メールが長文な人の性格【男性偏】長文な人は結婚向きかも

男性の多くはメールやラインが苦手なものですが、中にはしっかりした内容で長文を送ってくる人もいます。
どんなメールをするかによって、実はその人の性格が垣間見れるそうですが、メールが長文な男性はどのような性格の持ち主なのでしょうか。

あなたが今やりとりしている男性が長文なら、結婚相手にぴったりかも!?
メールが長文な男性の性格について調べました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネの調整の頻度について。理想頻度とフィッティングのコツ

メガネをかけていて、耳の裏や鼻あての部分が痛んだり、メガネがずり落ちてくるということはありませんか?...

レーヨンとポリエステルの混紡とは?毛玉に気を付けましょう

よく目にするレーヨンとポリエステル。この2つを混紡した素材の服を身に付けることも多いのではないでしょ...

服の簡単リメイクアイデア!メンズ服を着られるアイテムに

もう着なくなった旦那さんの洋服を使って、簡単なリメイクをしてみませんか? 大きめのシャツなどは、ア...

スカートのウエストサイズの直し方!簡単にできる調整方法

履いて行きたかったスカートを久しぶりに履いてみると、ウエストがブカブカになっている、ということはあり...

休日の昼寝って最高!夜の睡眠と昼寝の違い。なぜ昼寝が必要か

休日の昼寝って最高だよね! 予定がない休日の前の日は「絶対に明日ゴロゴロするぞ!」と決意したり...

調味料が冷蔵庫に全部入らない時の一工夫と入れる場所を紹介

毎日使う醤油や味噌の他、焼き肉のタレ・めんつゆ・ぽん酢などなど沢山の調味料がご家庭にはあると思います...

透明マスクが飲食店の救世主に!透明マスクの効果とメリット

飲食店で透明マスクをつけているスタッフをよく見かけるようになりました。あなたも一度は目にしたことある...

好きな色の心理【水色が好き】心理効果や性格と相手に与える印象

好きな色によってその人の心理や性格が解ると言いますが、水色が好きな色の場合はどうなのでしょうか? ...

床カーペットの剥がし方について手順やコツをご紹介します

床カーペットの剥がし方には手順やコツがあります。 まずはどのように敷かれていたのかをチェックし、部...

服の刺繍の取り方は焦らず根気強く!取るときの注意点や対処法

服の刺繍の取り方は道具を使えばどなたでも行うことはできます。ただし、焦ってやってしまうと刺繍じゃない...

2階のベランダはホースを使うと掃除が楽チンその方法とは

2階のベランダを掃除するときにホースが使えたら簡単にできるのに。そんなお悩みはこの方法で解決しちゃい...

アパートのお風呂の排水溝つまりを直す方法!原因と掃除方法

アパートのお風呂の排水溝の流れが悪かったり、排水溝つまりにお悩みの方はいませんか? 排水溝を掃除し...

ジェットコースターの浮遊感克服には腹筋を鍛える説について

ジェットコースターの浮遊感が苦手。 どうすれば克服することができるのでしょうか? 意外にも精...

指関節をポキポキ鳴らしたら太くなるって本当でしょうか

人のクセの中で、指の関節をポキポキ鳴らす行為がありますよね。 しかし、この関節ポキポキは、「指が太...

絵の下書きにはコツがあった!重要なのはキャラ設定やアタリ

絵の下書きをする際には、何が重要だと考えていますか?下書きのコツを知ることで、いきいきとした自然な絵...

スポンサーリンク

メールが長文な男性の性格とは?

短文メールを返してくる男性が多い一方で、中には長文メールを送ってくる男性もいます。女子としては嬉しいのですが、その心理が気になるところですよね。

当然、好意が無い女性に対しては長文メールは送りません。その為、長文メールを送ってくるという時点で、あなたに好意があることは確かです。あなたへの気遣いの気持ちや、誠意の表れでもあるのです。そして自分のことをわかって貰いたいという思いも含まれています。

それに加えて、その内容にも注目してみてください。もしその内容が肯定的なものばかりなのであれば、彼はあなたのことが好きに違いありません。

それこそカップルにもなれば、否定的な意見を言うことで喧嘩に発展してしまうことがあります。しかし、好意を抱いている女性に対しては否定的な意見すら思い浮かびません。その為、自分でも無意識のうちに肯定ばかりしてしまうのです。

男性の長文メールは、好意の表れだということを覚えておきましょう!

メールが長文な男性は真面目な性格の持ち主

長文メールが送られてくると、開いた途端「おっ!」と少し驚いてしまいますよね。でもそれだけで、彼が真面目なことがよくわかります。

質問に対してしっかり答えようとする、彼の真面目さや誠実さの表れなのです。テキトーに答えることが出来ずに、ついつい長文になってしまいます。

一方、こちらが長文メールを送っても短文で返してくる男性もいます。これにもある意味驚かされますよね。なんだか寂しい気持ちにもなってしまいます…。

しかしこれも、サバサバしている性格の表れです。男らしく明るい人ほど、こういった短文メールを返してくる人は多いでしょう。

こんな風に、メールの長さから相手の性格というのも大まかにわかるものです。付き合うなら短文メールのサバサバした人、将来結婚するなら長文メールの真面目な人…なんていう参考にしてみても良いかもしれませんね。

メールやラインの文章が長文な男性は頼られたい性格、でも・・・

女性に頼られることが嬉しくて、長文メールを返してくる男性は律儀な性格

メールが長文の男性は、女性の質問に対して120%で応えてあげようとする、律儀な性格とも言えるでしょう。こんな男性と結婚すれば、幸せになれるかもしれませんね…!

しかし長文メールを送ってくる人というのは、喧嘩をした時にも長々と意見を言ってくる可能性もあるので注意しなくてはいけません。

例えメールが長文であったとしても、内容がわかりやすく的を得ている内容であれば良いのです。しかし、難しい漢字を使っていたり何を言いたいのかわからない…といった内容であれば、相手への配慮に欠けています。こういった男性と結婚すると、逆に苦労することになるかもしれませんね。

人それぞれでメールの文字数の多さや頻度というのは様々ですので、難しさを感じることもあるでしょう。自分が苦にならない範囲で、相手に合わせてあげるというのも大切ですよ。

脈ありかどうかわからない時はこちらからの長文メールは避けたほうが無難

好意を持っている男性に対して、メールを送ってアプローチするという方法があります。頻繁に連絡を取り合うことで、彼との距離も徐々に近づいていくのです。

好きな相手に聞きたいことは山ほどあることでしょう。しかし、女性の場合はメールがついつい長文になってしまいがちなので気をつけなくてはいけません。

長文メールが届くと、どうしてもその文字数の多さに比例して重みを感じてしまいます。内容はどうであれ、長文メールというだけで男性が引いてしまうことがあるので注意しましょう。

そして、メールといえど送る時間にも気をつけてくださいね。メールはどんな時間にでも送れることがメリットの一つではありますが、それでも深夜や早朝に送ると迷惑になってしまう可能性があります。

相手に確実にメールを見てもらえるように、昼休みや帰宅時間などを狙ってメールを送ると良いでしょう。

メールの内容に関してはそこまで深く考える必要はありませんが、質問メールを送ると良いかと思います。疑問文で送ることで、相手も返信してくれる可能性が高くなります。質問攻めはNGですが、自然な流れで気になる彼に色々と聞いてみましょう。

長文だけじゃない!メールからわかる男性の性格

メール一つにしても、その内容は本当に人それぞれです。長文メールや短文メールを送る男性もいれば、絵文字や顔文字を沢山つけてくるタイプの人もいます。

絵文字や顔文字が沢山のメールって、とてもテンションが高く見えますよね。そういった男性って、意外にマメな性格だったりします。女性から好かれたいという気持ちの表れでもあるのです。

しかし一方で、女慣れしているタイプとも言えるでしょう。普段から絵文字や顔文字だらけの文面で、女性とメールのやり取りをしているのです。

その他、まるでSNSで呟いてでもいるかのようにメールを送ってくる男性もいます。「今○○にいる」「○○と遊んでるよ」なんていうメールが来ても、「だから?」と言いたくなることもありますよね。

でも男性がそういったメールを送ってくるのは、寂しがりやで構って欲しいからなのです。もしくは、遠まわしに誘ってきているという可能性も考えられます。

男性の性格や考えというのは、メールから意外に読み取れるものなのです。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:666 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomi-bito.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 666