キンパはどんな韓国料理?コンビニでも買えるキンパについて

韓国料理のキンパ!どんな料理なのかご存知でしょうか?ソウルフードとも言われるキンパの見た目は日本の海苔巻きにそっくり。しかしキンパと海苔巻きとを比べると、違うところが沢山あるのです。

コンビニでも買える韓国のキンパ。美味しい食べ方や注意点についてもご紹介いたします。

韓国でキンパが気に入ったら、日本に帰ってきても作れるようにレシピも載せてあります。コンビニで食べたキンパを再現するために、役立ててください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

料理が上手い基準は何?上手いと思われる為のチェックポイント

彼氏や夫に料理を振る舞う時に料理が上手いと思って欲しい、美味しいと言ってもらいたいと思うでしょう。...

ご飯がすすむ簡単おかずレシピをご紹介!コレがあれば白米完食

ご飯がすすむ簡単おかずといえばお肉ですよね!冷蔵庫に、牛、豚、鶏のどれかがあれば簡単に作ることができ...

ホットケーキミックスと水で作るレンジを使った簡単レシピ

お家で簡単におやつを作りたいと思ったときに、重宝するのがホットケーキミックスです。ホットケーキミック...

彼氏のお弁当に入れると喜ばれる人気おかずをご紹介

彼氏と人気のスポットでデート!人気の場所に行けるのは嬉しいですが、人の多い場所はランチをするのも一苦...

ホットケーキミックスと炊飯器でスポンジを簡単美味しく作りたい

ホットケーキミックスで作るスポンジケーキは炊飯器を使えばもっと簡単に作れます。もちろん、ふわふわ...

パン作りの失敗は再利用することでカバー!レシピを紹介します

パン作りって難しいですよね。やわすぎたり、ふくらまなかったり…。でも、その失敗したパン生地を他の料理...

簡単なチーズケーキの作り方とは?焼かないチーズケーキレシピ

焼かないチーズケーキは焼くチーズケーキよりも簡単に作ることができるのでしょうか?暑い季節やさっぱ...

幼児の朝ごはんにおにぎりは簡単アレンジで可愛く栄養アップも

幼児が朝ごはんを食べるのに時間がかかるときやなかなか食べないときは、おにぎりがオススメです!...

チョコを湯煎で失敗したら復活やリメイク方法と上手にするコツ

手作りチョコにはかかせないチョコの湯煎ですが、失敗することも多いです。では、チョコを湯煎で失...

キャベツの外側の葉は栄養たっぷり!捨てずに賢く活用術

キャベツを買ったときに外側の葉はどうしていますか?固いので食べないで捨てていませんか?捨...

お米を使ったお菓子の作り方!残ったご飯で簡単手作りおやつ

残ったご飯はいつもどうしていますか?冷蔵庫に入れて翌日に食べる方や、小分けにして冷凍庫に入れると...

美味しいフランス料理のコース!気になるカロリーを抑える方法

コースのフランス料理を食べる予定が入っていたら、楽しみでワクワクしてしまいます。しかし美味しい料理は...

冷凍ご飯を使って作れる雑炊の作り方について知りたい

一人暮らしや、時間がない人の強い味方である冷凍ご飯ですが、普通に解凍して食べる以外にもおすすめな調理...

簡単チョコケーキをレンジで!誰でも美味しく作る方法やコツを紹介

家で簡単にチョコケーキを作るなら、電子レンジを使えばより時短にもなり手軽にチョコケーキを作ることがで...

ナスの味噌汁が紫色になる原因と調理法!美味しい味噌汁レシピ

ナスの味噌汁を作ったとき、味噌汁が紫色になることがあります。味噌汁の色が変わってしまうと、なんだか美...

スポンサーリンク

コンビニでも売っている韓国のキンパについて

韓国グルメの紹介です。
日本でも韓国料理はかなり人気で、韓国で流行るものは必ず日本にも到来し、それがメディアでも話題になることが多々あります。

それは辛い料理はもちろん、そうでないのもあります。
日本人は特に辛いものが苦手な人は多いです。

辛いのが苦手な人でも安心して食べられるのが「キンパ」

一見日本の海苔巻きですよね。
韓国でもこれは海苔巻きに過ぎないのですが、味付けや具が異なります。

キンパの特徴

まず、ご飯の味付けはごま油をなじませているだけで、酢は使いません。
そして具は、卵や野菜のナムル、たくあん、牛肉、人参など、お好みの具を使います。

日本の海苔巻きと同じ具もあればそうでない具もあり、家庭やお店ごとによってそれぞれの好みで具を決めるのは日本と同じですね。

日本人でも馴染みある食材ばかりなので、抵抗なく食べやすいのでハマる人も多いですよ。
韓国の食堂ではもちろん、コンビニにも売っていますので気軽に食べられます。

キンパは日本でも韓国グルメとして知られています。

コンビニごとに特徴がある韓国キンパ!気に入ったら食べ比べもおすすめ

キンパはコンビニでも気軽に食べられます。

韓国旅行初心者にとってはあまり気づくことはないでしょうが、コンビニごとにキンパの特徴があります。

卵、たくわん、魚肉ソーセージ、牛肉の肉感、これらの有無でかなり印象が違います。

キンパは牛肉がメイン

ですが、牛肉ではなくツナをメインにした日本で言うサラダ巻きのようなキンパもあります。

日本でもコンビニごとにお弁当の質や特徴が異なりますので、韓国でもそれは共通しています。

食堂に入ってキンパの食べ比べは大変ですが、コンビニなら気軽に数種類買って食べ比べができそうですね。

韓国語が通じなくても気軽に購入できる

キンパのパッケージが全て韓国語表記ですので読めなければ何が入っているのかわかりません。

当てずっぽうに選んで、当たりかハズレか確かめるのも楽しそうですね。

コンビニやお店、家庭ごとに味付けや具が少々異なるのは日本でも同じです。
言葉や文字がわからないからこそ、食べ比べや美味しいお店を探すグルメ旅も楽しそうですね。

偶然にも美味しお店に当たると喜びもひとしおでしょう。

韓国のコンビニでキンパを買う際の注意点

韓国のコンビニでキンパを買う際の注意点があります。

日本のコンビニに入ってお弁当を買う時、腐っているかどうか、確認することはほとんどないでしょう。

我が国ながら、お店側はそのへんの配慮はしっかりしていると思います。
ですが、日本にとって馴染みのある韓国であっても私達にとっては異国の地に過ぎません。
どんな場合でも買う時に賞味期限を見ることが大切です。
口に入れるものですから、旅行中に食あたりなんかしてしまってはせっかくの旅行も台無しです。

日本での賞味期限は美味しく食べられる期間を示していますが、韓国の場合は店頭に並べられる時間が示されています。
なので、製造日は示されていますが本来の消費期限はいつなのかは定かではないわけです。

キンパは酢飯を使われていないことから日持ちしない

記入されている賞味期限から一日くらいすぎてしまっても食べられるだろうということはよくあるでしょうが、念のために疑いの心も持ちましょう。
もし、食べるなら臭いを嗅いで、少量食べてみて味を確かめてから、キンパを堪能するようにしてくださいね。

記入された賞味期限のものは、できれば口にしないことをオススメします。

韓国のキンパと日本の海苔巻きとの違い

生物を使わない

韓国のキンパはご飯が温かいので生物を入れると傷みの原因になります。
そのため具に生物を使ったキンパは存在しません。

食感重視

食感重視して作られているのか、たまたま食感が良い具材が合わさったのかはわかりませんが、キンパはポリポリ食感を多く味わえます。(きゅうり、ごぼう、たくわん、人参など)

ご飯の温かさ

海苔巻きは冷たくても美味しく食べられますね。その美味しさの秘密は酢飯にあります。
ですがキンパは酢飯を使わないので冷えるとあまり美味しくありません。

ご飯の温度は海苔巻きとキンパの大きな違いです。

似ているようで違いがある海苔巻きとキンパ。
海苔巻きとキンパはどちらもその違いが魅力的な食べ物ですね。

韓国のキンパをお家で作ってみよう!キンパレシピ

日本でも韓国のキンパが食べたい!キンパをお家で作ってみましょう。

具は自分のお好みの具を使用しても構いません。
ここでは韓国の一般的なキンパの具を紹介します。

  • 甘辛く煮詰めたごぼう
  • 塩で炒めた人参の千切り
  • 厚焼きした卵
  • たくあん
  • さつま揚げ
  • ほうれん草のナムルもしくは胡瓜
  • プルコギ風に味付けした牛肉
  • 韓国海苔
  • 塩と胡麻油を混ぜた炊きたてご飯

色合いが良くなるような材料を合わせることをオススメします。

我が家の子供達は酢飯と冷やご飯があまり好きではないので、子供の日やお雛様などお祝いごとによくキンパを作ります。
濃いめの味付けした牛肉は子供も大好きなので、モリモリ食べてくれますよ。

材料の味付けや工程が多く、正直気軽に作れる料理ではありませんが…その苦労は美味しさでカバーしましょう。

韓国旅行後にお友達と韓国パーティーなんかを計画してキンパに挑戦してみましょう。
そのためには韓国で食べるキンパの味を覚えておいて本場の味を再現してみましょう。