好きな人への返信に悩む時はちょっと遅らせる程度がベスト

好きな人とラインやメールを続けていると、この返信ペースでいいのか、もしデートに誘われた時はすぐに返信すべきなのかと、色々悩むことが増えてきます。

好きな人へはどのくらいの返信ペースがいいのでしょうか。ラインで返信する時のベストタイミングとは?

相手に合わせる必要はありません。
ちょっと遅らせる程度にすることで恋愛モードに発展するかも!?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

好きな人の態度が冷たい!急変した理由と彼の心を取り戻す方法

気になる男性とちょっといい雰囲気になり、「もしかして彼も私のこと気になってるかも!」と思っていたのに...

友達に自慢したくなる彼女を目指そう!愛され女子への道

彼が自分のことを友達に自慢していると聞くと嬉しいですよね。 友達に自慢したくなるような彼女と聞...

ハーフな男性は恋愛上手!?ハーフな彼の魅力的な部分とは

ハーフの男性と恋愛をすると、お姫様気分を味わえる!?また、恋愛以上にも勉強になることがたくさんある!...

彼氏への大事な話はLINEではなく直接言葉で伝えるのがベスト

彼氏に大事な話がある時、LINEを使って伝えようと思う女性もいるかもしれませんね。確かにLINEはと...

彼女が仕事でストレスを抱えている時に彼氏としてできること

仕事に忙しい彼女を見て、「きっと仕事でストレスを感じているなぁ」と思ったことはありませんか? ...

告白を保留にした後、返事のタイミングがわからない時には

告白されたけど返事を保留にした時、YESでもNOでも返事はしなければなりませんよね? ですが、...

好きな人を落とすなら飲み会の帰り際がポイント!印象を残す方法

好きな人と距離を縮めたいなら飲み会の帰りがポイントです!もちろん、飲み会中もこんなワザが自然にできた...

電話で沈黙!カップルが話している電話内容と彼氏が沈黙する理由

カップルが電話をしていると、話題がなくなって沈黙してしまうこともあります。この沈黙、あなたは気まずい...

彼女から連絡こない1日連絡がこないのも不安?適度な連絡頻度

「前はもっと頻繁に連絡を取り合ってたのに、最近は丸1日彼女から連絡こないこともある、どうして連絡頻度...

メールが来ない不安は自分の中でネガティブ思考になっているから

メールが来ないことについて、いちいち大げさに不安がることはやめましょう。 女子は、メールやLI...

距離を置く意味【女性の場合】彼女と別れたくないときの対処法

距離を置くという意味は、女性と男性で違ってくるようです。 では、女性が距離を置くのはどんな意味...

嫁がイライラする原因と対処法、関係が悪化する前に今すべきこと

嫁がいつも家でイライラするから帰りたくない・・・そんな悩みを抱えている男性は意外と多いものです。 ...

彼女がオタクを隠す理由やその魅力と上手に付き合う方法とは

彼女はオタクなのを隠すことで、あなたと付き合っているかもしれませんね。 では、どうして彼女がオ...

ニート彼氏と同棲にイライラ!ニートの彼氏と上手く付き合う方法

同棲している彼氏がニートで仕事をしていない、自分は働いてるから彼氏の態度にイライラ!こんな毎日を過ご...

毎日飲み会の彼氏!飲みに行く心理と不安・彼女にできる対処法

彼氏が毎日飲み会に行くことに嫉妬や不安を抱えている女性もいますよね。毎日飲み会に行くなんて、女性とし...

スポンサーリンク

好きな人への返信に悩む・・・どのくらいの返信ペースがいいの?

好きな人とのラインやメールのやり取り。返信ペースに悩むなら

好きな人とのラインの返信に悩むというときは、相手とあなたがどの程度の仲なのかによっても返信の頻度がかわってくると思います。

例えば、あなたが一方的に好きな相手だとすると、しつこすぎても相手は困ってしまいますよね。
あなたの事が嫌いでもないのに、ラインがしつこい事で嫌になってしまうことがあります。
この場合は1日2通程度に留めておきましょう。
もっとラインをしたい気持ちはありますが、まず相手の気持ちをさぐってあなたとの関係に脈があるかどうか確かめてみるのもありですね。

そして、お互いに好意を持っている場合ですと、好きなだけラインをしてもいいのではないでしょうか。
毎日あなたからラインが始まりあなたで終るというよりは、同じ頻度くらいが理想です。せっかくお互いに良い関係を築けているのに、ラインでこじらせてしまわないように気をつけましょう。

どうしても悩む好きな人への返信、ライン返信のベストタイミングは?

ラインの返信のタイミング、本来ならラインがに気がついた時に返信すれば良いのですが、相手が意識してしまう好きな人となれば、悩んでしまいますよね。

内容によって早急に返信した方が良い場合もありますが、そうでなければ早すぎず遅すぎず、そして相手のラインの仕方に合わせるのが良いのかなと思います。

短い文章でトントントンとラインを送ってくるタイプですとそのテンポで返信すると相手にとってもあなたとラインしやすいでしょうし、1回のラインに長文でゆっくりするタイプですとそれに合わせてあげることが理想でしょう。

そして、休日や次の日が仕事なのに関わらずラインを長々としてくれた時、デートに行った時などは必ずお礼の言葉を述べることが大切です。

ラインは今や簡単な連絡ツールでありますが、それゆえ感謝の言葉などがわすれがちになってしまいますが、謙虚な気持ちを持って好きな人と連絡とっていることが相手にも伝われば、印象アップにつながるのではないでしょうか。

好きな人からデートに誘われた!返信に悩むけどすぐにラインを送るのはダメ?

好きな人からデートに誘われたとなると、とても嬉しいですよね。
すぐさま返信したい気持ちはわかります。

好きな相手を射止めるためには、時には駆け引きも大切です。
すぐ返信したい気持ちを抑えて、少し時間を置いてみましょう。
相手からデートに誘われたということですが、少なからず相手もあなたに気があるのは確かです。
あなたから返信を待っている間は相手も、「まだかな?」「断られるかな?」などとソワソワして返信を待ちわびてるでしょう。

すぐに返信をすると、「やっぱり俺の事好きなのかな?」「いつも返信が早く暇なのかな」などとあなたに対して余裕を持たせてしまうことになります。

なので、あえて返信を送らせて、駆け引きをしたり、相手の気持ちをさぐってみるのもいいかもしれませんね。

好きな人から返信が来ない時はどうしたらいい?

好きな人からの返信がこない、、
もう1度ラインを送りたいけど、うざがられないかな、しつこいかな、そんな風に思われるのではないかと恐れていませんか。
このように思う女性は多くいると思います。

ですが、返信がこないなら1度はラインを送ってみてもいいのではないでしょうか。
それがないと、起きるアクションも起きず、モヤモヤした気持ちだけがつのりませんか。恐れている恋愛をこの先続いても楽しめますか?

ラインがくることで、私に(俺に)気があるのかな?なんて思うことであります
1度アクションを起こすことで、何もしないよりは相手があなたに気を持ってくれる可能性だって高まりますよね。

それでも相手が返信をくれない、あなたの事に全く興味がないとなるとそれまでです。
いさぎよく新たな恋愛をみつけましょう。

恐れる気持ちはありますが、好きな相手を自分に振り向かせるためには恐怖心を捨て、自分からアクションを起こしていく事も時には必要なことですよ。

好きな人のことで悩むのは脈ありかどうかってこと。脈ありラインの特徴は?

好きな人からの返信が早い場合は脈あり傾向にあるのではないでしょうか。
男性は女性に比べあまりマメに連絡する人が少ないです。
そんな男性でも好きな人には積極的にラインを送るでしょう。

ですが、ラインを返信するにあたり、女性と同じく男性も同じ心理があります。
すぐに返信すると、「暇人と思われないだろうか」「がっつりいくタイプは大丈夫だろうか」「しつこくか」などと思っていて、あえて返信を遅くする場合があります。

だいたい24時間以内に返信が返ってくるのであれば、問題ないでしょう。
返事が遅くても相手からちゃんと返事が返ってきてるのであれば、十分脈ありなのではないでしょうか。

そして、1つの話題が終ってもまた新たな話題を相手から出してくるのであれば、ラインを終らせたくないという気持ちの表れであるともいえます。

好きな人とのラインのやり取りで相手の気持ちをよみとっていくと、恋愛も良い結果につながることが増えるでしょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666