距離を置く意味【女性の場合】彼女と別れたくないときの対処法

距離を置くという意味は、女性と男性で違ってくるようです。

では、女性が距離を置くのはどんな意味があるのでしょうか?その効果とは?

また、彼女から距離を置きたいと言われたときはどうしたらいいのでしょう?別れたくないときの対処法とは?

そこで、女性が距離を置く意味とその効果や彼女と別れたくないときの対処法などについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

彼女の柔らかいお腹は魅力的?男性が好きな彼女の癒やされパーツ

彼女の柔らかいお腹を触るのが好きだという男性は多いってご存知ですか?女性にとってはぷにぷにした体のパ...

親友(異性)を好きになったみたい!そんな時の考え方と対処法

いつも一緒に遊んだり連絡をしたり仲の良い異性の親友。気がついたら「好き」になったみたい…?...

彼氏は興味ない?私に気がないときの行動やサインとは

なんだか最近、連絡が来ない、会っていない…。などあからさまなものから、ちょっとしたことまで「彼氏が私...

嫁がイライラする原因と対処法、関係が悪化する前に今すべきこと

嫁がいつも家でイライラするから帰りたくない・・・そんな悩みを抱えている男性は意外と多いものです。...

彼氏のチャラい噂。知ってしまった時に考えることとは

彼氏のチャラい噂を耳にしたら、動揺してしまいますよね?彼氏のどこに惹かれましたか?彼氏の...

車を運転中の彼氏と手をつなぐのはアリ?手をつなぎたい男性も!

彼氏とドライブデートをしている時、車を運転している彼氏が手をつなぎたがったり、自分も彼氏と手をつない...

婚約中なのに浮気?彼女の浮気の確認方法と婚約中に浮気するワケ

「結婚が決まって婚約をしているのに彼女の様子がなんだかおかしい、もしかして浮気してる?」こんな悩みを...

ハーフな男性は恋愛上手!?ハーフな彼の魅力的な部分とは

ハーフの男性と恋愛をすると、お姫様気分を味わえる!?また、恋愛以上にも勉強になることがたくさんある!...

好きな人を落とすなら飲み会の帰り際がポイント!印象を残す方法

好きな人と距離を縮めたいなら飲み会の帰りがポイントです!もちろん、飲み会中もこんなワザが自然にできた...

元嫁からの連絡が迷惑!元嫁に復縁を迫られた時の対策と付合い方

「元嫁から連絡が頻繁に来て迷惑!」「復縁を迫られているけど自分にはその気はない」このような状況に頭を...

気分屋の彼氏が自分から連絡をしてくれない時の上手な付合い方

「気分屋の彼氏でいつも連絡をするのは私から。連絡をしても返信の速さがバラバラ・・・。もう愛情が冷めて...

右薬指に指輪を男性が付ける意味や考えられる理由について紹介

右薬指に指輪を付けている男性を見かけたことはありませんか?もしも、あなたの気になる男性が右手の薬...

韓国人男性はスキンシップ好きで半端ない!韓国人男性の恋愛傾向

韓国人男性はスキンシップが好き、人前でも大胆なスキンシップをすることは割と有名な話ではないでしょうか...

美容師の彼氏が忙しいからさみしい。彼女としてできることとは

美容師の彼氏って超忙しいから、なかなか一緒にいる時間を作ることができない!美容師の彼氏を持つ...

別れ話の話し合いって必要?その内容や場所について

別れ話をする時って、どんなふうに話し合いをするものなの?その内容は?私は別れたいんだけど...

スポンサーリンク

女性が距離を置くのはどんな意味があるの?

お付き合いしている女性から距離を置くと言わた時、なぜそのようなことを言い出したのか、意味を理解できていますか?

「距離を置きたい」というのは、別れを決断したわけではありません。
それも選択肢の一つとして、考えをまとめたいという状態です。
もちろん、結果として別れを選ぶ事もあるでしょうが、やっぱりお付き合いを続けたいと思う事もあります。

女性が距離を置きたいと言い出した時の理由について

明らかな原因がある時

浮気など男性が過ちを犯した時、あなたの行動で「裏切られた」、「傷つけられた」と女性が感じたら、一度距離を置きたいと考える事が多いです。
本当に許せるのかしっかり考えたいという思いや、自分のしたことを相手にもきちんと考えて欲しいと思っての行動です。
別れる事も視野に入れて考えている状態ですから、今後もお付き合いを続けたいと思っているなら、真摯に反省して誠意が伝わるような努力が必要でしょう。

自分の気持ちに余裕の無い時

自分の気持ちに余裕が無くて、些細なことでイライラしてしまうような時には、一緒に居ても八つ当たりしてしまいます。
そうすると、喧嘩になってしまいますよね。
その負のスパイラルから抜け出したくて、気持ちが落ち着くまで1人にして欲しいと思っているのです。
そのような時には、「落ち着いたら連絡して、待ってる。」と女性を受け入れる言葉を伝えて、あとは見守りましょう。
この時の対応次第では、女性はあなたのことを惚れ直すかもしれません。

今後について考えたい時

2人の関係について冷静に考えたいという時にも、女性は距離を置くでしょう。
特に長くお付き合いをしていて馴れ合いのようになって来ていたりすると、このままでよいのかと不安が募ってくるものです。
「はっきり答えが出ない状態でお付き合いできない。」という思いがあるのでしょう。
ある意味とても誠実な理由でもあります。

女性が距離を置く意味とその効果とは?連絡のタイミングは?

女性が距離を置くのには、先ほどのご紹介したような意味があります。

では、どれくらいの期間置いたらよいのか、迷いませんか?

付き合ってから数年経つような関係であれば、距離を置く期間が長くても大丈夫かもしれません。
しかし、あまり長く距離を置くことはおすすめできません。

女性は嫌な出来事はいつまでも覚えている傾向がありますから、いくら期間を延ばしても忘れることは無いでしょう。

だからといって、普段どおりの連絡頻度では、距離を置いた意味がありません。
冷却期間ですから、お互いに相手を必要としているのかを見極める期間にしましょう。

ある程度距離を置いてみて、それでも寂しくなって連絡したくなったら、素直な気持ちを相手に伝えてみましょう。
「距離を置いてみて、あなたの良さがわかった。」といわれて、嫌な気分になる男性はいません。

お互いに同じように感じていたら復縁できることでしょう。

女性の距離を置く意味を理解して、期間も決めよう!

女性が距離を置くのは、「男性が過ちを犯した時」、「自分の気持ちに余裕が無い時」、「今後について考えたい時」がほとんどです。

距離を置きたいと女性から言われたときに、別れたくないと思うなら、距離を置く期間をきちんと決めましょう。
期間はあまりながくなく1週間程度、長くても1ヶ月以内がベストです。
長すぎる期間は、連絡するタイミングを失いやすく、きっかけもつかめないという状態に陥りがちです。

また、お互いに相手から連絡が来ると思っていたけど来なくて、そのまま自然消滅するというのは良くある話です。
可能であればどちらから連絡すかも決めておく方と良いでしょう。

女性が自分からすると言い出さないなら、あなたから連絡すると伝えるのが良いでしょう。
その時には「何かあったらいつでも連絡して。」と、あなたは冷却期間中の連絡もウェルカムだという意思表示をしておくと良いかもしれません。
そうすることで、女性がやっぱり会いたいと思ったときに、連絡しやすくなります。

距離を置いてる期間に女性が連絡したくなるときは?

「距離を置く」と自分から言い出しても、女性には連絡したくなってしまう時があります。

それは寂しくなったときです。
今まで一緒に居たのに、急に1人になるとやはり寂しさを感じますよね。
距離を置いたからこそ、相手がいない寂しさを実感できるともいえます。

その時に、男性への気持ちが残っているなら、「また一緒に居たい。」と思うことでしょう。
その思いが強ければ強いほど、自分から連絡したくなってしまいますよね。

また、今までのお付き合いの中で、男性が女性の話をきちんと聞いていた場合には、また聞いて欲しくて連絡したくなることでしょう。

女性は自分の話をきちんと聞いてくれる男性のことは、「自分の事を理解してくれてる」と感じます。

距離を置くことでそのことを再認識できたら、今後もずっと一緒に居たいと思って、連絡したくなることでしょう。

彼女と別れたくないときの対処法とは

女性から距離を置きたいといわれた時、別れても良いと思うなら自然消滅を待つのも良いでしょう。

しかし別れたくない場合には、気をつけないといけない事があります。

それは、「連絡しないこと」です。
他の男性に目がいってしまうかもしれないなどと不安に駆られて、しつこく連絡したら逆効果になりますよ。
自分の事を理解していないと思われてしまうかもしれません。
単純に嫌悪感を抱かれる場合もあるでしょう。

女性が距離を置きたいと言う時は、まだ好きだけど考えるところがあって距離をおきたいという場合が多いです。
ですから、女性の意見を尊重してひたすら見守りましょう。

距離を置く時には出来れば、期間を決めておくのが良いです。
そして期間は絶対に自分から連絡してはいけません。

途中で彼女がやっぱり一緒にいたいと思ったら、連絡してきてくれることでしょう。

また、彼女とあっていないからと他の女性と遊んだりするのは、絶対にNGです。
その事が女性の耳に入ったら、間違いなくお別れとなることでしょう。
本当に復縁を望むなら、たとえ一緒に居なくても、彼女の嫌がることはしてはいけません。