歌うときの低い声の出し方は?上手に出す方法と低い声の魅力

カラオケで歌を歌うとき、上手に低い声が出せたらと思っている女性もいますよね!低い声の出し方を知りたいという人も多いのではないでしょうか?

カラオケで低い声を出したいときは、ポイントを押させて発声すれば上手に出すことができるようになります。

そこで今回は、女性が低い声を出せるようになる方法と、低い声の魅力についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

絵の下書きにはコツがあった!重要なのはキャラ設定やアタリ

絵の下書きをする際には、何が重要だと考えていますか?下書きのコツを知ることで、いきいきとした自然な絵...

喧嘩が強い女性の特徴と付き合い方、女性が落ちやすい男性の特徴

喧嘩をしても負けない気が強い女性。付き合うにはちょっとハードルが高い気がしますが、気が強い女性ほど、...

水にレモンが入っているのには理由があった!驚きの体に良い効果

カフェなどで出てくるグラスの水の中に、輪切りのレモンが入っている場合がありますよね。あれって...

髪型で性格が変わる?髪型で印象を変えて考え方も変えてみよう!

髪型で性格が変わる!?髪型を変えるだけで人間の本質を変えることはできませんが、気分や意識を変...

夜の寿司は太る?それとも太らない?太らないお寿司の食べ方

夜にお寿司を食べると太る?お寿司はそこまでカロリーが高いわけではありませんが、食べ方によっては太りや...

メガネの調整の頻度について。理想頻度とフィッティングのコツ

メガネをかけていて、耳の裏や鼻あての部分が痛んだり、メガネがずり落ちてくるということはありませんか?...

床カーペットの剥がし方について手順やコツをご紹介します

床カーペットの剥がし方には手順やコツがあります。まずはどのように敷かれていたのかをチェックし、部...

色の持つイメージで周囲の印象がわかる!人に与える色の効果

色は人に色々な印象を与えます。また、周囲の人に自分はどんな色のイメージかを聞くことで、自分がどんな印...

読書が苦手なのには理由があります!なるほどなワケと対処法とは

本を読むのは好きですか?読書が苦手という大人も案外いるものです。読書が嫌いまたは苦手という人...

漂白剤の正しい使い方!食器用を衣類に使うのはNG

普通に洗濯しても取れない衣類に付いたシミを取りたい時には、漂白剤を使いますよね。衣類用の漂白剤を探し...

ドラムスティックは折れるもの!原因と楽しむための対処法

ドラムスティックが折れるのは、自分の叩き方が悪いのか、ドラムが下手なのかと気になってしまう人もいるで...

夜一人で歩くのが怖い場合の女性の歩き方と防犯のポイントとは

帰りが夜遅くなってしまった時に、自宅まで一人で歩くのが怖いと多くの女性が感じていることでしょう。...

メンタリズムと心理学の違いとは?メンタリズムで気持ちがわかる

メンタリズムと心理学はどんな違いがあるのでしょうか?調べてみると、意外な結果となりました!?...

ポリエステルの生地は撥水効果がある?撥水加工について

ポリエステルの生地自体は撥水効果はありません。しかし、撥水加工をすれば水を弾きやすくなります。...

ガレージのシャッターの種類と特徴!適したシャッターの選び方

ガレージにシャッターを付けたいという時には、車を守ることを目的に設置する方が多いと思いますが、ガレー...

スポンサーリンク

歌で低い声を出す出し方・まずはリラックスして!

低い声を出準備

まずはリラックスをすることが大切です。

人は緊張すると身体の筋肉が硬直してしまいます。
カラオケは他の人に見られつつ歌詞や音を間違えないように歌わなければいけないので、緊張してしまう人もいますよね。

カラオケは上半身に力が入ってしまうので、首を左右に振ったり方を軽く回したりして身体をリラックスさせましょう。
顔や口のリラックスのしかたは、目や鼻の穴を適度に開いたり、口角を軽くあげるなどして顔の筋肉をほぐしましょう。

歌うときは喉がリラックスしていることが大切

喉に力が入ってしまうと喉が閉じてしまうので、力をいれずにリラックスして喉が開いている状態にしましょう。

喉に力を入れたまま歌うと、喉を痛めてしまうことがあるのでかならずリラックスしてください。

歌う時の低い声の具体的な出し方

低い声は喉を開く事がポイント

地声では音域に限界があるので、音域の幅を広げるためには喉を開くことが必要です。
喉を開くことで綺麗な声を響かせることができます。

どうやって喉を開くかわからない!と言う方もいるかと思います。
あくびをしているときに喉が開いた状態になっています。
このあくびをしているときの喉の開き方を覚えて、歌うときに活用しましょう。

喉仏を下げるイメージで発生すると低い声が出しやすい

また、下あごを下げることで喉仏も下げやすくなります。
下あごを下げるときに首も一緒に下げてしまうと下あごを下げるスペースがなくなってしまいます。
視線は真っ直ぐ遠くを見るような姿勢をとることを心がけましょう。

このときも、喉を閉めてしまうと痛めてしまうことがあるので気をつけましょう。

歌で低い声の出し方を知ることが大切な理由

歌で低い声の出し方を知ることはとても大切です。
その理由は一体何でしょうか?

低い声の効果

低音は聞く人に安定感を与えることができ、声に太さや深みを出すことができるのです。

低音の音域そのものが聞く人に安定感や安心感、落ち着きがあるという印象を与えるので、低音をしっかり出せる人の声や歌は安定感が感じられるのです。

ある音程の声を出すときに、ただその音を出すだけでは聞く人を感動させられません。
低音を混ぜて発生することで、声に太さや深みを出せるということに繋がるのです。

ただ低い声を出せばよい、低い音が出せなくても良いのでは?と考える人もいるかと思いますが、低い音を出せるようになることが大切な理由をしっかり理解することで、低い音の大切さや歌に与える印象などが変わってくるので知ることは大切なのです。

深みのある低い音がどんなものかわからない!という方は、プロの歌手の歌を聞いてみると良いですよ。
歌が上手い人の歌を聞くということも大切なことで、そこから色々と学べることがあるのです。

女性が低い声をカラオケで上手に出す出し方

女性が男性アーティストの歌を歌おうとすると、低い声の出し方がわからなくなるという人は多くいます。
サビの音は出せるのにイントロの部分の音は出せないという経験をした方も多いのではないでしょうか?

女性は男性に比べて声帯が短いため、声が高く音域が狭いのです。
女性の中でも声が高い人は、声帯がさらに短いということになります。

女性が低い声を出す方法

低い声を出すためには腹式呼吸を活用しましょう。

腹式呼吸は、お腹が膨らむのを意識しながら鼻からゆっくり息を吸います。
そして、時間をかけてゆっくり口から吐き出しましょう。

息を吸い込んだときに肩が上がってしまっている人は胸式呼吸になっている可能性があるのでお腹に意識を集中させてください。
歌っているときもこのように腹式呼吸を意識しましょう。

腹式呼吸が難しいという方はマイクを口に近づけるという方法も低い声の出し方です。
マイクに声が近づくほど、低音域が強調されるという特徴があるので、腹式呼吸が苦手と言う方はこの特徴を活かして歌うと良いですね。

今腹式呼吸が苦手だという方も、毎日腹式呼吸の練習をしていると身についていき、今よりも低い声を出しやすくなりますよ!

低い声の女性は歌うとき以外にも魅力がある

低い声の女性は歌うとき、高い人よりも魅力がありますが、歌うとき以外にも魅力があります。

低い声の女性は可愛い子ぶってる印象を抱かれにくいので、同性から好かれることが多いです。
周りから好かれていることを利用して男性にもアピールすることがメリットになりますね。

同性から好かれていない人は何か好かれない理由があるのではないか?と考えてしまう男性は多いのです。
そのため、同性から好かれている女性は性格が良かったり何か魅力があるんだろうなと良い印象を持たれやすく、人間的に魅力のある存在として認識されて男性から好意を寄せられるのです。

声が低いということを後ろ向きに捉える女性も少なくありません。

しかし、声が低いと高い女性に比べて堅実な印象を与えるのです。
声が高い人よりも落ち着けて信頼されやすいのも声が低い人の特徴です。

低い声を自分では良く思っていなくても、周りからは良い印象を持たれているのでもっと自信を持ちましょう!