女性の呼び方を変えるとモテる!気になる女子と距離を近づける!

女性の呼び方を変えると女性にモテるようになるという話を聞いたことがある人もいますよね。でも、どうして呼び方を変えるだけでモテるようになるのでしょうか。

モテる男性はどんな風に女性のことを呼んでいるの?気になる女性と距離を近づけるにはどんな呼び方をすればいい?

そこで今回は、女性の呼び方を変えて女性にモテる方法についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

元嫁からの連絡が迷惑!元嫁に復縁を迫られた時の対策と付合い方

「元嫁から連絡が頻繁に来て迷惑!」「復縁を迫られているけど自分にはその気はない」このような状況に頭を...

未読無視問題。彼氏に何日スルーされたら危機感を持つべきか

未読無視って、どのくらいまで許せますか? 彼氏へのLINE。 未読無視のままもう何日経ってる...

嫁がイライラする原因と対処法、関係が悪化する前に今すべきこと

嫁がいつも家でイライラするから帰りたくない・・・そんな悩みを抱えている男性は意外と多いものです。 ...

受け身の彼氏に疲れたと思ったらこんな方法でチェンジできる!

デートの誘うのはいつもあなた、電話やメールも送るのはあなたから。 もしかするとあなたの彼氏は「...

彼女と距離を置く時のコツやポイント復縁したい時の連絡取り方

彼女と距離を置くときにはどんな事に気をつけたらいいのでしょうか?別れを意識している人も多いかもしれま...

男の低身長コンプレックスを克服するには?気にしないとモテる

男の低身長は致命的…。と思ってはいませんか?コンプレックスとなりやすい、男性の身長問題ですが、女性の...

彼女が浮気したことを言うのは?別れたくないときに取る行動

彼女が浮気を言うのは、あなたを試している?!別れたくないときには、どんな話をしたらいいのでしょうか?...

彼女にはいい匂いで柔らかい体でいて欲しい!それが男性の本音

男性は彼女に対して、いい匂いで柔らかい部分を求めています。 それがあるから思わず彼女をギュッと抱き...

美容師の彼氏が忙しいからさみしい。彼女としてできることとは

美容師の彼氏って超忙しいから、なかなか一緒にいる時間を作ることができない! 美容師の彼氏を持つ...

彼女に太ったと言うのは逆効果な理由と痩せる気にさせるコツ

彼女が太ったと感じたときにストレートに太ったと言うことは、実は逆効果になってしまいそうです。 ...

彼氏のことが大好きすぎて不安。モヤモヤを解消する方法

彼氏が大好きすぎて不安になってしまったときには、どのように克服したらいいのでしょうか? 色々な...

韓国人男性はスキンシップ好きで半端ない!韓国人男性の恋愛傾向

韓国人男性はスキンシップが好き、人前でも大胆なスキンシップをすることは割と有名な話ではないでしょうか...

腕時計をプレゼントすると別れるのは本当?恋愛に纏わるジンクス

恋人に腕時計をプレゼントすると別れるという話を聞いたことがある人もいますよね!一体どうしてこのような...

夜道が怖いけど彼氏が送ってくれない時にできる対策と頼み方

「デートの帰りに夜道が怖いけど彼氏が送ってくれない・・・。もしかして私、愛されていないの?」こんな悩...

会社の先輩へ想いを告白する前に!告白をするベストタイミング

会社の先輩のことが好き!告白してお付き合いしたい!・・・想いが抑えられない気持ち、よくわかります。 ...

スポンサーリンク

女性の呼び方を変えるとモテる?モテる男性は女性を下の名前で呼ぶ

男性で女性にモテないので女性への呼び方を変えてみようかな?って思っている人はいませんか?

実際、モテる男性の女性の取り扱い方はどんな感じなのでしょうか?何が原因で女性にモテているのでしょうか。

モテている男性は「異性を下の名前で呼ぶ」という特徴があります。

  1. 自分が気になる女性だけではなく、どんな人とも仲よくなりたいので、性別を問わずにしたの名前で呼んでいる
  2. 異性からモテたいので、気になる人は下の名前で呼ぶ

1)のタイプの人ですが、社交的な人で、どんな人とも良い関係を持ちたいと思っているようです。

2)のタイプの人ですが、好きな人だけ限定です。そういう方法で、女性の気を引こうとしているのかもしれませんね。

異性からモテルだけではなく、下の名前で呼ぶことによって、人間関係もより良いものとする、そんな理由も見えてきますね。

女性の呼び方を変えることにはこんな気持ちが隠れている

モテる男性は、周囲との人間関係を円滑にするために、下の名前で呼んでいたり、また特定の好きな女性は下の名前で呼んでいる、そんな女性への呼び方についてみてきました。
女性への呼び方ですが、変えることにより、男性のどんな気持ちが隠れているのでしょうか。

女性を下の名前で呼ぶ理由

「あなたとの距離を縮めたい、より仲良くなりたい」そういった気持ちが現れています。

でも、学校であっても、職場であっても、「OOさん」と呼ぶのではなく、もう一つ関係が進歩してくると、「OOちゃん」「OOくん」に変わってくると思います。

この段階までこれると、より親密さが周囲にも伝わり、「この二人つきあっているんだな」と周囲にも伝わります。

また、下の名前で呼ぶことにより、「信頼」の度合いが表現されます。

「気を許している」、男性からのそんな心理が見えます。でも女性の中では、そういう呼び方を嫌う人もいるので男性も注意が必要になります。

女性の呼び方を変える時は了解をとらない方が良い

女性への呼び方を変える。その事により、二人の関係の親密度が周囲に伝わってくること、また、男性の心理についてみてきました。

男性って面白い生き者で、女性への呼び方を変えるときに、「ねぇ、OOって呼んでいい?って許可であったり、了解をとる人がいると思います。それはしない方が良いと思います。あくまでも自然な流れで、「OOちゃん」であったり、呼び方を変えていった方が良いと思います。

二人でデートをしたり、二人でよく話しをしていく内に、自然とより親密な呼び方で女性のことを「OOちゃん」のように言うことができると思います。

あまり意識して「こうして呼ぼう」と構える必要もないと思います。心に緊張感があるのなら、それを取り去って、女性との関係を成長させて、自然に呼び方を変えていけばよいと思います。

女性の呼び方を変える時はどんな呼び方にしたらいい?

男性が女性の呼び名を変えたいと思っている時、わざわざ「OOって呼んでいい?」と了解をとらなくてもよいことをみてきました。

でも、男性は女性をどんな呼び名で呼んだら良いのか、戸惑うこともあるかもしれないし、何かいい候補があるのかな?ってふと思うかもしれないですよね。

女性にも寄るかもしれませんが、「OOちゃん」って呼ばれると、可愛げがあって、喜ぶのではないでしょうか。また、周りも男性の方から女性に「OOちゃんって呼んでる」と違いに気づくと、「あの二人つきあっているのかな?」と親密度が周囲にも伝わると思います。

また女性の意見として、「呼び捨てで呼ばれたい」と思っている人もいると思います。それで「親近感」が感じ取れると思うようですが、それが嫌だと思う女性もいるようなので、無難なのはちゃん付けだと思います。

二人だけのあだ名があるのであれば、それを使うのも良いのかもしれませんね。

呼び方で相手との関係性がわかる

女性への呼び方、ちゃん付けが一番女性には喜ばれるのでは?っという点をみてきました。

男性が女性をどう呼ぶかで二人の関係性がよくわかる

ちゃんづけであっても、呼び捨てであっても、二人の親密さがよくわかると思います。

逆に職場だと、さんづけであったり、ビジネスだとOO様という形式をとりますよね。OOさんっというのも、ある程度の距離を関係性で感じますし、ビジネスでOO様という形を使うのも、相手に対して敬意を示した関係性を示します。

そう考えてみると、呼び方で関係性ってわかるものですよね。
つきあう前は、名前+さんであったのに付き合う内にちゃんづけになったり、そうやって、周囲も芯密度を測ることができますよね。

付き合い始めたばかりの頃でしたら、「相手をどうやって呼ぼうか?」っと考えるのも、一つの楽しみなのではないでしょうか。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666