過去を思い出すとつらい。苦しい記憶を思い出す癖を治す

過去を思い出すとつらい。

一つの出来事に苦しめられていますか?
それとも、過去を振り返って、様々な出来事に対してつらさを感じているのですか?

まずは、『つらい過去』をついつい思い出してしまう思考回路をやめてみましょう。

過去に起こったことは変えられません。

でも、今が変われば過去に起こったことへの捉え方を変えることができます。

過去に苦しめられる今の自分を作っていることに気づけば、あなたは苦しみから解放されるはずです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ポリエステル生地の上手なアイロンの掛け方。温度やコツを紹介

ポリエステル生地の洋服を洗濯した時に、シワが気になりますね。ポリエステルの生地を触ってみると...

お風呂に入らない日が何日続くと人は限界を迎えるのか

お風呂がとにかく面倒で入らないという人はいます。実はあなたもそうでは?病気や怪我で何日もお風...

絵が下手な子供が上手くなるために大人ができる大切なこと

絵が下手な子供が上手くなるにはどんな教え方をしたらいいのかと悩んでいませんか?もしかしたら、お母...

旦那が無職で離婚を考える。その前に出来ることってありますか

旦那が無職。離婚したい!まずは生活費ですよね?あなたは旦那が仕事をしなくても生活して...

同居を拒否するなら離婚!?時代錯誤の考え方はもう捨てよう

「同居拒否なら離婚」と夫に言われたという話、最近よく聞きます。義理の両親との同居、なぜしなけ...

匂いで記憶を思い出すプルースト効果メカニズムと恋愛テクニック

ふと横を通った人の匂いを嗅いだり、料理の匂いで昔の記憶を思い出すことってありますよね。これは「プルー...

結婚式の翌日の仕事は休みたい?過ごし方ややるべきこととは

結婚式の翌日は仕事の休みを取るべきか悩む人もいますよね。では、結婚式の翌日にやることってどん...

アイデアノートの書き方は無限!考えを紙に書き出すと見えてくる

アイデアをノートに書き出してみましょう。ぼんやりしている思考や、次々に浮かび上がるアイディア...

ジムのトレーナーに資格なしでもなる方法と資格の必要性とは

ジムのトレーナーになるには資格は特に必要ありません。資格がなくてもスポーツジムのパーソナルトレーナー...

デッサンの練習【初心者向き】上達するためのポイントやメリット

デッサンの練習を初心者が初めるときに、どんな練習からすればいいのか、どんなことに気をつけるべきかと悩...

色のイメージは性格に影響する?色の特徴と使い方

色のイメージを上手く取り入れることで周りに与える性格の印象を少し変えることができるかもしれません。...

緑のドレスには何色のボレロが似合う?ドレスとボレロについて

結婚式に招待をされたとき、ドレスを新しく購入することは珍しくないですよね。結婚式だと主役は新婦!主役...

写真を撮る時のおすすめポーズ!大人数は統一感を出してアピール

修学旅行や体育祭など、大人数で写真を撮る機会は意外とあります。それぞれ違ったポーズで写真を撮るの...

電車の中で読書する!集中して読めるやり方やおすすめな理由とは

電車の中では何をしていますか?よく見かけるのはスマホを操作しているか音楽を聞いている、または寝て...

彼女に「太った?」指摘はNG!彼女を傷つけずに痩せさせる方法

付き合う前にはスタイルの良かった彼女が、付き合うようになってから少しずつ太ってきたかも…と感じている...

スポンサーリンク

過去にあった出来事を思い出すとつらい

誰でも辛い経験をしていると思いますが、その過去のつらい経験、思い出すと涙が出てきたり、「また同じ経験をするのではないか?」と思うこともあると思います。

過去にあった辛い経験は癒されることができ、そこから成長するのことはできるのでしょうか?

結論から言うと、辛い経験を克服することはできます。そのことにより、人はより大きな器になってきます。

どの学校、どの職場にいたとしても、自分を傷つけてくる人はいます。その時に「あの人のことは許したくないし、許せない」という選択をすることもできますし、もしくは「酷いことを言ってきたけど、その背後には何か理由があるのかもしれない」と許す選択をすることもできます。

一瞬にしては無理だと思いますが、時間をかけて、つらい過去を乗り越えていくことが、人生に置いても大切なことになってくると思います。

過去を思い出す。イヤな記憶が鮮明に残っていてつらい。どうして忘れることができないの?

過去を思い出すとつらい経験がある。酷いことを言われて、許せない相手がいる。でも、許さないこと選ぶのでは、許すことを選んで人として成長していくことについてみてきました。

ふと思うかもしません。許さなきゃいけないのはわかっているけど、どうしてつらい記憶が何回も自分の記憶の中に留まっているのだろうと。

一つの考え方ですが、嫌なことであったり、自分で納得がいかない事はそれが過去のつらい経験や記憶と結びついていて、何か否定的な出来事がある度に、過去の記憶が蘇ってしまうのです。

今経験している嫌なこと、不愉快だと感じていることと過去のつらい経験が繋がってしまっているのでしょうね。その関係性があるので、自分にとって嫌な経験を中々忘れることができないようです。

過去を思い出すとつらい。でも過去に起きたことは今起きたことではない

過去のつらい経験を思い出してしまうのは、今経験している辛いことと、過去の経験が繋がりがあるので、思い出してしまうことについてみてきました。

繋がりは理解できたけど、どうしたら、その過去の経験を克服していけるのか。

過去に起きた事は過去に起きた事です。誰でも失敗はしますし、そこで必要になるのは、その過ちや失敗から学ぶことではないでしょうか。

変に自分で過去にあった出来事にしがみついたり、またその傷をこじ開けても仕方がないことだと思います。

その過去を用いて、現在の自分がどう成長できるのか、また、周りの方々のサポートがあって今の自分があるのですから、つらい過去だけではなく、周りに感謝することも大切ではないでしょうか。過去に固着するのではなく、今を生きていきましょう。

過去を思い出すとつらい。それなら思い出さないようにするだけ

過去を思い出すとつらい。そのつらい部分に触れるよりも、その経験を踏まえた上で何を学んだか、また、乗り越えられるのであれば、周囲のサポートもあっての事なので、周りに感謝することについてみてきました。

でも、過去のつらい思い出が戻ってきてしまうので、もう思い出したくない。そういう問題を抱えている人もいると思います。

具体的にどうしていけば良いのか。

「過去ではなく、未来を見つめる」

これが1番の良い方法だと思います。過去のつらい記憶や経験だけを見るのではなく、見る方向を将来に向けていくことです。

一日は24時間に限られていますから、そうやって自分の将来のことを考えたりしていくうちに、過去のつらい経験を思い出す時間も無くなっていくのではないでしょうか。

そうやって、過去のつらい経験に触れない方法もあります。将来の明るい自分をイメージしてみたらいかがでしょうか。

過去を思い出すとつらいなら、辛い記憶を思い出して『今』苦しんでいることに気づこう

過去を思い出すとつらい。解決方法として「未来」に集中することについてみてきました。

別の方法で、過去のつらい記憶に触れない方法もあります。二つあるので紹介していきます。

  1. 「過去ではなく今」に集中すること
    過去のつらい出来事に固着するのではなく、今に集中することです。
    過去の経験を変えることはできないし、どうしようもありません。でも、今や将来だったら変えられますよね。
    昔の感情に固着するよりも、今の感情をコントロールして、過去のつらい経験を思い出さないようにすることもできます。
  2. 経験をどう捉えているのかは自分だと考える
    色んなことが世の中起きますよね。そんな時に、何をどう捉えるかだと思います。
    地震が起きて、家族を失った人もいる。急に飛行機が墜落して、障害が残る人もいます。一つ一つの出来事をどのように捕らえるかも大切になってきます。
    自分に起きた過去のネガティブな出来事も、別の視点からみたら、自分に必要な試練だったかもしれません。
    色んな視点からその過去の出来事を見ることができると、良いのではないでしょうか。