布に貼ったアイロンプリントの剥がし方!綺麗に剥がす方法を解説

子供の持ち物などに名前を付ける目的で、布にアイロンプリントを貼ることもあります。
ですが、貼った名前を剥がしたくなるときもありますよね。どんな方法で剥がせばいいのか、上手な剥がし方について知りたい人もいるのではないでしょうか。

ここでは、布に貼ったアイロンプリントを綺麗に剥がす方法についてお伝えします。

簡単にできる方法ばかりをご紹介しますので、自分に合った方法を見つけて布に貼ったアイロンプリントを綺麗に剥がしましょう。

また、ベタベタするノリが残ってしまった時の対処法についてもご紹介します。こちらも参考にして、布からアイロンプリントを綺麗に剥がしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ポリエステルの生地は撥水効果がある?撥水加工について

ポリエステルの生地自体は撥水効果はありません。しかし、撥水加工をすれば水を弾きやすくなります。...

ドラムスティックは折れるもの!原因と楽しむための対処法

ドラムスティックが折れるのは、自分の叩き方が悪いのか、ドラムが下手なのかと気になってしまう人もいるで...

毛玉の取り方は?セーターの毛玉が復活!正しい毛玉の取り方

お気に入りのセーターに毛玉ができてしまい、毛玉を取ってもまた毛玉が復活。毛玉ができてしまうと、お気に...

電気のスイッチがつかない原因と対処法!自分で交換はNGです

電気をつけようと思ってスイッチをオンにしても電気がつかない!こんな経験をしたことがある人もいるのでは...

うなぎ用の包丁と普通の包丁の違いについて

家庭で料理をする時に、最も使用されている包丁の名称はご存知ですか?「特に考えたことがない」という...

絵の下書きにはコツがあった!重要なのはキャラ設定やアタリ

絵の下書きをする際には、何が重要だと考えていますか?下書きのコツを知ることで、いきいきとした自然な絵...

声が通らないのは声が低いから?聞き返される原因と対処法

声が通らないと、ちょっとした場面でも色々と苦労してしまうものです。声が通らないのは声が低いから?...

夜一人で歩くのが怖い場合の女性の歩き方と防犯のポイントとは

帰りが夜遅くなってしまった時に、自宅まで一人で歩くのが怖いと多くの女性が感じていることでしょう。...

空手の段位は履歴書に書くべき?資格の欄ではなく特技の欄

空手の段位は履歴書に書いたほうがいいのでしょうか?空手のことを書くときには、資格の欄ではなく特技の欄...

動物が苦手な人の心理とは?嫌いって言うとイメージ悪くて

動物が苦手なのは仕方ない!心理的なことを探りたいけど、多分『怖い』というのが一番の理由かと思われ...

歌うときの低い声の出し方は?上手に出す方法と低い声の魅力

カラオケで歌を歌うとき、上手に低い声が出せたらと思っている女性もいますよね!低い声の出し方を知りたい...

漂白剤の正しい使い方!食器用を衣類に使うのはNG

普通に洗濯しても取れない衣類に付いたシミを取りたい時には、漂白剤を使いますよね。衣類用の漂白剤を探し...

夢に同じ人が何回も出てくる心理とは?夢で見るのはどんな人

夢で同じ人が何回も出てくると、それまでは気にもしていなかったのになぜか意識してしまうことってあります...

自分が可愛いと思い込むと可愛くなれる!素敵な自分を見つめて

自分のことを可愛いと思い込む。そうすると、可愛くなるって聞いたことありませんか?深層心理...

2階のベランダはホースを使うと掃除が楽チンその方法とは

2階のベランダを掃除するときにホースが使えたら簡単にできるのに。そんなお悩みはこの方法で解決しちゃい...

スポンサーリンク

布のアイロンプリントの剥がし方・アイロンと濡れタオルで剥がす方法

前に貼ったアイロンプリントを剥がしたいと思うときがありますよね。お子さんの洋服や持ち物などは名前の入ったアイロンプリントを取り替える必要があったり、成長によってアイロンプリントが必要なくなったり。アイロンプリントが古くなって取り除きたい時もあるでしょう。

一度貼りつけたアイロンプリントを、きれいに剥がすことができるかどうかが気になるところです。無理に剥がしたら、貼りつけていた生地までダメにしてしまうのではないかと不安になったりもします。

アイロンプリントを剥がしたい時は、ちょっとしたコツがあります。自分でも簡単にきれいに剥がすことができますので、ぜひ試してみてください。

アイロンプリントの剥がし方

  1. 濡らした布とアイロンを使って剥がします。家にあるものを使うことができますので、便利ですぐに試すことができます。
  2. 濡らした布と、アイロンを用意してください。アイロンプリントが貼りつけてある服は乾いていることが重要です。濡れている場合は完全に乾いてから行うようにしましょう。
  3. アイロンプリントが貼りつけてある服を平らなところに置き、その上から濡らした布を置いてください。
  4. 濡らした布の上からドライアイロンを当てます。アイロンプリントの接着剤を濡らした布に染み込むようにします。
  5. アイロンプリントの端からゆっくりと剥がしていきます。アイロンの熱でかなり熱くなっていますので、素手ではなくゴム手などをはめてから行うようにしてください。ゴム手では上手くつかめない場合はピンセットを使うと良いでしょう。

一度できれいに剥がれない場合は、再度濡らした布を上におき、アイロンを当てるのを繰り返してください。アイロンの温度は高い方が剥がしやすくなりますが、アイロンプリントを貼りつけている服の素材によっては高温が使えない場合もあります。洗濯表示を確認して、使えるアイロンの温度を確かめておいてください。

スチームアイロンと布を使ったアイロンプリントの剥がし方

濡らした布とアイロンを使う方法以外にも、アイロンプリントをきれいに手軽に剥がす方法があります。次にアイロンだけを使う方法をご紹介します。アイロンのスチームを使いますので、水分と熱を加えるというやり方は同じです。濡らした布を用意する必要がないので、更に手軽にできます。

スチームアイロンを使った剥がし方

  1. スチーム機能のついたアイロンと、あて布を用意してください。アイロンプリントを剥がしたい服が乾いている状態で行います。
  2. 平らな台の上にアイロンプリントが貼りつけてある服を置いたら、アイロンプリントの上にあて布を置きます。あて布は専用のものでなくても家にあるもので十分です。手ぬぐいや綿のハンカチなど、熱に強いものを用意してください。
  3. あて布の上からスチームアイロンを当てます。アイロンは中温か高温で使ってください。高温の方が剥がしやすくなりますが、服の素材が熱に強いかどうか確かめておいてください。
  4. アイロンの熱で温まっているうちに、端からゆっくりと剥がしていきます。熱いので気をつけてください。

消毒用エタノールで布のプリントを剥がす剥がし方

アイロンの熱を使わなくても、消毒用エタノールでアイロンプリントを剥がすことができます。消毒用エタノールが家にない場合は薬局などで購入することができます。

消毒用エタノールを使った剥がし方

  1. 消毒用エタノールと綿棒を用意してください。綿棒に消毒用エタノールを含ませておきます。
  2. アイロンプリントの端の方から、消毒用エタノールを染み込ませた綿棒で濡らしていきます。
  3. 濡らした端の部分からゆっくりと引っ張って剥がしていきます。消毒用エタノールをつけて濡らしたら剥がすことを繰り返してください。根気が必要ですが、きれいに剥がすことができます。

アイロンプリントを貼りつけてある服の素材によっては、消毒用エタノールを使えない場合もあります。必ず確かめてから行うようにしてください。心配な場合は服の目立たないところに消毒用エタノールを少量だけつけ、変色などがしないかどうか確かめると良いでしょう。
アイロンプリントの部分をしばらく消毒用エタノールの中につけておくという方法もあります。

除光液でも剥がせる!除光液を使った剥がし方

アイロンプリントを剥がすのに除光液を使うこともできます。自宅で使わなくなった除光液がある場合は役立ちますよね。除光液は100円ショップにもありますので、気軽に用意することもできます。

除光液を使った剥がし方

  1. アイロンプリントを貼ってある裏側に除光液をつけて、アイロンプリント全体が濡れるようにしてください。
  2. 除光液は少し多めに使い、アイロンプリントを十分に湿らせるのがコツです。
  3. つけたらすぐに剥がしていきます。簡単にするりと剥がすことができます。

除光液を使うと、アイロンや消毒用エタノールを使うよりも簡単に剥がすことができます。ただし、服の素材によっては除光液がシミになったり色落ちをさせてしまうことがありますので、必ず確かめてから使うようにしてください。

除光液を使っても問題がない素材の場合でも念の為、服の目立たないところに除光液を少しだけつけて確かめてから行うことをおすすめします。

布のプリントの剥がし方を試してノリが残った時の対策

アイロンプリントをきれいに剥がすことができたものの、服にノリが残ってしまう場合もあります。このままでは着ることができないので、ノリもきれいに取り除きたいですよね。アイロンプリントを剥がした後に残ったノリの取り方を紹介します。

アイロンプリントを剥がす時に濡らした布を使った場合なら、その濡らした布を使ってノリも取ることができます。残ってしまったノリの上に濡らした布を当て、その上からアイロンをあてます。ノリは熱によって溶けてゆるみ、布の方に移ってきます。つまり布にノリを移すことで、服から取り除くことができるのです。
それでもノリがきれいに取れずに残ってしまうことがあります。その場合はガムテープを使って取り除くことができます。ガムテープの粘着面をノリに当てて、ノリを少しずつ取り除いていきます。何度か繰り返すことで、残ったノリもきれいに取ることができます。
一度貼りつけたアイロンプリントも簡単にきれいに剥がすことができるとわかると、アイロンプリントを楽しみやすくもなりますよね。どれも家にあるものを使ってできる方法です。試してみてくださいね。