親友(異性)を好きになったみたい!そんな時の考え方と対処法

いつも一緒に遊んだり連絡をしたり仲の良い異性の親友。

気がついたら「好き」になったみたい…?

携帯を確認する、他の異性と親しくしているのをみてモヤモヤするといったことがある場合、好きなのかもしれません。

異性の親友を好きになった場合、その結末はどうなっていくのでしょう?

思い切って告白してみるのもアリかも!

また異性の親友を好きになってしまうことはあるのかどうか聞いてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

夜道が怖いけど彼氏が送ってくれない時にできる対策と頼み方

「デートの帰りに夜道が怖いけど彼氏が送ってくれない・・・。もしかして私、愛されていないの?」こんな悩...

受け身の彼氏に疲れたと思ったらこんな方法でチェンジできる!

デートの誘うのはいつもあなた、電話やメールも送るのはあなたから。 もしかするとあなたの彼氏は「...

彼女の部屋着がジャージはNG?彼女に着てほしい理想の部屋着

彼女の家に遊びに行ったら、彼女の部屋着がジャージだった…。色々な想像をめぐらせて彼女の家に遊びに行っ...

彼氏が実家暮らしの家に遊びに行く場合手土産はあったほうがいい

実家暮らし彼氏の家に遊びに行くことになったら、どんなところか楽しみな反面一緒に住んでいる家族に手土産...

新婚なのにイライラする!共働きだからこそ出来る家事分担のコツ

夢にみた新婚生活はラブラブですか? お互い共働きだと仕事と家事の両立は疲れてしまってイライラす...

彼氏が家に来るのが嫌、そう思われないように気をつける事とは

彼氏が家に来るのが嫌になってしまう瞬間とは?彼女の家でこんな態度や行動を取ってはいませんか? ...

彼女に太ったと言うのは逆効果な理由と痩せる気にさせるコツ

彼女が太ったと感じたときにストレートに太ったと言うことは、実は逆効果になってしまいそうです。 ...

電車で視線を感じるのは異性からの好意アピール?視線の示す意味

電車に乗っているとき、「いつも同じ異性から視線を向けられてる気がする」、「なんだかチラチラ見られてい...

彼氏への大事な話はLINEではなく直接言葉で伝えるのがベスト

彼氏に大事な話がある時、LINEを使って伝えようと思う女性もいるかもしれませんね。確かにLINEはと...

彼女から連絡こない1日連絡がこないのも不安?適度な連絡頻度

「前はもっと頻繁に連絡を取り合ってたのに、最近は丸1日彼女から連絡こないこともある、どうして連絡頻度...

大学の体育会系男子と恋愛したい!体育会系彼氏をGETする方法

大学に入学したら素敵な恋愛を楽しみたいと思っている人もいますよね。特に体育会系の男子と恋愛したい!そ...

好きな人の態度が冷たい!急変した理由と彼の心を取り戻す方法

気になる男性とちょっといい雰囲気になり、「もしかして彼も私のこと気になってるかも!」と思っていたのに...

新婚なのにストレスで体調不良に!原因は色々・対処法を紹介

大好きな彼と憧れの新婚生活!楽しみなはずの生活が何故か体調不良に・・・。 そんな新婚の奥さんも少な...

友達に自慢したくなる彼女を目指そう!愛され女子への道

彼が自分のことを友達に自慢していると聞くと嬉しいですよね。 友達に自慢したくなるような彼女と聞...

好きな人への返信に悩む時はちょっと遅らせる程度がベスト

好きな人とラインやメールを続けていると、この返信ペースでいいのか、もしデートに誘われた時はすぐに返信...

スポンサーリンク

異性の親友を好きになった時に考えられること

今までは親友として仲良くしてきた異性の友達のはずなのに、気付いたら好きになっていた…。なんてことがありますよね。

そして、親友だからこそ悩みも増えることでしょう。このままの親友という関係を伝えるべきか、想いを伝えるべきか…。しかし想いを伝えて万が一上手くいかなかった場合は、もう親友に戻ることは出来ないという大きなリスクもある為、本当に悩んでしまうんですよね。

しかし、あなたが異性の友達に対する恋心に気付いてしまった時点で、ある意味もう親友に戻ることは出来ないのです。何故ならあなた自身がもう相手のことを、親友という目で見る事が出来ないから。

だから選択肢は一つ、想いを伝えるのみです。もし上手くいけば、気の合う最高のカップルになることは間違いありません。

ただ、万が一上手くいかない場合には先ほども言ったとおり、元の関係には戻れないという大きなリスクも背負っています。

その為、少しでも成功率を上げるべく告白の前にアピールをしていくことが重要になります。異性の親友にも、自分が恋愛対象であることを意識させるのです。親友と恋愛トークをする中で相手の反応を見て、自分に対して恋愛感情は少しでもあるのかをチェックしてみてください。

異性の親友を好きかどうかの判断は

異性の親友のことを好きなのは当然です。しかし時に、これは友達としての好きなのか、それとも恋愛の好きなのか…。自分自身でもわからなくなってしまうことがあります。一体どのようにして判断すれば良いのでしょうか?

例えば、相手とのメールのやり取りを思い出してみてください。返信が来るのを待っている時間は長く感じますか?ドキドキしていますか?

きっと本当にただの親友というのであれば、何の気無しにメールも送ることでしょう。それにも関わらず、自分が送るメールの内容を考えるのにすごく悩んでしまったり、相手からのメールを開封する際にドキドキしてしまったり…。そういったことがあるのは、異性の親友に対して恋をしているからでしょう。

あとは、異性の親友が他の女性と話している姿を見て嫉妬してしまうというのも、恋をしている可能性があります。好きな人に対してというのは、どうしても独り占めしたいという心理が働いてしまうものです。

しかし、中には恋愛感情が無くとも「親友」という立場から嫉妬してしまうケースもあるので、嫉妬という感情だけではそれが本当に恋愛感情なのかの判断は難しいです。いずれにせよ、異性の親友があなたにとって大切な存在であることは確かです。

異性の親友を好きになったことはある?

異性の親友を好きになってしまうというのは、おかしなことなのでしょうか?

いいえ、決してそんなことはありません!あるアンケートによれば、なんと男性の半数以上、女性の3割以上の人が異性の友達を好きになった事があると回答しています。

よく男女の友情はあるなんて言いますが、実際のところは結構な割合の人たちが友達という関係から恋愛に発展した経験があることがわかりました。

では、一体どのようなことがきっかけで友情が恋に変わるのでしょうか?

それは、相手の好意が見えたときなんだとか。相手が自分に対して好意を抱いているのを知ると、今までは友達と思って見てきた相手でも一気に恋愛対象として意識してしまうんですよね。そして、本音で話せる友達だからこそ、お互いに相手の良いところに気付いて惹かれていくことも多いのです。

そう考えると、親友を好きになった場合でも想いを伝えることで、上手くいく可能性は十分にあるということです。親友以上の関係になりたいのであれば、思い切って告白してみましょう。

男友達を好きになった場合彼女になるには?

友達から彼女に昇格したい!と思っていても、彼があなたのことを「友達」としてしか見ていない様子であれば、どうやってアピールしたら良いのか迷いますよね。

そんな時はまず、2人だけの時間を作ることから始めましょう。いつもは友達グループで仲良くわいわいしている場合でも、2人だけで会いたいことを伝えると彼も少なからず意識することでしょう。

そして、女性として意識してもらうことが重要になるため、いつもと髪型やメイク、服装を変えるなどして彼をドキッとさせましょう。今までは友達としてしか見ていなかった場合でも、一気に雰囲気が変われば彼も意識してしまうに違いありません。

さり気ないボディタッチなども効果が期待出来ますので、是非2人で会った際には挑戦してみてください。

「友達として好き」「女性として好き」の違い

自分は友達のことを男性として好きだと思っている場合、相手は自分のことをどう思っているのかが気になりますよね。仲が良い友達の場合、好意を持ってくれていることはわかってもそれが「友達として」なのか「女性として」なのかの判断がつかないのです。

そんな時は、彼の言動をしっかりチェックしていれば答えは見つかるかもしれません。

例えば友達として好きな場合、遊びに誘われる際にはグループの中の一人として誘われるものの、女性として好きなのであれば二人だけで会いたがるはずです。

あとは、他の女性には見せないような優しさを見せてくれたり、何かと特別扱いをしてくれることも多いでしょう。他の男性と話をしている際には、嫉妬心から話しに入ってこようとすることもあるかもしれませんね。

そういった男性の言動を見逃さないようにしてくださいね!


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666