告白を保留にした後、返事のタイミングがわからない時には

告白されたけど返事を保留にした時、YESでもNOでも返事はしなければなりませんよね?

ですが、返事のタイミングって見つからないものです。

まずは返事が決まらなくてもいつまでには返事すると『期限』を決めることをおすすめします。

人の気持は常に変わり続けます。

告白された時、前向きな気持でも後ろ向きな気持でも返事はしなければなりません。

相手が、勇気を出して打ち明けてくれた気持を考えながら、返事を決めましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

彼女の部屋着がジャージはNG?彼女に着てほしい理想の部屋着

彼女の家に遊びに行ったら、彼女の部屋着がジャージだった…。色々な想像をめぐらせて彼女の家に遊びに行っ...

女性の呼び方を変えるとモテる!気になる女子と距離を近づける!

女性の呼び方を変えると女性にモテるようになるという話を聞いたことがある人もいますよね。でも、どうして...

未読無視問題。彼氏に何日スルーされたら危機感を持つべきか

未読無視って、どのくらいまで許せますか? 彼氏へのLINE。 未読無視のままもう何日経ってる...

信頼を回復させるには?彼氏があなたを許すまでするべきこととは

信頼というのは、そう簡単に回復するものではありません。 彼氏のことを裏切っておいて『ごめんなさい。...

男子と電話で盛り上がる話題とは!好きな人への電話のマナー

気になる男子に勇気を出して電話をしてみたいけど、何を話していいかわからないとか、沈黙が怖いと、なかな...

美容師の彼氏が忙しいからさみしい。彼女としてできることとは

美容師の彼氏って超忙しいから、なかなか一緒にいる時間を作ることができない! 美容師の彼氏を持つ...

告白・振られる・付き合う、振られても付き合える流れを引寄せる

告白をして振られる。 そこで終わりじゃありません! 告白してOKの返事をもらえなかったけど、その...

元嫁からの連絡が迷惑!元嫁に復縁を迫られた時の対策と付合い方

「元嫁から連絡が頻繁に来て迷惑!」「復縁を迫られているけど自分にはその気はない」このような状況に頭を...

彼氏のチャラい噂。知ってしまった時に考えることとは

彼氏のチャラい噂を耳にしたら、動揺してしまいますよね? 彼氏のどこに惹かれましたか? 彼氏の...

可愛い子の彼氏がかっこよくないってコトあるよね!その真相とは

街で見かけるカップルが思わず二度見するほどの、可愛い子とかっこよくない彼氏のカップルってたまにいます...

電話で謝っても良い?彼氏と喧嘩!謝り方とNGな電話のかけ方

彼氏と喧嘩をしたとき、謝りたいけどなかなか「ごめんなさい」を言えないこともありますよね。いつまでも仲...

嫁がイライラする原因と対処法、関係が悪化する前に今すべきこと

嫁がいつも家でイライラするから帰りたくない・・・そんな悩みを抱えている男性は意外と多いものです。 ...

現場監督の彼氏は忙しい!お疲れ彼氏にしてあげられることとは

現場監督の彼氏と付き合ってます! 忙しいといって、連絡が2,3週間途絶えることも…。 忙...

細い女性が好きなのは男性の本能!細い女性を好む男性の本音

どんな女性が好きかは男性によって意見が分かれるのは当然ですが、男性の中にはとにかく細い女性が好き!と...

彼女と1ヶ月で別れるのはアリかナシか。別れは期間じゃなく直感

彼女と付き合って1ヶ月なんだけれど別れる事を考えてしまう男性。 交際期間の1ヶ月は短いと思いま...

スポンサーリンク

告白を保留にしている間にすることってある?返事のタイミングを知るには?

告白を保留にした理由は人それぞれだと思いますが、その中で多い理由としては、「相手のことをよく知らない」、「相手をただの同僚だと思っていたので、気持ちの整理がつかない」などがあると思います。

返事を一旦保留にした間に、出来ることは、「相手のことをよく知ること」と、「もし付き合った場合のシュミレートをすること」なのではないでしょうか。

告白をしてきた相手を知るためには、まず周りの意見を聞いてみると良いでしょう。
その時にあなたが告白された事は、極力伏せましょう。
また、親友など信頼の置ける人に相談してみるのも良いです。
自分でも相手のことがよくわからないのにOKしてしまったら、後でツライ目に合うかも知れません。

返事のタイミングは、メールなどで、様子を伺うと良いでしょう。
電話をしたり、呼び出そうとした時に、相手のタイミングが悪いと、きちんと返事が出来ないこともあります。

告白を保留にしたなら保留期間をきちんと決めること!返事のタイミングが見つからないときは

告白を保留にしたなら保留期間をきちんと決めることが大切です。
返事のタイミングが見つからない時は、相手から連絡させるようにしましょう。

告白の保留期間として多いのは、1週間です。
その数字にこだわらなくても、3日でも5日でも良いです。
とにかく期限をあらかじめ決めておかないと、返事をしないままフェードアウトさせてしまう可能性があります。

自分はそれで良くても、相手に取っては、モヤモヤして辛いものになります。
キチンと期限を決めて、OKなのかNOなのか返事をしてあげましょう。
また、自分から連絡を取るのが苦手という人は、「1週間後に連絡下さい。その時返事します。」と言っておけば、向こうの都合の良い時に連絡がもらえます。
そうすれば、いつのタイミングで返事をすれば良いのか悩まずに済みます。
もしも、相手から連絡をくれるように頼めなかった人は、期限が来たら勇気を出して自分のタイミングで連絡しましょう。
「相手の都合が悪いかも」などと考えていては、いつまでたっても返事は出来ません。

告白を保留にしていいのはどのくらい?返事のタイミングは早すぎず遅すぎず

告白を保留にしていいのはどのくらいでしょうか?
返事のタイミングは早すぎず遅すぎずがベストです。

本来は、その場で返事が出来れば良いのですが、なかなかそう都合よくはいきません。
しっかり考える為にも保留という選択もあるのです。
その時のリミットに決まりはありませんが、やはり1週間が妥当なのではないでしょうか。
もし、3週間や1ヶ月も待たせるのであれば、相手が可哀想ですし、それだけ待たせると言う事は、もはや「NO」と言っているようなものです。
仕事が忙しくてそれどころではないという場合もあるかも知れませんが、相手のためにも、ちゃんと期限は守ってあげましょう。

また、期限を決めたものの、やっぱりお断りしたいと思った時に、即座に連絡すると、相手に「よく考えないで返事をしてきたのではないか」と勘ぐられてしまいます。
熟慮した結果だと思わせる為にも、決めた期限のタイミングで返事をするようにしましょう。

告白を保留にした後、返事のタイミングどうやって切り出せばいいの?

「告白を保留にした後、返事のタイミングどうやって切り出せばいいの?」

これは、言葉に困る問題ですよね。

断る時に、社会人としては、
「お疲れ様です。先日、○○さんから言われた、お付き合いについてですが…」などと、社内文書のような堅い文章にすると、相手も距離を感じ、「お付き合いできないんだな」と理解してくれます。

逆にOKの時は、
「お疲れ様です。先日のお返事ですが、とても待たせてしまってすみませんでした。
私の方でもきちんと考えたかったので、お時間をいただいてしまいました。
そんな私の我がままを受け入れてくれて嬉しかったです。
もし、こんな私でも良ければ、ぜひこれからもお付き合いさせて下さい。」
といったように、堅すぎず丁寧な文章にすれば、相手にも気持ちが伝わります。

告白を保留にしている間、相手とどのように接するべきか

告白を保留にしている間、相手とどのように接するべきなのでしょうか。
仕事を一緒にしている間柄であれば、普段どおりに会話をすべきなのでしょうが、なかなかそうもいきません。

そういった時は、「あまり自分から話しかけないようにする」というのが良いのではないでしょうか。
告白の返事を保留にしているのに、いつも通り変わらない態度だと、相手も「俺の気も知らないで、どういうつもりなんだ」と、やきもきしてしまうかも知れません。
いつもより口数が減った方が「返事を真剣に考えてくれているんだな」と思ってくれるはずです。

メールなどのやり取りも、きちんと返事をするまでは、控えたほうが無難です。
また、あなたの返事が待ちきれずに、やたらと話しかけたり、連絡を取ろうとしてくる人はやめましょう。
もしお付き合いをしても、自分のペースをあなたに押し付けてくる可能性が高いです。
お断りする時も、「待てない人は嫌いです。」とハッキリ言ってしまってもOKです。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666