電車の中で読書する!集中して読めるやり方やおすすめな理由とは

電車の中では何をしていますか?
よく見かけるのはスマホを操作しているか音楽を聞いている、または寝ている人でしょうか。

中には本を読んでいる人もいますが、揺れる電車の中で読書に集中出来るのでしょうか?
ですが、読書の時間を確保したいなら電車の移動時間はオススメといえます。
その気になる理由をみてみましょう。

また揺れる電車内で少しでも快適に読書をする方法をお知らせします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚式の翌日の仕事は休みたい?過ごし方ややるべきこととは

結婚式の翌日は仕事の休みを取るべきか悩む人もいますよね。 では、結婚式の翌日にやることってどん...

人生後悔の連続でも前向きに生きるためのヒントをあなたへ

「どうしていつも上手くいかないんだろう」「何をしても後悔ばかり…」と人生後悔の連続だと嘆いていません...

ジムのトレーナーに資格なしでもなる方法と資格の必要性とは

ジムのトレーナーになるには資格は特に必要ありません。資格がなくてもスポーツジムのパーソナルトレーナー...

自分が可愛いと分かってる女性はこんな行動を取る!特徴を解説

「自分は可愛い」と分かってる女性っていますよね。自分に自信が持てるのは羨ましいことですが、周囲の人に...

人生終わった訳じゃない!30代から先の人生を楽しく生きる方法

30代は人生で色々な変化が訪れる年代です。これまでの人生やこの先の事を考えて、「人生終わった」と感じ...

女性でイケメンに弱い人には特徴がある!イケメンを選ぶ理由

女性が男性に求めることは人それぞれです。 「優しさ」であったり「頼もしさ」であったり、一番重要視す...

朝は眠い!仕事なのにスッキリ目が覚めない時にできる対処法

朝起きてもなかなか目が冷めずに眠いことってありますよね。仕事なのに目が覚めなくて作業に取りかかれない...

モーニングコールを好きな人にする時の言葉や伝え方を伝授!

好きな人にモーニングコールをする時、どんな言葉で起こすのが良いか悩むこともありますよね。好きな人が朝...

絵が下手な人の特徴と上達するためのおすすめの練習方法

絵が苦手という方は少なくありません。自分は絵が下手と感じている方にはどのような特徴があるのでしょうか...

同居を拒否するなら離婚!?時代錯誤の考え方はもう捨てよう

「同居拒否なら離婚」と夫に言われたという話、最近よく聞きます。 義理の両親との同居、なぜしなけ...

平日休みにやることリスト!平日のお休みを満喫する過ごし方

平日休みの方は、休日が合う友人がなかなかいないのが悩みという声をよく聞きます。 しかし、平日にしか...

朝に体重が重いのは何が原因?増えた体重をリセットするには

朝に体重を計って夜の体重よりも重い場合は、もしかしたらそのダイエット方法が合っていないのかもしれませ...

お風呂に入らない日が何日続くと人は限界を迎えるのか

お風呂がとにかく面倒で入らないという人はいます。実はあなたもそうでは? 病気や怪我で何日もお風...

色のイメージは性格に影響する?色の特徴と使い方

色のイメージを上手く取り入れることで周りに与える性格の印象を少し変えることができるかもしれません。 ...

匂いで記憶を思い出すプルースト効果メカニズムと恋愛テクニック

ふと横を通った人の匂いを嗅いだり、料理の匂いで昔の記憶を思い出すことってありますよね。これは「プルー...

スポンサーリンク

集中して読書する時間はどこで作るか?電車内がオススメ!

仕事で忙しかったり、家庭の雑事に時間を取られていると読書するための時間を作ることが難しいと感じることはありませんか?

意識的に読書するための時間を作らないと読みたい本は溜まるばかりで本好きにとってはストレスに感じてしまうでしょう。

もちろん、人との会話のネタやビジネスに関する情報収集という面でもマイナスになってしまいます。

一日のスケジュールを考えても「通勤」や「食事」と同様に「読書」を予定に組み込んで考えるのはなかなか難しいという人も多いと思います。

読書する時間

そこで活用したいのは日常の端々に生まれる「スキマ時間」。

一番は通勤や通学などの移動時間ですね。電車に乗っている間や待ち時間。人との待ち合わせやエレベーターでの移動・待ち時間といった短時間も利用しましょう。

スキマ時間を潰すには多くの人がスマホを利用していますが、ゲームや娯楽的なページを無為に眺めてしまうより、本を読む時間に充てましょう。

短時間で頭を切り替えて読書をできるようにすれば集中力も磨かれます。

電車の中で集中して読書する為に必要なこと

電車など交通機関の移動では、必ず座ってゆっくり読書ができるとは限りません。ただ、うまくすると立ったままでも本が読めるほど安定した体勢を作ることはできます。

電車内で立ったまま読書をする最適のポジション

「寄りかかれる場所」や「手すりがある場所」でしょう。

つり革は身長によって本を読む体勢を作るのは厳しい場合もあります。

通勤・通学に使う電車も数本時間をずらすだけで混雑状況が違うこともありますし、一度利用する電車の時間を見直してみるのもいいでしょう。

比較的余裕がある電車に乗れれば、それだけでもストレスが軽減されますし、そこで読書もできれば一石二鳥です。

電車で可能な限り快適な読書時間を確保するためには、家を出る時間・職場を退勤する時間から勝負は始まっているようなもの。

効率的に時間を使うためにも、利用する電車の時間を見直すことは有効ではないでしょうか。

集中して読書出来る場所は電車 ?自宅?

本が大好きな読書家たちを「本の虫」などと呼ぶことがある

そんな本の虫たちは、読書に最も最適な場所はどこだと考えているのでしょうか。

「本を読むとき、一番集中できるのはどこですか?」と言うアンケートを行ったところ、最多だったのは「自宅」。

人の気配がなく、周りを気にせず読書に没頭できるのは、なんといってもくつろげる自宅ということなのでしょう。

さらに自宅の中でも「深夜、自分の部屋で」という意見や「コタツの中」といった非常に限定したシチュエーションを答えた人もいました。

自宅に次いで多かったのは電車やカフェで、周囲に人がいる方が集中して本が読めるという人が意外と多いようです。

カフェと答えた人の中には、お気に入りのチェーン店の名を上げる人も多くいました。

また、意外なところでは自宅の中でも「風呂」という答えが「図書館」よりも多かったこと。年齢や性別に関わらずバスタイムに読書を楽しむ人が多いということです。

電車の中では何してる?やっぱりスマホ?

電車に乗って周囲をぐるりと見渡してみてください。おそらく大半の人がスマホの画面を眺めていることでしょう。

もちろん、外から見ると「スマホを見ている」としか見えなくても、それぞれの人たちがどういった機能を利用しているかはまちまちです。

SNSのチェック、ニュースサイト、ゲーム、友人とのやり取り、そして電子書籍などで読書をしている場合もあります。

スマホは、それ一つでさまざまな役割を果たすとても便利なツールです。しかし、長時間利用しているとバッテリー切れの恐れがあるだけでなく、姿勢が悪くなって健康にも良くない影響があったり、依存症のリスクなどが話題になることもあります。

スマホの操作と読書では何が違う?

スマホは一つのアイテムでありながら、さまざまなことができます。一方読書をする場合は、「活字を読み、ページをめくる」と言う非常にシンプルなルーティンの繰り返し。

一連の動きを行うルーティンは、精神的な安定を促したり集中力を高める効果があります。

スマホの画面でもページめくりがあるから同じではないかと考えるかもしれませんが、手の全体を使ってページをめくる動作や、紙の手触りが脳を活性化する働きがあるとも言われています。

電車で読む本と自宅で読む本を分けてみて!

読書をする場合は、手をつけた1冊を全部読みきってから次の本にかかりますか?それとも数冊を平行して読むことはありますか?

後者の場合、読書スキルとしてちょっとだけ得だと考えることができます。

たとえば分厚くて重たい本は移動中持ち込むことは難しいので自宅で読み、薄い本や文庫など外出先でも扱いやすい本は電車の中で読む。

これだけのことです。

そんなことかと思われるかもしれませんが、読書する環境に合わせつつ少しでも多く読書の時間を作るには有効は方法ではないでしょうか。

内容的にもベッドでくつろぎながら読む本にビジネス書は不向きでしょう。読む環境に合った本の方が、内容が頭に入りやすいものです。

学習やビジネスの本なら、なおさら1冊だけを集中して読むよりも、平行して読む必要性にかられることもあるでしょう。

普段から複数の本を平行して読み、理解する癖をつけておけば読書力にプラスアルファが付加されますよ。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666