絵が下手な人の特徴と上達するためのおすすめの練習方法

絵が苦手という方は少なくありません。自分は絵が下手と感じている方にはどのような特徴があるのでしょうか。
絵が苦手な方の特徴を知ると、絵の上達のヒントが見えてくるかもしれません。

それでは、絵が苦手な方の特徴と、絵が上達するためのおすすめの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

色のイメージは性格に影響する?色の特徴と使い方

色のイメージを上手く取り入れることで周りに与える性格の印象を少し変えることができるかもしれません。...

東京で遊びたい。子供が楽しめる色々なジャンルの遊びスポット

東京には大人から子供まで楽しめるスポットがたくさんありますが、ここでは子供が思いっきり遊びを楽しむこ...

絵が下手な子供が上手くなるために大人ができる大切なこと

絵が下手な子供が上手くなるにはどんな教え方をしたらいいのかと悩んでいませんか?もしかしたら、お母...

顔が大きい人に似合う髪型を厳選!NGポイントもご紹介します

顔が大きいことが悩みという女性も多いと言いますが、それで自分がしたい髪型をあきらめてしまっていません...

同居を拒否するなら離婚!?時代錯誤の考え方はもう捨てよう

「同居拒否なら離婚」と夫に言われたという話、最近よく聞きます。義理の両親との同居、なぜしなけ...

人生後悔の連続でも前向きに生きるためのヒントをあなたへ

「どうしていつも上手くいかないんだろう」「何をしても後悔ばかり…」と人生後悔の連続だと嘆いていません...

体力が衰えるのはいつから?筋肉はいくつになっても鍛えられる

「最近若い頃のようにはできなくなった」というお悩みを抱えている人もいますよね。人間の体力が衰え始める...

朝は眠い!仕事なのにスッキリ目が覚めない時にできる対処法

朝起きてもなかなか目が冷めずに眠いことってありますよね。仕事なのに目が覚めなくて作業に取りかかれない...

デッサンの練習【初心者向き】上達するためのポイントやメリット

デッサンの練習を初心者が初めるときに、どんな練習からすればいいのか、どんなことに気をつけるべきかと悩...

ジムのトレーナーに資格なしでもなる方法と資格の必要性とは

ジムのトレーナーになるには資格は特に必要ありません。資格がなくてもスポーツジムのパーソナルトレーナー...

アイデアノートの書き方は無限!考えを紙に書き出すと見えてくる

アイデアをノートに書き出してみましょう。ぼんやりしている思考や、次々に浮かび上がるアイディア...

匂いで記憶を思い出すプルースト効果メカニズムと恋愛テクニック

ふと横を通った人の匂いを嗅いだり、料理の匂いで昔の記憶を思い出すことってありますよね。これは「プルー...

日本の田舎には素敵な風景がたくさんあります

「ちょっと最近疲れ気味」。そんな時にすることと言えば、温泉につかったり、マッサージに行くなどがありま...

ポリエステル生地の上手なアイロンの掛け方。温度やコツを紹介

ポリエステル生地の洋服を洗濯した時に、シワが気になりますね。ポリエステルの生地を触ってみると...

彼女に「太った?」指摘はNG!彼女を傷つけずに痩せさせる方法

付き合う前にはスタイルの良かった彼女が、付き合うようになってから少しずつ太ってきたかも…と感じている...

スポンサーリンク

絵が下手な人の特徴は練習不足

絵が下手な方ですが、様々な特徴があると思います。小学生でも、学校で絵を書かされることがあると思いますが、苦手意識を持っている学生さんもいると思います。

「それを言われれば終わりだよ」なんて声が聞こえてきそうですが、絵が下手な方の特徴ですが、残念ながら、練習不足もあると思います。

絵は練習なしでは上達はしない

絵だけではなく、スポーツなど、様々な分野に言えることです。練習なしでは、絵も上達することができません。

絵が下手なことで悩んでいる方ですが、とりあえず、練習する時間を増やしてみましょう。練習をすればするほど、絵も上手になってきます。苦手意識などを外して、とにかく練習をしていきましょう。

途中でギブアップしていませんか?

もう一つ理由が考えられているとしたら、作業を途中で諦めてしまっているのだと思います。最後まで終了させることも絵が上達するコツになってきます。中途半端で終了させないで、最後までレースを走りきりましょう。

絵が下手な人の特徴はいつも同じ角度からの絵

絵を描いてはいるけれど、他の方から評価が低い方、自分でも「私、絵が下手かも?」と感じている方、その特徴として、絵を描く時にいつも同じ角度から絵を描いていませんか?

同じ角度からばかり絵を描いていると、上達しない

上記で、練習することにより絵を描くのが上達していくことを説明してきました。それにプラスアルファで、同じ角度からばかり絵を描くのではなく、違った角度からも描く練習をしていくと、より絵を描くのに上達していくと思います。

それで、絵を描く技術も向上していきます。いつも同じ角度から絵を描かないで、時々違った角度から絵を描いていきましょう。

丸を上手に描く練習をする

どういう訳か、上手に絵を描ける方ですが、丸を上手に描ける傾向があるようです。絵が下手なことで悩んでいるのでしたら、丸を上手に描く練習をしてみましょう。

絵が下手な人の特徴は物の見方と記憶

絵が下手な人の特徴には、描きたい物体を目で見る時、頭の中でその物体をあまり良く記憶していないことも問題にあるようです。

絵が上手な方ですが、見たものをそのまま描くことができる、その能力が高いことがわかりました。

逆に、絵が下手な方ですが、見たものをそのままの形で見ることができていない、その為に絵を描く時も下手になることがわかっています。

この問題をどう改善していけばよいかというと、視覚能力を鍛えていくこと、また、先入観のようなものも無くして絵を描いていけば、絵が下手な方も上手になることができます。

物を見る時に、「これはああだから」など先入観があると、中々上手に絵が描けないようですね。あなたはどうですか?もし「私も描きたいものに対して何か先入観があるのかも」と感じているのなら、その先入観を取り払って、描く物体をみていくとより絵が上手になれると思います。

絵が下手な人は苦手意識を持つ人が多い

何事でも、「下手」だとどうしても苦手意識を持つ人は多いと思います。絵に限らず、料理でも掃除でも、苦手意識を持ってしまうと、中々上達はしていきません。

苦手意識が強いと、練習時間も減っていく

絵に関しても同じことが言えますが、苦手意識が強いと、練習量も減って行くと思います。いくら上手な人から良いアドバイスを貰ったとしても、苦手意識が強すぎて、「どんな良いアドバイスを貰ったとしても、私の絵は上達しない」というような苦手意識を持っていたら、上達はしていかないと思います。

絵に関していえば、ある程度まで上達するのはそれほど難しくない分野になります。あまり「苦手」を強調してしまい、練習時間が減ってしまうと、逆効果になります。また、絵の上手な方からもアドバイスも聞くと、自分にとってプラスになると思います。

ちょっとずつでも練習していって絵の質を高めていこう。苦手意識を克服していこう。そんな前向きな気持ちが絵を上達させる為には必要になってきます。そんな前向きさを、絵が下手だなと感じている方、持っていきましょう。

絵が上手くなりたい人は模写で好きな絵を書く

絵の練習量もちゃんと増やしているのに、それでも、私は絵を描くのが下手。他に何か絵が上達する良いアドバイスはないのかしら?

はい。それでは、模写を試してみて下さい。

模写ですが、簡単に言えば、あなたからみて「この絵綺麗だな」「この作品はよくできている」と思えるものを真似ていくことです。

そんなことで絵が上達できるの?という疑問が出てきそうですが、その方法で、他の絵が上手な人も腕を磨いているようです。

あなたも「この作品、よく描かれている」というような絵や写真に出会えたら、真似して描いてみると良いと思います。その際ですが、「見る」だけではなく、上記でも少し触れていますが、絵が上手な方からもアドバイスも取り入れて、絵を描いていくと良いと思います。

一人で絵を描いているよりも、その道で訓練されている方に悩みを相談して、良い解決法を見つけていくのも、絵を上達させる方法です。技術も先輩から学んでいきましょう。

絵が下手な人の特徴をみてきました。料理、掃除など他の分野でも大体似たような事が言えると思いますが、練習量が少ないこと、丸の描き方が下手なこと、「どうせ私は絵を描くのが下手なの」などの苦手意識を持ってしまっていることなど、特徴を説明してきました。参考になりましたか?

先入観が良い絵を描くのに妨げになっていることもみてきました。その先入観を追い払って、素直な気持ちで描きたい絵をみていくことで絵が上達していくようです。模写という方法も絵の技術を上げることができるようなので、両方トライして、あなたの絵に対する苦手意識を克服していって下さい。