ジムのトレーナーに資格なしでもなる方法と資格の必要性とは

ジムのトレーナーになるには資格は特に必要ありません。資格がなくてもスポーツジムのパーソナルトレーナーにも問題なくなれるのです。ただし、資格がないので、実績を得るために経験は必要になってきます。

そこで、ジムのトレーナーに資格なしでもなる方法と資格の必要性について、無資格でもパーソナルトレーナーになれることや無資格のパーソナルトレーナーに大切な経験、無資格でジムのパーソナルトレーナーになる方法やパーソナルトレーナーの資格を取ることとその必要性などお伝えしていきましょう。

これを読めば、これからジムのパーソナルトレーナーを目指すあなたが、どうすればトレーナーになることができるのかもわかりますし、資格を取ることであなたが得られることもわかるでしょう。資格を取るべきか悩んでいる人もぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

体力が衰えるのはいつから?筋肉はいくつになっても鍛えられる

「最近若い頃のようにはできなくなった」というお悩みを抱えている人もいますよね。人間の体力が衰え始める...

デッサンに挑戦!鉛筆の選び方など初心者が気をつけることを解説

鉛筆デッサンに挑戦してみたいと思っても、どんな鉛筆使えばいいのか、削り方はどうすればいいのかわからな...

匂いで記憶を思い出すプルースト効果メカニズムと恋愛テクニック

ふと横を通った人の匂いを嗅いだり、料理の匂いで昔の記憶を思い出すことってありますよね。これは「プルー...

過去を思い出すとつらい。苦しい記憶を思い出す癖を治す

過去を思い出すとつらい。一つの出来事に苦しめられていますか?それとも、過去を振り返って、...

電車の中で読書する!集中して読めるやり方やおすすめな理由とは

電車の中では何をしていますか?よく見かけるのはスマホを操作しているか音楽を聞いている、または寝て...

ハンドメイドのサイトの作り方とは?おすすめは販売サイト

ハンドメイドのサイトの作り方がいまいちよくわからない・・自分のサイトを作りたいと思ったときにはどのよ...

朝は眠い!仕事なのにスッキリ目が覚めない時にできる対処法

朝起きてもなかなか目が冷めずに眠いことってありますよね。仕事なのに目が覚めなくて作業に取りかかれない...

ガレージにシャッターを後付けする場合の方法と注意点

ガレージ付きの一戸建てを購入した後に、やっぱりシャッターを後付けしようかと悩むことがあります。シ...

モーニングコールを好きな人にする時の言葉や伝え方を伝授!

好きな人にモーニングコールをする時、どんな言葉で起こすのが良いか悩むこともありますよね。好きな人が朝...

ポリエステル生地の上手なアイロンの掛け方。温度やコツを紹介

ポリエステル生地の洋服を洗濯した時に、シワが気になりますね。ポリエステルの生地を触ってみると...

平日休みにやることリスト!平日のお休みを満喫する過ごし方

平日休みの方は、休日が合う友人がなかなかいないのが悩みという声をよく聞きます。しかし、平日にしか...

写真を撮る時のおすすめポーズ!大人数は統一感を出してアピール

修学旅行や体育祭など、大人数で写真を撮る機会は意外とあります。それぞれ違ったポーズで写真を撮るの...

絵が下手な人の特徴と上達するためのおすすめの練習方法

絵が苦手という方は少なくありません。自分は絵が下手と感じている方にはどのような特徴があるのでしょうか...

独身は幸せ?既婚・未婚男性の幸福度と結婚出来ない男性の特徴

結婚をせずに独身生活を謳歌している男性もいます。実際、結婚をせずに独身でいる男性は、既婚男性よりも幸...

顔が大きい人に似合う髪型を厳選!NGポイントもご紹介します

顔が大きいことが悩みという女性も多いと言いますが、それで自分がしたい髪型をあきらめてしまっていません...

スポンサーリンク

ジムのパーソナルトレーナーは資格がなくても問題ない

自分はスポーツが得意だし人と接するのも好きだから、ジムのトレーナなどスポーツに関わる仕事がしてみたい!
このように自分に何か得意なものがあると、それを生かした仕事を経験してみたいと思うこともありますよね。
若いうちは経験が大切ですし何事も挑戦することは良いことです。

しかし、実際にジムのパーソナルトレーナーになるためには、資格が必要なのではないかと気になったことはありませんか?
お客さん相手に専門的なトレーニングを教える職業だからこそ、専門的な知識が必要になるのではないかと思いますよね。

基本的に、ジムのパーソナルトレーナーには、弁護士や警察官などのように国家資格はありません。
パーソナルトレーナーとしてお仕事されている方が持っている資格(NSCA-CPTやJATI-ATI等)は、全て民間で行われた試験の資格です。
そのため、資格を必要としていないジムであれば、無資格でもパーソナルトレーナーとして働くことができます。

ですが、資格はあるに越したことはありません。
資格を持っていれば転職活動の際に採用側に知識があることをアピールすることに繋がりますし、トレーナーとしても多くの知識を持つことができますよ。

パーソナルトレーナーの資格は、独学はもちろんのことパーソナルトレーナーの養成学校でも取得することができますので、調べてみると良いでしょう。

ジムのパーソナルトレーナーに無資格でなるには経験が大事

自分がジムに通うとなると求めるのは、目に見える結果ですよね。
これはジムに通う方々も同じです。「結果」を求めて通っているのです。
そのため、その求める結果を出させてあげられれば、資格を持っている持っていないに関わらずお客さんに信頼してもらうことができます。

お客さんに満足する結果を出させてあげるためには、「経験」がとにかく重要になってきます。
資格を持っていても実力が無ければ何の意味もありません。
たくさんの経験を積んで実力をつけることが何より大切なのです。

そしてその実力をお客様に発揮してお客さんに満足して貰えれば、自然とジムトレーナーとしての活動は有意義なものになるはずです。

無資格でジムのパーソナルトレーナーになる方法

無資格でジムのパーソナルトレーナーになる方法としては、ジムでアルバイトから始めるのがオススメです。

ジムのパーソナルトレーナーになるためには、なぜアルバイトから始めるのがオススメ?

アルバイト募集をしているジムは人手不足で募集をかけている可能性が高く、経験問わず募集をしている場合が多いためです。
そのため、資格を持っていない無資格者や経験の無い初心者の場合でも受け入れて貰える可能性が高いのです。

また、アルバイトから下積みを重ねれば、お金を貰いながら実際の職場環境でパーソナルトレーナーとしての経験を積むことができます。
頑張って下積みを続けていれば、いずれは社員として雇って貰える時が来るかもしれません。

パーソナルトレーナーの資格を取ればキャリアアップも叶う

ジムのパーソナルトレーナーは無資格でも経験を積めばなることができますが、資格があるに越したことはありません。

資格があれば、トレーニングについての幅広い知識を得られることはもちろん、正しい食事管理法なども学ぶことができます。
またこうした資格を取得できればパーソナルトレーナーとしてのキャリアアップも期待でき、パーソナルトレーナーとして充実した生活を送ることにも繋がるでしょう。

パーソナルトレーナーの資格は、パーソナルトレーナーというお仕事をする上で、決して無駄になる資格ではありません。
自分のためになることはもちろん、お客さんに満足してもらうためにも役立つ資格ですので、資格の取得を考えてみるのも良いかもしれません。

トレーナーとして自立を考えるなら資格を取りましょう

いかがでしたでしょうか。

これまでも述べてきたように、パーソナルトレーナーには国家資格がありませんので、資格を持っていなくても、経験さえ積めばなれる職業でもあります。
しかし、その一方で既にパーソナルトレーナーとして働いている方々は、何かしらの民間資格を持っているのも事実です。
また、パーソナルトレーナーというお仕事は人に教える立場であるからこそしっかりとした知識を身につける必要があり、その上で資格というのは大きく役立ちます。

また、資格を持っていればたくさんのメリットを得ることにも繋がります。

  • お客さんからの信頼度が高まる
  • パーソナルトレーナーになるための転職活動が有利になる
  • 専門的なトレーニングを教えることができる

資格を持っているということは、それだけ信頼性が高まるということ。
「資格を持っている=実力がある」とは限りませんが、持っていない人よりも豊富な知識を持っているのは確実です。

一方で、パーソナルトレーナーとして経験を積んだ後は独立をしたい!と考えることもあるかもしれませんが、独立には資格の取得が欠かせません。
お客さんのためにも自分のためにもなる資格の取得、一度検討してみると良いかもしれません。