うさぎは名前を覚える!名前を覚えさせる方法とうさぎのしつけ方

犬や猫は自分の名前を覚えることが多いですよね!名前を呼ぶと返事をする子もいます。あまり知られていないかもしれませんが、実はうさぎも自分の名前を覚えることができるんですよ!

うさぎを飼っている飼い主さんや、これから飼おうと思っている人は、うさぎに名前を覚えさせるコツをチェックして、うさぎに名前を覚えてもらいましょう。

今回はうさぎに名前を覚えさせる方法と、うさぎのしつけを行うときのポイントについてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハムスターが喧嘩で怪我したときの対処法とさせないためのコツ

ハムスターは複数のハムスターを同じケージで飼うことで激しい喧嘩になり、気がつけば怪我をしていることが...

ハムスターが砂場を掘る理由と対策!過ごしやすい環境を作ろう

ハムスターが砂場を無我夢中で掘る姿をみると、何か問題があるのか、飼育環境に問題はないのかと心配になっ...

チンチラのケージの掃除方法。掃除で気を付けること

チンチラは頭もよく、人間にも懐きやすい動物です。これからチンチラを飼いたいという方は、チンチラの...

捨て猫の子猫にミルクを与える時の方法!体温確保が大切です

捨て猫を保護した時、子猫にミルク与える場合はどうしたら良いのかわからないこともありますよね。捨て猫を...

グッピーの稚魚の大きさと成長速度・与える餌や頻度について解説

グッピーの繁殖に挑戦しようと思っている人の中には、稚魚の大きさが一体どのくらいなのか知りたい人もいる...

グッピーの赤ちゃんの成長と育て方・餌・成長速度について解説

グッピーの赤ちゃんを繁殖させて育てたいと考えている人もいますよね!グッピーの赤ちゃんは一体どのように...

文鳥のオス・メスはわかりにくい!見分けるポイントと注意点とは

文鳥にはオスとメスがいますが、その見分け方は難しいといいます。なのでヒナのうちは文鳥の見た目...

ミナミヌマエビの水槽の水温は何度が適温?夏はとくに注意が必要

ミナミヌマエビを飼育するときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?とくに注意が必要なのが夏の...

うさぎがタオルをかじる時にはどう対処?噛み癖のしつけ方法

ペットのうさぎには、ケージの中にあるお気に入りのタオルをかじるといううさぎもいます。あまりに噛む...

うさぎのハーネスの簡単な作り方!かわいい服を着せてみたい

うさぎをお散歩させる時に必要なハーネスですが、自分で作った可愛いハーネスを付けてみたいと考える方もい...

子犬を3ヶ月から留守番させるための上手なしつけのコツとは

子犬は3ヶ月くらいから留守番のしつけを始めることも大切です。では、そのためにはどんなしつけを...

ハムスターのトイレを手作り!向いている素材や作り方について

ハムスターはトイレの場所を覚えることができる動物だって知っていますか?ハムスターを飼育する際には、ぜ...

水槽リセット時期と手順・注意点・水換え頻度と立ち上げについて

水槽のリセットを行う時期がいつが良いのか、アクアリウム初心者の方はわからないこともありますよね。熱帯...

うさぎは雑草を食べる?うさぎに与えても良い食べ物と悪い食べ物

うさぎは雑草を食べることができるか気になる飼い主さんもいますよね。自然に育っているものだからうさぎに...

ヒョウモントカゲモドキの脱皮について。飼い主が手伝う時には

ヒョウモントカゲモドキの脱皮はだいたい月に2度ほどおこなわれます。脱皮が上手にできない時には...

スポンサーリンク

うさぎは名前を覚えるの?

うさぎは学習能力が高く、とても賢い動物と言われています。

そのため名前を呼んだら、飼い主の元へ来るようにしつけることも可能です。

ですが、犬と違い名前を呼ばれたから来るというよりは、「名前を呼ばれて飼い主さんの元に行ったら良いことがある」と認識しますので、しつけの仕方によっては、名前を呼んでも来ない場合があります。

また、うさぎに名前を覚えさせると、普段のコミュニケーションを取りやすくなる他、爪きりなどの体のケアもしやすくなります。

しかし、名前を呼んだら飼い主の元へ来させるようにするためには、うさぎとの信頼関係が築かれていることが前提です。

そのため、うさぎとの信頼関係が築かれていないまま、名前を覚えさせようとしても、中々覚えてくれません。

まずは、うさぎにあなたのことを信用してもらうことから始めるようにしましょう。

うさぎは名前を覚える!覚えさせるコツと覚えない理由

上記でも述べたように、しつけの方法次第では、うさぎに名前を覚えさせることは可能です。

うさぎに名前を覚えさせるコツと名前を覚えてくれない理由

うさぎに名前を覚えさせる方法

基本的には、他のペットと同じようにうさぎに喜んでもらうことが大切です。
おでこや背中などを撫でながら、名前を呼んであげると良いでしょう。

また、時にはうさぎが好きなおやつなど与えながら、名前を呼ぶのも効果的です。
ただ、おやつの与えすぎには注意してくださいね。

うさぎが名前を覚えてくれないのは

うさぎが名前を覚えてくれない理由は、何点かあります。

  1. 人によって名前の呼び方が違う。
  2. 大声で呼ぶなど、うさぎが恐怖と感じてしまう呼び方をしている。
  3. 怒るときに名前を呼ぶなど、うさぎにとって名前を呼ばれると嫌なことが起きると認識させてしまっている。

うさぎの名前を呼ぶときは、家族内でバラバラにならないように統一しましょう。
また、褒めるときに名前を呼ぶなど、うさぎにとって名前を呼ばれることは良いイメージと認識させることが大切です。

うさぎが自分の名前を覚えるように教える方法

うさぎに名前を覚えさせることは、飼い主さんとうさぎの仲を深める上でも大切なことです。

うさぎに名前を覚えてもらう方法は、さまざまな方法がありますが、より早く名前を覚えてもらうためには、「餌」や「おやつ」などの食べ物を使う方法がオススメです。

餌やおやつを使ってうさぎに名前を覚えさせる方法と注意点

  1. うさぎに与えている餌(ドライタイプのみ)やおやつを用意します。
  2. 用意した餌・おやつを缶など音が出る容器に入れます。
  3. 餌・おやつを入れた缶をうさぎの前で振ります。
  4. 缶から餌・おやつを出して与えます。
  5. 次は、うさぎの名前を呼んでから3~4の手順を繰り返します。

名前を呼んだときに反応を示すようであれば、餌・おやつを与えるようにし、示さなければ与えないようにしましょう。

餌やおやつを使って名前を覚えさせるしつけをする際の注意点

餌やおやつの過度な与えすぎは、うさぎの体にとっても良くないことです。

この方法は、餌やおやつを与えすぎることにも繋がりますので、1日に数回程度など回数を決めて行うようにしましょう。

また、うさぎが名前を覚えるようになったら、フードを使わずに、ある程度の距離をとって名前を呼んでみましょう。

うさぎが名前を覚えていたら、ご褒美がなくても近寄ってくるようになるでしょう。

うさぎのしつけをするためにも名前を覚えさせることが大切

うさぎに、トイレの仕方など、さまざまなしつけをする上で名前を覚えさせることはとても大切なことです。

うさぎは、自分の名前を覚えていないと、飼い主さんから話しかけられても自分のことではないと認識してしまい聞いてくれない場合があります。

例えばトイレを失敗した際、飼い主さんがうさぎに怒っていたとしても、うさぎは自分のことで怒られているわけではないと認識してしまい、また同じことを繰り返してしまうかもしれません。

こうしたことを防ぐためにも、うさぎに名前を覚えさせることはとても重要なことなのです。

また、褒める場合でも同じです。

うさぎが、正しい場所でトイレができた場合などのときは、頭を撫でたり、おやつを与えたりして存分に褒めてあげることも大切です。

うさぎのしつけをする時のポイントは?

うさぎをしつける際には、「うさぎに近い姿勢になること」「してほしい姿勢を真似して言葉をかけること」がポイントです。

猫も同じですが、ペットに何かを教える際には、ペットと同じ姿勢になることはとても大切なことです。

立ったまま、言葉だけで語りかけていても、飼い主さんの気持ちが伝わる可能性は低いでしょう。

また、うさぎはあまり目が良くないと言われています。
中には、立ったまましつけをされることに、恐怖を感じてしまい、しつけの途中にササッと逃げてしまうかもしれません。

そういった点からも、うさぎと同じ姿勢になり教えることは大切なのです。

また、しつけしたことをうさぎが正しくできた場合には、その場ですぐに、大げさなくらいに褒めてあげるようにしましょう。

褒めるときは、おやつなどを与えながら褒めると、うさぎに飼い主さんの気持ちが伝わりやすいかもしれませんね。