服の刺繍の取り方は焦らず根気強く!取るときの注意点や対処法

服の刺繍の取り方は道具を使えばどなたでも行うことはできます。ただし、焦ってやってしまうと刺繍じゃない糸まで取ってしまう可能性もありますので慎重に行わなければなりません。

そこで、服の刺繍の取り方について、根気強く丁寧に取っていくことや生地によって注意すること、プロに依頼してもキレイに取れるとは限らないことや針跡への対処法などお伝えしていきましょう。

これで、服の刺繍を取るときは少しずつ丁寧に糸を切っていくことが必要なのがわかります。生地によっては失敗してしまう場合もありますので、これを参考によく考えて行いましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

レーヨンとポリエステルの混紡とは?毛玉に気を付けましょう

よく目にするレーヨンとポリエステル。この2つを混紡した素材の服を身に付けることも多いのではないでしょ...

布に貼ったアイロンプリントの剥がし方!綺麗に剥がす方法を解説

子供の持ち物などに名前を付ける目的で、布にアイロンプリントを貼ることもあります。ですが、貼った名...

空手の段位は履歴書に書くべき?資格の欄ではなく特技の欄

空手の段位は履歴書に書いたほうがいいのでしょうか?空手のことを書くときには、資格の欄ではなく特技の欄...

夜の寿司は太る?それとも太らない?太らないお寿司の食べ方

夜にお寿司を食べると太る?お寿司はそこまでカロリーが高いわけではありませんが、食べ方によっては太りや...

メールが長文な人の性格【男性偏】長文な人は結婚向きかも

男性の多くはメールやラインが苦手なものですが、中にはしっかりした内容で長文を送ってくる人もいます。...

ジッパーの直し方は?閉まらない時の直し方を知って問題解決

ジッパーがよく閉まらなくなり、直し方について知りたくなることもあります。なかなか閉まらないジッパーは...

スカートのウエストサイズの直し方!簡単にできる調整方法

履いて行きたかったスカートを久しぶりに履いてみると、ウエストがブカブカになっている、ということはあり...

ガレージのシャッターの種類と特徴!適したシャッターの選び方

ガレージにシャッターを付けたいという時には、車を守ることを目的に設置する方が多いと思いますが、ガレー...

日本の神社のなかで三大がつくものを特集!詳しく解説します

日本には8万社以上の神社があると言われていますが、誰がご祭神なのか詳しく知らない人も多いでしょう。...

床カーペットの剥がし方について手順やコツをご紹介します

床カーペットの剥がし方には手順やコツがあります。まずはどのように敷かれていたのかをチェックし、部...

顔のパーツは、第一印象を決める重要なポイントです

人間の顔は千差万別です。目の大きい人がいれば、小さい人、口が大きい人、小さい人など、ひとつひとつ...

指関節をポキポキ鳴らしたら太くなるって本当でしょうか

人のクセの中で、指の関節をポキポキ鳴らす行為がありますよね。しかし、この関節ポキポキは、「指が太...

メンタリズムと心理学の違いとは?メンタリズムで気持ちがわかる

メンタリズムと心理学はどんな違いがあるのでしょうか?調べてみると、意外な結果となりました!?...

毛玉の取り方は?セーターの毛玉が復活!正しい毛玉の取り方

お気に入りのセーターに毛玉ができてしまい、毛玉を取ってもまた毛玉が復活。毛玉ができてしまうと、お気に...

バレエを大人から始めました!上達するために必要なこととは

バレエを大人から始める人とても多くなりました。週一回のレッスンに通っているのになかなか上達しない...

スポンサーリンク

服の刺繍の取り方は道具を使えば自分でも取れる

服に刺繍をする際には、洗濯などで簡単にほどけてしまわないように、何度も針を通してできるだけ細かく縫うわけですが、そうなると当然、その刺繍を取るのはかなり労力が必要になってきます。手縫いの刺繍はもちろん、子供の服などに簡単に刺繍を施すことができるミシンを使って刺繍されたものだと、それだけしっかりと隙間なく糸が密集していますので、上手く糸を切りながら刺繍を取る作業は、自分の根気との勝負とも言えるでしょう。

自己流はNG!上手な服の刺繍の取り方

細かな刺繍糸を取り除く方法としては、生地の裏面から糸を切りつつ行うのが基本です。

ここで役立つのが、リッパーと呼ばれる裁縫道具です。リッパーは主に、糸を切断したり、絡まった糸をほぐす際に使われ、刺繍を取る際には欠かせない道具です。このリッパーの細い先端に切りたい糸を引っ掛け、そのまま根元に付いた刃で全体的に糸を切ったら、今度は表側の糸も同様に切り、あとはひたすら指やピンセットなどを使って糸を抜き取ります。

この方法だと時間はかかりますが、自分で行う刺繍の取り方としては、これが昔からの一番スタンダードな手法です。

服の刺繍の取り方には生地によって注意すること

服の刺繍を自分で取る際には、リッパーで根気よく糸を切るという方法が一般的ですが、あくまでも刺繍が施されている生地を傷つけないということが大前提です。衣類に使われる素材は数多くありますが、その中には取り方に関わらず、刺繍を取り除いて使う事自体が難しいケースもあります。

刺繍を取るべきではない服の生地とは

通常、私達が着ている市販の服には、洗濯表示がついてます。洗濯機可の製品であれば、それだけ生地としては丈夫だということですので、とり方にさえ気をつければ、自分で刺繍を取り除いて使うことも可能でしょう。

しかし、中には手洗い専用もしくは水洗い不可となっている服もあります。それらの服はなるべく丁寧に扱わないと、生地が傷む恐れがあり、とくにシフォンやレース素材などは、バッグの金具やチャックなどに引っ掛けただけでも、ダメージが大きくて使い物にならなくなることもあります。

このように、とくに扱いが難しい薄手の生地などに関しては、どんなに慎重に刺繍を取り除いたところで、刺繍跡が残ってしまうため、なるべく刺繍は取り除かないほうが無難かと思います。

服の刺繍はプロの取り方でもリスクは覚悟しましょう

洋服のリフォームを行っているお店では、刺繍を取り除いてくれる場合もあります。しかし、ミシンを使って綺麗な刺繍をするのは得意でも、刺繍のとり方に関しては、たとえその道のプロであっても、そこまで特殊なワザを持ち合わせているわけではないため、思い通りには行かないこともあるということを、頭に入れておく必要があります。

刺繍する前の状態に戻すのは困難

生地に針を通して服に刺繍をするのですから、生地に穴が空いてしまうのは当然ですよね。たとえ刺繍糸はすべて取れたとしても、やはり一度空いてしまった穴を完璧になかったことにするのは、不可能に近いと言えるでしょう。
いくらプロに頼んだからとは言っても、刺繍はなくなった代わりに、生地によってはその部分がくぼんでいたり、針の穴が目立ってしまう可能性は非常に高いため、作業を行う前にその点も含め、リスクについても確認しておきましょう。

刺繍を取り終わった後に残る針跡への対処法

刺繍に使われている糸と、元々の服の生地の色が似ている場合は、より注意が必要です。

リッパーを使って刺繍糸を裏面から切ると、表面側の糸は少し緩んで浮き上がってきますので、生地を傷つけないように慎重に切りつつ、全体の糸を取り除くわけですが、いくら丁寧に作業を行ったところで、やはりそのままだと刺繍の跡は残ってしまうものです。

刺繍を取り除いたあとに残った針の跡を目立たなくするには、アイロンが有効です。

アイロンのスチームを効果的に使う

アイロンのスチーム機能を使って、刺繍を外した跡の部分にアイロンをかけます。表裏それぞれ交互に、しっかりとアイロンをかけることによって、刺繍によってできた穴や生地のへこみが目立たなくなります。

しかし、熱に弱い生地の場合はアイロンをかけても復元する可能性が低いだけでなく、生地を痛めてしまう恐れがありますので、この方法はあまりおすすめできません。生地の性質を確認されたうえで、参考にしてみてください。

刺繍を取りたいときは焦らずに根気よく行いましょう

新しく服を買う時や、お下がりの服をもらった時などに、その服自体は気に入っているのに、刺繍の部分だけがどうしても気に食わないといったケースもありますよね。この刺繍を我慢して着るか、それともひと手間かけて刺繍を取って使うかによって、着る頻度が大きく違ってくるのだとしたら、可能であれば上手いとり方で刺繍をなくしたいと考える方も、少なくないと思います。

上手く刺繍を取り除くことができれば言うことはありませんが、たとえ糸は取り除けたとしても、刺繍する前のように完全に元には戻せないリスクも考慮したうえで、それでもやはり刺繍を取りたいのでしたら、思い切ってやってみても良いでしょう。

刺繍が細ければ細かいほど、その分時間も根気も必要になります。とにかくこの作業は、焦らずじっくりと丁寧にやる以外に成功の秘訣はありませんので、自分との勝負だと思って、根気強くチャレンジしてみてくださいね。