料理が下手な彼女との結婚はアリかナシか。下手な理由と特徴

彼女の手料理を初めて食べた時にはどう感じましたか?
「もしかしたらこの料理が苦手なのかもしれない。次のメニューは美味しいかもしれない。」

そう思って二回目に食べた時に、彼女の料理が下手かもしれないと感じた経験はありませんか?

せっかく作ってくれた彼女の料理が美味しくないのは、とても残念ですね。

料理が下手な彼女との結婚はあるのでしょうか?まずは、アリかナシかの回答とその意見をご覧ください。

また料理が下手な彼女に思うことや、料理が下手な人の特徴やそのワケを紹介します。

料理下手でも失敗が少なくて済む料理は何でしょう?そんな料理をリクエストしてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

東京で遊びたい。子供が楽しめる色々なジャンルの遊びスポット

東京には大人から子供まで楽しめるスポットがたくさんありますが、ここでは子供が思いっきり遊びを楽しむこ...

楽器初心者が趣味として始めることのメリットやオススメとは

楽器初心者でも趣味として楽器を始めたいと思っているそこのあなた!今からでも全然遅くはないです...

デッサンの練習【初心者向き】上達するためのポイントやメリット

デッサンの練習を初心者が初めるときに、どんな練習からすればいいのか、どんなことに気をつけるべきかと悩...

顔が大きい人に似合う髪型を厳選!NGポイントもご紹介します

顔が大きいことが悩みという女性も多いと言いますが、それで自分がしたい髪型をあきらめてしまっていません...

デッサンに挑戦!鉛筆の選び方など初心者が気をつけることを解説

鉛筆デッサンに挑戦してみたいと思っても、どんな鉛筆使えばいいのか、削り方はどうすればいいのかわからな...

ジムのトレーナーに資格なしでもなる方法と資格の必要性とは

ジムのトレーナーになるには資格は特に必要ありません。資格がなくてもスポーツジムのパーソナルトレーナー...

絵が下手な子供が上手くなるために大人ができる大切なこと

絵が下手な子供が上手くなるにはどんな教え方をしたらいいのかと悩んでいませんか?もしかしたら、お母...

地方に転勤になった独身男性がやるべきことと一人の楽しみ方

会社からの希望しない地方への転勤を伝えられたら、誰しも戸惑いますよね。会社の人事異動なので、勤め...

朝は眠い!仕事なのにスッキリ目が覚めない時にできる対処法

朝起きてもなかなか目が冷めずに眠いことってありますよね。仕事なのに目が覚めなくて作業に取りかかれない...

顔が大きいのが悩み!面長の顔の大きさを前髪でカバーする方法

自分の顔が大きい事に悩んでいる女性もいるのではないでしょうか。面長の顔の形で顔が大きいことをどうにか...

平日休みにやることリスト!平日のお休みを満喫する過ごし方

平日休みの方は、休日が合う友人がなかなかいないのが悩みという声をよく聞きます。しかし、平日にしか...

女性でイケメンに弱い人には特徴がある!イケメンを選ぶ理由

女性が男性に求めることは人それぞれです。「優しさ」であったり「頼もしさ」であったり、一番重要視す...

色のイメージは性格に影響する?色の特徴と使い方

色のイメージを上手く取り入れることで周りに与える性格の印象を少し変えることができるかもしれません。...

人生後悔の連続でも前向きに生きるためのヒントをあなたへ

「どうしていつも上手くいかないんだろう」「何をしても後悔ばかり…」と人生後悔の連続だと嘆いていません...

結婚式の翌日の仕事は休みたい?過ごし方ややるべきこととは

結婚式の翌日は仕事の休みを取るべきか悩む人もいますよね。では、結婚式の翌日にやることってどん...

スポンサーリンク

料理が下手な女性との結婚はアリかナシか

女性の中にはもちろん料理が得意ではない人もいます。
男性はきっと料理が上手な女性を理想としている人が多いと思っていました。

しかし、意外にも料理が下手でも「アリ」と思っている男性が多いことに驚きました。

結婚相手として考えても、約半数の男性が料理が下手な女性でもアリという寛大な意見を述べています。

結婚をするとなると、女性の方が料理を作る機会も多くなるイメージがあるのに、なぜ料理が下手でもアリだと思ってくれるのでしょう。

  • 少しずつ作れるようになるものだから
  • 頑張って作ろうという気持ちが大切
  • 料理は女性だけのことではない
  • 自分が料理が得意だから、出来る方が出来ることをやれば良い

なんという優しい心の持ち主でしょうか。

もはや料理は女性の役割という概念に縛られていないようです。

少しずつ料理をしていくうちに出来るようになる、という意見も心が広いですね。
上手になるまで待ってくれるということですから。

もちろん最低限の料理くらいは、結婚していなくても作れて欲しいという男性の意見もありますが、結婚に料理を求める優先順位はあまり高くないのかもしれません。

これだけはやめて欲しいと料理下手な彼女に思うこと

料理が下手なことは仕方ないけど、料理が下手なのにこんなことをされると…というNG行動とは

料理に自信がないのにこんなことをしている女性がいたら、すぐに改善した方が良さそうです。

消費期限を気にしない

賞味期限ならまだしも、消費期限を気にしないのはさすがにNG。
賞味期限は風味を損なわずに美味しく食べられる期限、一方で消費期限は安全に安心して食べることが出来る期限を指します。

ということは、消費期限を過ぎたものは体調に異変が生じる可能性も考えられるのです。

料理が下手だと十分に加熱していないとかいろいろなことを考えてしまうので、余計に消費期限を過ぎたものを使われると不安が増してしまいます。

下手なのに味見をしない

自分の母親は味見をしなかったけど、料理が上手だったとか根拠のない自信にこだわり、頑なに味見をしない女性は考えものです。

味見をすることは大変な工程ではないですし、味見をしていれば途中で調整することが出来ます。

味見をしない女性は料理が下手という自覚がない傾向があるので、まずは自覚させることが必要かもしれません。

自己流料理

料理に自信がないからこそ、料理本などレシピに忠実に作るものですが、料理が下手なのに自己流アレンジを加えることもNGですね。

アレンジは料理に慣れている人が出来ることです。

基本的な料理も下手なのにアレンジを加えると、やはり味覚を共有出来る男性は少ないようです。

料理が下手な女性によくある特徴

料理が下手な女性は、いくつかのある共通する特徴があります。

この特徴がたくさん見られたら、料理下手な可能性が高まります。

なぜか自信がある

料理が下手なのに自信があるということは、きっと下手だという認識がないのでしょう。
料理は簡単だという思い込みで、なんとなくの流れで作れるものだと思っています。

いざとなれば自分も簡単に作れるという気持ちが、根拠のない自信を生むのですが、実際に料理をしてみて難しいという現実に気付く人が多いです。

味見をしない

先ほども言いましたが、料理が下手な女性に限ってなぜか味見をしません。
自信がないからこそ味見をすると思うのですが、根拠のない自信があるからこそ味見をしないのかもしれませんね。

下ごしらえなど工程を勝手に省略する

確かに料理の中には、少し手間の必要な下ごしらえなどもあります。
しかし、その一手間が料理の味を変えます。

料理が上手な女性はそのことを知っているから、きちんと手間をかけて下ごしらえをします。

料理が下手な女性は、下ごしらえの大切さを知らないので、平気で省略出来てしまいます。

食への興味が薄い

実は食への関心がない女性は、料理への関心も薄く上手な人が少ない傾向があります。
食べることが好き、美味しいものを普段から食べている女性は、自分でも美味しいものを作りたいという気持ちがあり、自然と料理の腕を磨いていきます。

料理が下手な彼女のご飯を食べた時の男の気持ち

料理が下手な女性に対して、意外に理解ある男性は多いようですが、それでも最初に食べたときは少なからず衝撃を受けるそうです。

素直に美味しくない。普段は料理をしないのかな。という気持ちになる男性もいますが、料理が下手ということから性格や価値観を分析する男性もいます。

ガサツな性格だから、こんな料理になるのかな?
この女性とは味覚を含めた価値観が合わないかも。
なんてことも思うようです。

中には意外な一面が見れた、なんて前向きな意見もありますが、初めて食べたときは料理が下手な女性の印象はあまり良くないことが多いです。

料理が下手な彼女でもこれなら失敗しないかも

料理が下手な女性は、失敗しにくい料理から挑戦してみるといいでしょう。
失敗しにくいのに好物という人が多い料理なので、上手に作れる上に喜ばれます。

彼女が料理が下手なら、まずはこの料理から始めてもらいましょう。

カレーライス

男性の好物の定番とも言えるカレーライスです。

中にはスパイスから作るという上級者もいますが、多くの人が市販のカレールーを使って作ります。

自分で味付けをしなくても、ルーが美味しいので後は手順を間違えずに進めていくだけです。

初めて作った料理がカレーライスという人は、男女問わずとても多いです。

ハンバーグ

ハンバーグも実はわりと作りやすい料理です。
肉の味付けもシンプルで、いろいろな調味料を使うわけではないので、味付けの失敗はしにくいです。

中まできちんと火を通すことが大変ですが、オーブンを使って加熱したり、煮込みハンバーグにして火を通すなど方法を変えることも出来ます。

寒い季節には鍋が食べたくなります。

一から鍋のスープを作る人もいますが、最初は市販のスープを使ってもいいでしょう。
具材を切ってあとは煮るだけですが、みんなで囲む鍋は人気の料理でもあります。