幼児の朝ごはんにおにぎりは簡単アレンジで可愛く栄養アップも

幼児が朝ごはんを食べるのに時間がかかるときやなかなか食べないときは、おにぎりがオススメです!

では、幼児の朝ごはんにオススメな簡単おにぎりレシピとは?どうすれば栄養もアップするの?

また、忙しい朝はおにぎりに合わせたワンプレート朝ごはんが可愛く便利ですよ!

そこで、幼児の朝ごはんにオススメなおにぎりについてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ホットケーキミックスと炊飯器でスポンジを簡単美味しく作りたい

ホットケーキミックスで作るスポンジケーキは炊飯器を使えばもっと簡単に作れます。もちろん、ふわふわ...

冷凍ご飯を使って作れる雑炊の作り方について知りたい

一人暮らしや、時間がない人の強い味方である冷凍ご飯ですが、普通に解凍して食べる以外にもおすすめな調理...

ホットケーキミックスと水で作るレンジを使った簡単レシピ

お家で簡単におやつを作りたいと思ったときに、重宝するのがホットケーキミックスです。ホットケーキミック...

キャベツの外側の葉は栄養たっぷり!捨てずに賢く活用術

キャベツを買ったときに外側の葉はどうしていますか?固いので食べないで捨てていませんか?捨...

冷凍ご飯でおかゆの作り方!簡単ヘルシーで美味しいレシピを紹介

冷凍ご飯を使ったおかゆの作り方はとても簡単にできるものばかりです。冷凍ご飯を使えば節約にもなるし...

ナスの味噌汁が紫色になる原因と調理法!美味しい味噌汁レシピ

ナスの味噌汁を作ったとき、味噌汁が紫色になることがあります。味噌汁の色が変わってしまうと、なんだか美...

家庭の焼肉で焼く材料は肉の他に何を焼こう!オススメな変わり種

家庭で焼肉をする場合、ホットプレートを使って焼くのが定番ではないでしょうか?ホットプレートだ...

簡単なチーズケーキの作り方とは?焼かないチーズケーキレシピ

焼かないチーズケーキは焼くチーズケーキよりも簡単に作ることができるのでしょうか?暑い季節やさっぱ...

ご飯がすすむ簡単おかずレシピをご紹介!コレがあれば白米完食

ご飯がすすむ簡単おかずといえばお肉ですよね!冷蔵庫に、牛、豚、鶏のどれかがあれば簡単に作ることができ...

彼氏のお弁当に入れると喜ばれる人気おかずをご紹介

彼氏と人気のスポットでデート!人気の場所に行けるのは嬉しいですが、人の多い場所はランチをするのも一苦...

パン作りの失敗は再利用することでカバー!レシピを紹介します

パン作りって難しいですよね。やわすぎたり、ふくらまなかったり…。でも、その失敗したパン生地を他の料理...

簡単だけど美味しい!チーズケーキをカップで作るコツとポイント

簡単で可愛いカップチーズケーキは材料も少なく、お土産にもおすすめです!チーズが好きならベイク...

簡単チョコケーキをレンジで!誰でも美味しく作る方法やコツを紹介

家で簡単にチョコケーキを作るなら、電子レンジを使えばより時短にもなり手軽にチョコケーキを作ることがで...

イカの塩辛の簡単な作り方とは?アレンジしておいしく食べよう

買い物へ行った時にイカが安く売っていたら、つい買ってしまいますよね。せっかくだから、そのイカ...

美味しいフランス料理のコース!気になるカロリーを抑える方法

コースのフランス料理を食べる予定が入っていたら、楽しみでワクワクしてしまいます。しかし美味しい料理は...

スポンサーリンク

朝ごはんを食べない幼児にはおにぎりを使ってアレンジを

幼児は朝ごはんをなかなか食べてくれないことも!そうなると幼稚園に行く時間も迫ってきて、ママもあせってしまいますね。

もし朝ごはんを食べる事が出来なかったら、そのまま幼稚園に行っても大丈夫なのか?食べなくても問題はないのか?気になるところです。

実は朝ごはんが大事といわれているのは、体の面と、脳の働きの面からと二つの面からなんです。

まずは寝ている間にもエネルギーが消費されているので、朝起きたときはエネルギー不足になりがちで、朝ごはんを食べないとやる気が出なかったり、体がだるかったりと午前中の体に影響が出てきます。

そして脳に大切なのが炭水化物です。脳を働かせるためにはブドウ糖が必要となるので、ご飯などの炭水化物が必要となるのです。朝を抜いてしまうと頭が働かずに、ボーっとしてしまって、集中力がなくなります。

朝ごはんを抜いてしまうと、体にも脳にも影響が出てしまうんです。

そこで忙しい朝はおにぎりをアレンジして、子どもが朝でも食べやすいご飯を用意してみてください。アレンジ方法は次で紹介して行きますね。

幼児にオススメ!朝ごはんに簡単おにぎりレシピ

すぐ口に運ぶ事が出来るおにぎりは、朝起きたばっかりでも手軽に摂取することが可能です。

しかしもともと食が細かったり、あまり食に興味がない幼児は、毎日同じおにぎりだと飽きてしまって、また朝食がなかなか進まなくなってしまうこともあります。

そこで単調になりがちなおにぎりをアレンジして、子どもが食べたくなるような朝食にしてみましょう。

いつもは中に入れるおにぎりの具材を、混ぜご飯のように混ぜておにぎりにしてみたり、焼きおにぎりにしたり、また焼きおにぎりにスープをかけて雑炊の様にして食べるのも美味しいですよね。

その他にも子どもが好きなコーンを、炊き込みご飯風にしておにぎりにするのもお勧めです。

見た目が違うと子どもは食が進むこともよくあります。ちょっとマンネリ化してきたな?と感じたら見た目を変えて朝ごはんのおにぎりを工夫してみてください。

幼児にはおにぎりを!忙しい朝はワンプレート朝ごはん

ワンプレートといっても忙しい朝には、敷居が高くありませんか?朝から何品もおかずを作るのは大変!そんなママにオススメはおにぎりと、作りおき野菜のおかずです。

何品か冷蔵庫に作りおきのおかずを用意しておけば、朝はおにぎりを作って、幼児も大好きなワンプレートのお皿に盛り付けするだけでOK!

それだけなのに朝から、野菜たっぷりの栄養満点な朝ごはんの出来上がりです。

作りおきのおかずは、モヤシのナムルやきんぴらごぼう、人参のグラッセ、サツマイモやかぼちゃの煮物など、またポテトサラダも子どもに人気のおかずです。

後はお味噌汁を加えれば、朝から必要な栄養素たっぷりなご飯をいただく事が出来ますね。

たんぱく質は牛乳やヨーグルト、おにぎりの具のしゃけや肉そぼろなどで摂取することも出来ます。作りおきおかず、時間があるときに作っておくと本当に便利ですよね。

おにぎりと果物で朝ごはんの栄養もアップ!

どうしても朝からご飯をちゃんとたべるのが苦手…。そんな幼児もいますね。ママもいろいろな手を使ってもダメな場合は、朝から疲れてしまいます。

そんな時は頭を切り替えて、食べられるものだけの朝食に切り替えてみましょう。

おにぎりとあと一品!これなら無理なく子どもも頑張れそうですよね。足りない栄養素は昼や夜で補えると考えると、少し気がらくになりませんか?

例えば好きな具が入ったおにぎりと、フルーツこれだけなら朝食にも時間がかからなくなるのではないでしょうか。

もしお味噌汁はいけるなら、具沢山のお味噌汁にすることで、おかずの代わりにもなります。

品数が多いと、それだけで食べる気がなくしてしまうような場合は、おにぎりや味噌汁の中にとりたい栄養素を入れ込んで置くと良いですね。

ご飯を食べたらフルーツを食べてもいいよ!そんな約束をして置くと、頑張れるお子さんもいます。チョットした工夫をしてママも子どもも無理なく朝ごはんを食べてくださいね。

簡単で可愛いおにぎらずは幼児の朝ごはんにもピッタリ!

おにぎらずを知っていますか?おにぎらずはその名の通り、おにぎりなのににぎらない、サンドイッチ感覚のおにぎりなんです。

作り方としては海苔巻きのまかないバージョンですね!

まずは持ち運びしやすいサイズを目指して作っていきます。のりにご飯をならして、好きな具をのせていきます。どの場所も食べても具が入るように、まさにサンドイッチのように具をのせてくださいね。

そしてその上にまたご飯を乗せて、最後にのりで包んで終了!さめたところを真ん中でカットすると見た目もかわいいおにぎらずの出来上がりです!

いつもと違う形のおにぎりに子どもも喜びますよ。また崩れにくいのもおにぎらずの良いところ!一石二鳥のおにぎらずです。ぜひ一度挑戦してみてくださいね。