歌うときの低い声の出し方は?上手に出す方法と低い声の魅力

カラオケで歌を歌うとき、上手に低い声が出せたらと思っている女性もいますよね!低い声の出し方を知りたいという人も多いのではないでしょうか?

カラオケで低い声を出したいときは、ポイントを押させて発声すれば上手に出すことができるようになります。

そこで今回は、女性が低い声を出せるようになる方法と、低い声の魅力についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

色の持つイメージで周囲の印象がわかる!人に与える色の効果

色は人に色々な印象を与えます。また、周囲の人に自分はどんな色のイメージかを聞くことで、自分がどんな印...

レーヨンとポリエステルの混紡とは?毛玉に気を付けましょう

よく目にするレーヨンとポリエステル。この2つを混紡した素材の服を身に付けることも多いのではないでしょ...

雑誌の収納はどうしたらいい?大量にある雑誌の収納術

困ってしまう大量の雑誌収納・・全部同じサイズならいいですが雑誌によって大きさが異なると収納に困ってし...

【好き】と【依存】の違いとは?違いを見極めるポイント

好きだから依存してしまう?彼氏に依存しすぎて嫌われてしまうのが怖い。ただ、好きという気持ちに...

肩を柔らかく!肩甲骨周りを意識したストレッチを効果的に行う

肩の周りを柔らかくするには、やはり肩甲骨周辺のストレッチを行いましょう。ストレッチをする時に...

メンタリズムと心理学の違いとは?メンタリズムで気持ちがわかる

メンタリズムと心理学はどんな違いがあるのでしょうか?調べてみると、意外な結果となりました!?...

ジェットコースターの浮遊感克服には腹筋を鍛える説について

ジェットコースターの浮遊感が苦手。どうすれば克服することができるのでしょうか?意外にも精...

バレエを大人から始めました!上達するために必要なこととは

バレエを大人から始める人とても多くなりました。週一回のレッスンに通っているのになかなか上達しない...

空手の段位は履歴書に書くべき?資格の欄ではなく特技の欄

空手の段位は履歴書に書いたほうがいいのでしょうか?空手のことを書くときには、資格の欄ではなく特技の欄...

2階のベランダはホースを使うと掃除が楽チンその方法とは

2階のベランダを掃除するときにホースが使えたら簡単にできるのに。そんなお悩みはこの方法で解決しちゃい...

アパートのお風呂の排水溝つまりを直す方法!原因と掃除方法

アパートのお風呂の排水溝の流れが悪かったり、排水溝つまりにお悩みの方はいませんか?排水溝を掃除し...

電気のスイッチがつかない原因と対処法!自分で交換はNGです

電気をつけようと思ってスイッチをオンにしても電気がつかない!こんな経験をしたことがある人もいるのでは...

調味料が冷蔵庫に全部入らない時の一工夫と入れる場所を紹介

毎日使う醤油や味噌の他、焼き肉のタレ・めんつゆ・ぽん酢などなど沢山の調味料がご家庭にはあると思います...

ジッパーの直し方は?閉まらない時の直し方を知って問題解決

ジッパーがよく閉まらなくなり、直し方について知りたくなることもあります。なかなか閉まらないジッパーは...

メールが長文な人の性格【男性偏】長文な人は結婚向きかも

男性の多くはメールやラインが苦手なものですが、中にはしっかりした内容で長文を送ってくる人もいます。...

スポンサーリンク

歌で低い声を出す出し方・まずはリラックスして!

低い声を出準備

まずはリラックスをすることが大切です。

人は緊張すると身体の筋肉が硬直してしまいます。
カラオケは他の人に見られつつ歌詞や音を間違えないように歌わなければいけないので、緊張してしまう人もいますよね。

カラオケは上半身に力が入ってしまうので、首を左右に振ったり方を軽く回したりして身体をリラックスさせましょう。
顔や口のリラックスのしかたは、目や鼻の穴を適度に開いたり、口角を軽くあげるなどして顔の筋肉をほぐしましょう。

歌うときは喉がリラックスしていることが大切

喉に力が入ってしまうと喉が閉じてしまうので、力をいれずにリラックスして喉が開いている状態にしましょう。

喉に力を入れたまま歌うと、喉を痛めてしまうことがあるのでかならずリラックスしてください。

歌う時の低い声の具体的な出し方

低い声は喉を開く事がポイント

地声では音域に限界があるので、音域の幅を広げるためには喉を開くことが必要です。
喉を開くことで綺麗な声を響かせることができます。

どうやって喉を開くかわからない!と言う方もいるかと思います。
あくびをしているときに喉が開いた状態になっています。
このあくびをしているときの喉の開き方を覚えて、歌うときに活用しましょう。

喉仏を下げるイメージで発生すると低い声が出しやすい

また、下あごを下げることで喉仏も下げやすくなります。
下あごを下げるときに首も一緒に下げてしまうと下あごを下げるスペースがなくなってしまいます。
視線は真っ直ぐ遠くを見るような姿勢をとることを心がけましょう。

このときも、喉を閉めてしまうと痛めてしまうことがあるので気をつけましょう。

歌で低い声の出し方を知ることが大切な理由

歌で低い声の出し方を知ることはとても大切です。
その理由は一体何でしょうか?

低い声の効果

低音は聞く人に安定感を与えることができ、声に太さや深みを出すことができるのです。

低音の音域そのものが聞く人に安定感や安心感、落ち着きがあるという印象を与えるので、低音をしっかり出せる人の声や歌は安定感が感じられるのです。

ある音程の声を出すときに、ただその音を出すだけでは聞く人を感動させられません。
低音を混ぜて発生することで、声に太さや深みを出せるということに繋がるのです。

ただ低い声を出せばよい、低い音が出せなくても良いのでは?と考える人もいるかと思いますが、低い音を出せるようになることが大切な理由をしっかり理解することで、低い音の大切さや歌に与える印象などが変わってくるので知ることは大切なのです。

深みのある低い音がどんなものかわからない!という方は、プロの歌手の歌を聞いてみると良いですよ。
歌が上手い人の歌を聞くということも大切なことで、そこから色々と学べることがあるのです。

女性が低い声をカラオケで上手に出す出し方

女性が男性アーティストの歌を歌おうとすると、低い声の出し方がわからなくなるという人は多くいます。
サビの音は出せるのにイントロの部分の音は出せないという経験をした方も多いのではないでしょうか?

女性は男性に比べて声帯が短いため、声が高く音域が狭いのです。
女性の中でも声が高い人は、声帯がさらに短いということになります。

女性が低い声を出す方法

低い声を出すためには腹式呼吸を活用しましょう。

腹式呼吸は、お腹が膨らむのを意識しながら鼻からゆっくり息を吸います。
そして、時間をかけてゆっくり口から吐き出しましょう。

息を吸い込んだときに肩が上がってしまっている人は胸式呼吸になっている可能性があるのでお腹に意識を集中させてください。
歌っているときもこのように腹式呼吸を意識しましょう。

腹式呼吸が難しいという方はマイクを口に近づけるという方法も低い声の出し方です。
マイクに声が近づくほど、低音域が強調されるという特徴があるので、腹式呼吸が苦手と言う方はこの特徴を活かして歌うと良いですね。

今腹式呼吸が苦手だという方も、毎日腹式呼吸の練習をしていると身についていき、今よりも低い声を出しやすくなりますよ!

低い声の女性は歌うとき以外にも魅力がある

低い声の女性は歌うとき、高い人よりも魅力がありますが、歌うとき以外にも魅力があります。

低い声の女性は可愛い子ぶってる印象を抱かれにくいので、同性から好かれることが多いです。
周りから好かれていることを利用して男性にもアピールすることがメリットになりますね。

同性から好かれていない人は何か好かれない理由があるのではないか?と考えてしまう男性は多いのです。
そのため、同性から好かれている女性は性格が良かったり何か魅力があるんだろうなと良い印象を持たれやすく、人間的に魅力のある存在として認識されて男性から好意を寄せられるのです。

声が低いということを後ろ向きに捉える女性も少なくありません。

しかし、声が低いと高い女性に比べて堅実な印象を与えるのです。
声が高い人よりも落ち着けて信頼されやすいのも声が低い人の特徴です。

低い声を自分では良く思っていなくても、周りからは良い印象を持たれているのでもっと自信を持ちましょう!