彼女なのにヤキモチを焼いて嫉妬してしまう!元カノの乗り越え方

付き合っている彼氏の元カノのことは知らない方がいいと知りつつも、つい気になっていろいろと聞いてしまいますよね。
聞いた後に「やっぱり聞かなければ良かった…」と後悔することも。
彼氏のことが大好きなあまり、彼女として元カノへヤキモチを焼いてしまうのは仕方のないことです。

でも自分自身も、「元カノに嫉妬するなんてイヤな女かな…」と感じてしまう人もいるでしょう。
そんな彼氏の元カノに嫉妬してしまう原因や対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

彼氏への大事な話はLINEではなく直接言葉で伝えるのがベスト

彼氏に大事な話がある時、LINEを使って伝えようと思う女性もいるかもしれませんね。確かにLINEはと...

電車で視線を感じるのは異性からの好意アピール?視線の示す意味

電車に乗っているとき、「いつも同じ異性から視線を向けられてる気がする」、「なんだかチラチラ見られてい...

親友(異性)を好きになったみたい!そんな時の考え方と対処法

いつも一緒に遊んだり連絡をしたり仲の良い異性の親友。 気がついたら「好き」になったみたい…? ...

彼女に太ったと言うのは逆効果な理由と痩せる気にさせるコツ

彼女が太ったと感じたときにストレートに太ったと言うことは、実は逆効果になってしまいそうです。 ...

未読無視問題。彼氏に何日スルーされたら危機感を持つべきか

未読無視って、どのくらいまで許せますか? 彼氏へのLINE。 未読無視のままもう何日経ってる...

男の低身長コンプレックスを克服するには?気にしないとモテる

男の低身長は致命的…。と思ってはいませんか?コンプレックスとなりやすい、男性の身長問題ですが、女性の...

彼女がオタクを隠す理由やその魅力と上手に付き合う方法とは

彼女はオタクなのを隠すことで、あなたと付き合っているかもしれませんね。 では、どうして彼女がオ...

離婚した後で後悔するのは男性の方が多い?その本音を探る

結婚よりも離婚する方が大変だとわかっていながら離婚したものの、後悔してしまう男性は多いと言います。 ...

大学の体育会系男子と恋愛したい!体育会系彼氏をGETする方法

大学に入学したら素敵な恋愛を楽しみたいと思っている人もいますよね。特に体育会系の男子と恋愛したい!そ...

好きな人を落とすなら飲み会の帰り際がポイント!印象を残す方法

好きな人と距離を縮めたいなら飲み会の帰りがポイントです!もちろん、飲み会中もこんなワザが自然にできた...

新婚なのにイライラする!共働きだからこそ出来る家事分担のコツ

夢にみた新婚生活はラブラブですか? お互い共働きだと仕事と家事の両立は疲れてしまってイライラす...

メールが来ない不安は自分の中でネガティブ思考になっているから

メールが来ないことについて、いちいち大げさに不安がることはやめましょう。 女子は、メールやLI...

彼氏のスマホで浮気がわかる?浮気している男性が取る怪しい行動

今まではスマホを見ても怒らなかった彼氏が、最近スマホに触るだけで急に怒るようになった・怪しい行動が多...

受け身の彼氏に疲れたと思ったらこんな方法でチェンジできる!

デートの誘うのはいつもあなた、電話やメールも送るのはあなたから。 もしかするとあなたの彼氏は「...

彼女が仕事でストレスを抱えている時に彼氏としてできること

仕事に忙しい彼女を見て、「きっと仕事でストレスを感じているなぁ」と思ったことはありませんか? ...

スポンサーリンク

彼女として元カノにヤキモチを焼いてしまう!男性の過去の恋愛の考え方

男性の過去の恋愛の考え方は、女性の過去の恋愛の考え方とはおおきく違います。

  • 男性は過去の恋をフォルダごとに保存していきます。
  • 女性は過去の恋を上書き保存していきます。

男性は過去の恋をひとつひとつ消さずに記憶に残して大事にするものなのです。
過去の恋人を時々思い出しては「あの時は悪いことをしたなあ。今は元気にやっているのだろうか?」と考えることもあるのです。

フォルダ保存する男性に対して上書き保存する女性は、現在の恋が一番大切に思っています。
過去に別れた人でも、今も好きでいたら現在進行形の恋となるのです。
しかし、そんな過去の恋を上書きできるような素敵な人に出会えたら、過去の恋はどうでもよくなるのです。

こういったことから、男性の過去の恋への思い入れが、女性は理解できないのです。

ヤキモチは今の彼女として元カノへ感謝

大好きな彼氏と付き合っていると、元カノとの思い出の場所や元カノにあげたプレゼントの話などついつい聞いてしまいますよね。

嫉妬をしてしまうから聞きたくないとは思いながらも、気になってしまってどんどん深いことまで聞いてしまい、聞かなきゃよかった!と後から後悔してしまうことがほとんどです。

どうして嫉妬してしまうことが目に見えているのに気になって聞いてしまうのでしょうか?
それは、大好きな彼が過去のどんな女性よりも自分のことが一番だといって欲しいからなのです。

しかし、元カノは過去に彼と上手くいかなくなって別れた人であって、今彼と付き合っているのはあなたなのです。
過去があるから今があるのです。

あなたにも過去があるように、彼にも過去があって当たり前なことです。
大切なのは今で、過去はもう終わっていることなので張り合う必要はありません。

彼の過去を気にするよりも、彼の過去ごと全部好きになってあげて彼との未来を考えていきましょう。
元カノには彼がお世話になりましたと感謝をするくらいの気持ちを持っていれば良いのです。

元カノへのヤキモチが抑えられないなら彼女として彼に伝える

いくら過去のことを気にしないようにしていても、元カノに嫉妬してしまうことはありますよね。

元カノへのヤキモチが抑えられないときは、冷静な気持ちで元カノに嫉妬してしまっているということを伝えましょう。

彼氏に「ヤキモチを妬いてるなんて可愛いなあ」と思わせるように気をつけていってみると冷静に話すことができますよ!

元カノの話はしないでほしい!ということとヤキモチを妬いてしまいそうなときは慰めて!ということを伝えるようにしましょう。

このとき、元カノのことを決して悪く言ってはいけません。
元カノだったとしても彼が過去に好きだと思っていた人なので、悪く言われるのは快く思わないのです。

悪く言ったことによって思わぬ反論をされ、冷静に話し合いをすることができなくなってしまう可能性があります。

結局男性は好きだったものを悪く言われるのがいやなのです。
彼の怒りの矛先があなたへ向いてしまわないように気をつけたいところです。

元カノへヤキモチを焼くことで思い込みが深くなることも

彼氏が自分よりも元カノと付き合った期間の方が長かったり、元カノと古くからの友達だった場合、それが嫉妬の原因となってしまうことがあります。

付き合いが長ければ彼氏のことを良くしっているということになり、自分よりも彼氏のことを知っているんだと思い込んでしまうのです。

もちろん元カノにしか知らないこともありますが、今の彼のことは元カノは知らないのです。
彼の知らないことがあるのはお互い様で、これから先たくさんのことを二人で経験していけるのはあなたなのですから、元カノが知らないことはどんどん増えていくのです。

これから付き合っていく中での彼氏の姿もあなたにしか見られないことなので、元カノに嫉妬することは無いのです。

また、彼氏や彼氏の元カノのことばかり考えてしまうのはあなたが恋愛に執着しすぎていることが原因となっていることがあります。

恋愛以外に目を向けることがなくなってしまうと、元カノのことや彼の些細な言動にも敏感になってしまうのです。

そうならないためにも、恋愛はほどほどに彼以外の人たちとの時間も大切にしていくことで気持ちにも余裕が生まれるのです。

元カノへのヤキモチを克服する方法

彼氏のことが好きすぎて、過去の元カノにヤキモチを妬いてしまうことは誰にでもあります。
元カノへのヤキモチを克服する方法はあるのでしょうか?

元カノへのヤキモチを克服する方法は、元カノと自分を比べないこと

元カノと自分を比べてしまうと、元カノにはあって自分には足りないところがたくさん目に付いてしまうものです。
元カノが可愛かったり、家庭的であったりすると劣等感を感じてしまうのです。
比較しても悲しくなってしまうだけですし、あなたにはあなたの良いところがあって彼もあなたと一緒にいるんだということを忘れないでください。

また、元カノにヤキモチを妬いてしまうのは自分に自信がないからということがあります。
彼と一緒に自分の好きなところを紙などに書き出してみると愛されているところや良いところがたくさんあるんだと自信を持つことに繋がります。

反対に彼氏の好きなところも書き出して、楽しい時間を過ごしていくことが大切ですよ!


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666