読書が苦手なのには理由があります!なるほどなワケと対処法とは

本を読むのは好きですか?読書が苦手という大人も案外いるものです。

読書が嫌いまたは苦手という人には、必ず何らかの原因や理由があります。

まずはその原因を探してみましょう。

それは集中力が続かないコト、読みたくないのに読もうとしているコト等なるほどなワケがありました。

また幼いころの教育の影響もあるとか。

そんなあなたに本が好きになる・読みたくなる対処法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

服のセールは冬だといつから始まるの?お得満載のセール活用術

服が大好きな方にとって楽しみなのが、冬のセール。普段は手が届かないお高いコートも、セール時期になると...

喧嘩が強い女性の特徴と付き合い方、女性が落ちやすい男性の特徴

喧嘩をしても負けない気が強い女性。付き合うにはちょっとハードルが高い気がしますが、気が強い女性ほど、...

自分が可愛いと思い込むと可愛くなれる!素敵な自分を見つめて

自分のことを可愛いと思い込む。そうすると、可愛くなるって聞いたことありませんか?深層心理...

ドラムスティックは折れるもの!原因と楽しむための対処法

ドラムスティックが折れるのは、自分の叩き方が悪いのか、ドラムが下手なのかと気になってしまう人もいるで...

色の持つイメージで周囲の印象がわかる!人に与える色の効果

色は人に色々な印象を与えます。また、周囲の人に自分はどんな色のイメージかを聞くことで、自分がどんな印...

メールが長文な人の性格【男性偏】長文な人は結婚向きかも

男性の多くはメールやラインが苦手なものですが、中にはしっかりした内容で長文を送ってくる人もいます。...

夢に同じ人が何回も出てくる心理とは?夢で見るのはどんな人

夢で同じ人が何回も出てくると、それまでは気にもしていなかったのになぜか意識してしまうことってあります...

レーヨンとポリエステルの違いとは?特徴や扱い方を紹介

レーヨンとポリエステルにはどのような違いがあるのでしょうか?また、レーヨンとポリエステルの混...

顔のパーツは、第一印象を決める重要なポイントです

人間の顔は千差万別です。目の大きい人がいれば、小さい人、口が大きい人、小さい人など、ひとつひとつ...

調味料が冷蔵庫に全部入らない時の一工夫と入れる場所を紹介

毎日使う醤油や味噌の他、焼き肉のタレ・めんつゆ・ぽん酢などなど沢山の調味料がご家庭にはあると思います...

メンタリズムと心理学の違いとは?メンタリズムで気持ちがわかる

メンタリズムと心理学はどんな違いがあるのでしょうか?調べてみると、意外な結果となりました!?...

夜一人で歩くのが怖い場合の女性の歩き方と防犯のポイントとは

帰りが夜遅くなってしまった時に、自宅まで一人で歩くのが怖いと多くの女性が感じていることでしょう。...

アパートのお風呂の排水溝つまりを直す方法!原因と掃除方法

アパートのお風呂の排水溝の流れが悪かったり、排水溝つまりにお悩みの方はいませんか?排水溝を掃除し...

髪型で性格が変わる?髪型で印象を変えて考え方も変えてみよう!

髪型で性格が変わる!?髪型を変えるだけで人間の本質を変えることはできませんが、気分や意識を変...

窓の防音対策には防音ボードが効果的!DIYでの自作も可能

音漏れを防ぐためには、窓の防音対策は必要不可欠。そこでおすすめしたいのが「防音ボード」です。窓を...

スポンサーリンク

読書が苦手な理由は3つ

そもそも、あなたが読書が苦手な理由は何なのでしょうか。読書が苦手な人には、必ず理由があります。その主な理由紹介します。あなたはどれに当てはまっていますか。

その本を読みたくはないのに、読まなければならない場合

学校や会社で与えられた課題でその本を読まなければならない状況であれば、読みたくない本を手にして、読む気が湧いてくる訳がありません。興味が湧かないのは当然のことです。本は読みたいからこそ楽しく読めるのであって、強制的に読まされているようでは、読書を好きになれないどころか、嫌いになってしまいます。

内容に全く興味が湧かない場合。

本に興味がないにも関わらず、何か読んでみようと思って無理に難しい本を手に取ってしまった経験はありませんか。
本に関心が持てない上に、内容に興味が湧かずさっぱり頭に入ってこなければ、苦痛意外の何者でもありません。

すぐに飽きてしまう場合。

もともと本を読むのが苦手なのであれば、数ページ読むのも難しい状況でしょう。なかなか先に進むことが出来なければ、頭に入ってこないことも当然です。
次の日に続きを読もうとしても、内容を忘れてしまっているため、前の日に読んだページに戻って読んでしまうようでは、なかなか先には進めないのも当然です。
ついには読書自体に、飽きてしまいます。

読書が苦手な理由は純粋に苦手だから。その対処法

読書が苦手であることの理由が、純粋に文字を読むのが苦手だからという人もいるでしょう。

そのような人の対処法としては、文字が少ないタイプの本を選ぶことです。文字が少なく、図や写真がたくさんあれば、それほど本を読むことに苦労しないでしょう。

興味があって知りたいと思う分野であれば読書も楽しくなるはず

文字が苦手だという人は、真面目な人が多いように感じます。目的を最後まで果たさなくてはならないという気持ちから、最後まで丁寧に読まなければならないと思ってしまっているのでしょう。分からない漢字や、難しい言葉に困惑したり、内容をしっかりと理解なければ読書したことにはならない感じてしまうのは真面目な人の特徴と言えます。

だからこそ、文字数が少ない本を最後までしっかりと読み切り、理解したと感じることが出来れば達成感が得られることは間違いありません。その達成感こそが励みとなり、読書は楽しい、難しいものではないと思えるのです。読書に対する自信に繋がるでしょう。

読書が苦手な理由は読むのに時間がかかるから

読書が苦手なのは、一冊の本を読むのに時間がかかるからという理由の人もいるでしょう。小さい頃に、本を読むとき、親や先生にどのように教わってきましたか。文字を一字一句を丁寧に詠みなさいと教わってきたのではないでしょうか。

小学校では、音読の授業などもあり、教育上、一字一句、丁寧に読むことを求められていることが多いです。大人になって読書をする際にも、同じように読もうとするくせが付いているのかも知れません。そのような読み方では、読書に時間がかかることは言うまでもありません。

時間がかかれば、読書が苦手になってしまいます。隙間時間にちょっと読書をしようとは行かず、読書の為に、時間をしっかり作らなければ読めなくなってしまいます。
そのような固定概念を取り去らければ、読書が苦手なままでしょう。

読書が苦手?買った時点で満足していませんか?

本は好きなのに、読書が苦手という人は、もしかしたら買った本を書棚に飾ったまま、中を読んでいない可能性があります。

タイトルを見て、これは役に立ちそうとか、ベストセラーだから、という理由で購入して満足してしまってはいませんか。
買っただけで、またはタイトルを見ただけで、中の目次に目を通しただけで理解した気持ちになっている場合があります。

今後読もうと思っても、読んでいない本が積み重ねられている状態では、どの本から手をつけてよいか分かりません。眺めているだけで満足してしまっているのでしょう。

そのような人に限って、読んだところで何も変わらないと感じているのも事実です。読むことは勿論、知識の上では役には立つでしょう。しかし、それを行動に移すかどうかは本人次第です。小さいうちに読書好きになったほうが良いとか、本はたくさんの人生を経験させてくれる、たくさんの本読むべきだと、諸先輩達の助言は、自分にとって本当に正しいのか、それを考えるだけで、段々読みたくなくなっているのかも知れません。

しかし、考えてみてください。そのような助言をしてくれる諸先輩達は、きっと多くの本を読んでます。読んでいるからこそ、行動し、今の姿があるのです。
そのような先輩に少しでも近づきたいのであれば、お勧めされた本や気になる本を読んでみませんか。本は、あなたの何かを変えてくれるきっかけを与えてくれるかも知れないのですから。

読書が苦手と感じるなら自分の好きな分野を読むことから始めよう

読書が苦手な理由を見つけるよりも、読書が嫌いでも、読書を楽しむことができるように工夫することで、読書嫌いを克服することが出来るでしょう。

たとえば、自分の好きな分野を考えてみてください。その分野に関係する本であれば、楽しく読むこともができるはずです。インターネットで興味のある分野の本を検索することが出来るサービスを利用したり、図書館にも本に関して相談できる人や、検索システムを配置していることもあります。図書館は、分野別に本が並んでいることもあり、その中で好きそうなものを手にとってみると、意外と読めそうなことに気付くかも知れません。

観たことのある映画などの原作本なども、一度ストーリーが頭に入っているので読みやすいのでお勧めです。

突然厚い本を読もうとしても、抵抗があるのは最もです。少し薄めの気軽に読めるような本から読んでみてはどうでしょうか。その本が面白ければ、そのシリーズ本や、同じ筆者の本を読みたくなることもあるでしょう。そうなれば、あなたはすでに本好きになっている証拠なのです。