受け身の彼氏に疲れたと思ったらこんな方法でチェンジできる!

デートの誘うのはいつもあなた、電話やメールも送るのはあなたから。

もしかするとあなたの彼氏は「受け身」タイプでは?

彼氏が受け身タイプかどうか判断するこんなチェック項目がありますよ!

また彼氏が受け身なので、疲れた!イライラする!などの行動をみてみましょう。

受け身彼氏を積極的にする方法がありますよ!疲れたと感じたなら是非試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

夜道が怖いけど彼氏が送ってくれない時にできる対策と頼み方

「デートの帰りに夜道が怖いけど彼氏が送ってくれない・・・。もしかして私、愛されていないの?」こんな悩...

彼女が浮気したことを言うのは?別れたくないときに取る行動

彼女が浮気を言うのは、あなたを試している?!別れたくないときには、どんな話をしたらいいのでしょうか?...

元嫁からの連絡が迷惑!元嫁に復縁を迫られた時の対策と付合い方

「元嫁から連絡が頻繁に来て迷惑!」「復縁を迫られているけど自分にはその気はない」このような状況に頭を...

好きな人への返信に悩む時はちょっと遅らせる程度がベスト

好きな人とラインやメールを続けていると、この返信ペースでいいのか、もしデートに誘われた時はすぐに返信...

メールが来ない不安は自分の中でネガティブ思考になっているから

メールが来ないことについて、いちいち大げさに不安がることはやめましょう。 女子は、メールやLI...

男子と電話で盛り上がる話題とは!好きな人への電話のマナー

気になる男子に勇気を出して電話をしてみたいけど、何を話していいかわからないとか、沈黙が怖いと、なかな...

彼氏への大事な話はLINEではなく直接言葉で伝えるのがベスト

彼氏に大事な話がある時、LINEを使って伝えようと思う女性もいるかもしれませんね。確かにLINEはと...

友達に自慢したくなる彼女を目指そう!愛され女子への道

彼が自分のことを友達に自慢していると聞くと嬉しいですよね。 友達に自慢したくなるような彼女と聞...

別れ話の話し合いって必要?その内容や場所について

別れ話をする時って、どんなふうに話し合いをするものなの? その内容は? 私は別れたいんだけど...

婚約中なのに浮気?彼女の浮気の確認方法と婚約中に浮気するワケ

「結婚が決まって婚約をしているのに彼女の様子がなんだかおかしい、もしかして浮気してる?」こんな悩みを...

高学歴な彼氏を自慢したいなら付き合うメリットや知り合うコツ

高学歴な彼氏ってやっぱり友達に自慢したくなりますよね。 では、そんな自慢したくなるような高学歴...

毎日飲み会の彼氏!飲みに行く心理と不安・彼女にできる対処法

彼氏が毎日飲み会に行くことに嫉妬や不安を抱えている女性もいますよね。毎日飲み会に行くなんて、女性とし...

彼氏のことが大好きすぎて不安。モヤモヤを解消する方法

彼氏が大好きすぎて不安になってしまったときには、どのように克服したらいいのでしょうか? 色々な...

彼女にはいい匂いで柔らかい体でいて欲しい!それが男性の本音

男性は彼女に対して、いい匂いで柔らかい部分を求めています。 それがあるから思わず彼女をギュッと抱き...

彼氏が写真を撮ってくれないワケを解説!一緒に撮る時の注意点

普段はもちろんデートをしてても旅行に行っても、彼氏が一緒に写真を撮ってくれないという男性もいますね。...

スポンサーリンク

受け身な彼氏に疲れた?どうして男性は受け身が多い?

ひと昔前は、男性は女性をグイグイ引っ張っていってくれる少し強引なくらいのタイプが多かったようですが、現在では受け身タイプの「草食系」と呼ばれる男性が多くなってきました。

女性としても、受け身の男性より、自分を引っ張っていってくれる男性に惹かれるという人が多いようですが、なぜ草食系男子が増えてきたのでしょうか。

それには、男性が主従関係に敏感な生き物に柔軟に対応できるという能力に関係しています。

しかし、これはギャンブルのように勝ち負けがはっきりしているものに対してのみ。

恋愛関係においては、この勝ち負けの基準がなく、勝負するものは自分の魅力というアバウトなものということには、男性も様子を見て出方を待つという人が多いのです。

恋愛学的に考えると、世の中の男性のほとんどがもともと草食系男子ということになります。

自分のどこが相手に認められるのか、好かれるのかということがわからない恋愛で、自分の評価をされたくないという考えが多いようです。

「受け身」というとマイナスな言葉に聞こえますが、女性の出方を待っていると考えると良いかもしれませんね。

受け身の彼氏に疲れたと感じるコト

この数年で使われるようになった言葉で「ウケミン」という言葉をご存知ですか。

このウケミンという言葉は、恋愛に対して受け身の男性という意味で使われています。

ウケミン男性は、普段から控えめなことが多く、積極的に人と絡むこともしません。

とあるアンケート調査では、ウケミン男性はなんと全体の7割弱いるという結果も出ています。

年代は30~40代は少なく、おもに若い20代の男性に「ウケミン男性」の自覚がある人が多いようです。

自分の彼氏がウケミン男性かどうかと見分ける特徴は次の通りです。

  • 自分から告白をしてこない
  • 自分からデートのプランなどを提案してこない
  • 自分から連絡をしてこない(メールや電話)
  • 女性からプレゼントをもらってもお返しやお礼をしない
  • 女性とデートしてもポジティブな言葉を言わない(楽しかった・嬉しいなど)
  • すべての行動が自己完結している

ウケミン男性には、このような特徴が多くあります。

自分の彼氏に当てはまるものはありましたか?

受け身の彼氏に疲れたなら積極的になってもらおう

ずっと受け身の彼氏では、こちらも疲れたと感じてしまう

人を変えることは容易なことではありませんが、これからも付き合い続けていきたいのなら、自分の気持ちを伝えて、彼氏にも積極的になってもらうことがベストです。

受け身の彼氏には、怒って感情をぶつけるということはNG

あなたが、彼氏にしてもらいたいことを正直に伝え、少しでも変えようとしてくれる姿勢が見えたら多少オーバー気味でも良いので喜んで気持ちを伝えましょう。

受け身な彼氏に対するリクエストは抽象的ではなく具体的なことがベター

「○○くんが行ってみたいところに一緒にいってみたいな」とか「○○くんから~してもらえたらすごくうれしい」などというように、希望を正直にわかりやすく伝えるということが大切です。

あなたのことが好きなら、彼氏も喜んでくれるあなたを見て「もっと喜ぶ顔が見たい」と思ってくれるでしょう。

私が好きなら何をしてほしいか察してほしいという察してちゃんはダメです。

このようなウケミン男性には、具体的なアドバイスをすることで思い通りに動いてくれる可能性が大きいのです。

受け身彼氏にイライラすることとは

自分の彼氏が受け身だったら、一緒にいてイライラする場面も多いでしょう。

実際に、受け身の彼氏と付き合っている人のイライラすることの多くが「自分から誘ってこないこと」のようです。

好きな人から「今度○○に行こうよ!」などとお誘いを受けると嬉しいものですが、受け身の男性は自分から誘ってくることがないため、いつも彼女からの誘いを待っているとか面倒臭がりという傾向があります。

誘うとどこにでも行ってくれるので嫌ではなさそうだけど、自分からは絶対誘ってこないという人もいます。

場所や日時は彼女任せというのも受け身男性には多いですね。

毎回このような状態だと彼女も疲れてしまいます。

頻繁ではなくてもいいので、たまには向こうからデートプランをたてて誘ってほしいのが女性の正直な気持ちです。

受け身彼氏との上手な付き合い方

受け身男性と上手に付き合うのにはどのようにすれば良いのでしょうか。

受け身男性を彼氏に持つ女性の多くは、諦めから自分がリードしてしまうことも多いかと思います。
そうすれば、物事がスムーズに決まりますよね。

でも、すべてあなたが彼氏をリードしていては、受け身彼氏は安心してさらに受け身になってしまうことが多いのです。

一番良いのは、あなたが全面に立って引っ張るのではなく、彼を後ろから支えながら彼を立たせる場面を作り、あなたが裏から彼を操るという方法です。

「内助の功」という慣用句がありますが、まさにこの言葉のように影で援助するということです。

デートプランを考える時にも、候補がまったくない状態から彼に考えさせるのではなく、選びやすいように2つの候補を考えて、どちらが良いか彼に決めさせるということです。
このように、判断を彼氏が最終的にすることで、いつの間にかリードしている気分になり、自信もつくことがあります。

きっかけづくりをあなたがして、彼に決めさせるということが大切です。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666