を覚え一箇所でしかトイレをしません。
しかし、気がついたらゲージ内色々なところにおしっこをしている形跡があることがあります。

それは、ハムスターにとって尿ではありません。
マーキングなのです。
マーキングで自分の匂いを様々な場所につけることで安心材料になるのです。

飼い主さんがゲージを掃除をするたびに綺麗にしすぎてしまうとハムスターのマーキングは繰り返し行われてしまいます。

せっかく掃除をしたのに繰り返されると飼い主さんもうんざりです。

なので、掃除をする際はハムスターの匂いを少し残すよう心がけてください。

そうするとマーキングする回数も減り、ハムスターにとっても飼い主にとってもストレスがなくなります。

ハムスターを飼う時はこのようなハムスターの生態を理解して、ハムスターにとって住みやすい環境に、そして飼い主もハムスターを飼育しやすい環境をそれぞれ作り出すことができますよ。