スカートのウエストサイズの直し方!簡単にできる調整方法

履いて行きたかったスカートを久しぶりに履いてみると、ウエストがブカブカになっている、ということはありませんか?
今日、履きたかったのに…という場合には、とりあえずの応急処置でウエストを詰める方法もあります。
そこで、すぐにできるウエストサイズの調整方法や、手縫いでできる直し方をご紹介します。

ウエストがゆるいままだと、スカートが回ってしまったり、腰回りがスッキリしなかったりと着ていてもしっくり来ません。ミシンを使わずに簡単にできる直し方です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ドラムスティックは折れるもの!原因と楽しむための対処法

ドラムスティックが折れるのは、自分の叩き方が悪いのか、ドラムが下手なのかと気になってしまう人もいるで...

床カーペットの剥がし方について手順やコツをご紹介します

床カーペットの剥がし方には手順やコツがあります。まずはどのように敷かれていたのかをチェックし、部...

透明マスクが飲食店の救世主に!透明マスクの効果とメリット

飲食店で透明マスクをつけているスタッフをよく見かけるようになりました。あなたも一度は目にしたことある...

バレエを大人から始めました!上達するために必要なこととは

バレエを大人から始める人とても多くなりました。週一回のレッスンに通っているのになかなか上達しない...

雑誌の収納はどうしたらいい?大量にある雑誌の収納術

困ってしまう大量の雑誌収納・・全部同じサイズならいいですが雑誌によって大きさが異なると収納に困ってし...

服のセールは冬だといつから始まるの?お得満載のセール活用術

服が大好きな方にとって楽しみなのが、冬のセール。普段は手が届かないお高いコートも、セール時期になると...

窓の防音対策には防音ボードが効果的!DIYでの自作も可能

音漏れを防ぐためには、窓の防音対策は必要不可欠。そこでおすすめしたいのが「防音ボード」です。窓を...

夜一人で歩くのが怖い場合の女性の歩き方と防犯のポイントとは

帰りが夜遅くなってしまった時に、自宅まで一人で歩くのが怖いと多くの女性が感じていることでしょう。...

動物が苦手な人の心理とは?嫌いって言うとイメージ悪くて

動物が苦手なのは仕方ない!心理的なことを探りたいけど、多分『怖い』というのが一番の理由かと思われ...

革専用オイルの代用になるものは?使用前は試し塗りをして慎重に

革靴にオイルを塗りたいのに専用オイルがない場合、何か代用になるものがあれば…と思いませんか?調べ...

布に貼ったアイロンプリントの剥がし方!綺麗に剥がす方法を解説

子供の持ち物などに名前を付ける目的で、布にアイロンプリントを貼ることもあります。ですが、貼った名...

空手の段位は履歴書に書くべき?資格の欄ではなく特技の欄

空手の段位は履歴書に書いたほうがいいのでしょうか?空手のことを書くときには、資格の欄ではなく特技の欄...

漂白剤の正しい使い方!食器用を衣類に使うのはNG

普通に洗濯しても取れない衣類に付いたシミを取りたい時には、漂白剤を使いますよね。衣類用の漂白剤を探し...

ジェットコースターの浮遊感克服には腹筋を鍛える説について

ジェットコースターの浮遊感が苦手。どうすれば克服することができるのでしょうか?意外にも精...

ポリエステルの生地は撥水効果がある?撥水加工について

ポリエステルの生地自体は撥水効果はありません。しかし、撥水加工をすれば水を弾きやすくなります。...

スポンサーリンク

スカートのウエストサイズをすぐに詰めることができる直し方

久しぶりにスカートを履いてみたら緩くなっていて、スカートの丈も長く履いているうちにずり落ちてきてしまいそうな状態になってしまっていたという経験を持つ女性は意外と多いのではないでしょうか。
昔履いていたスカートが緩くなったということは、昔よりも痩せたということでもあるので女性であれば嬉しさを感じる人も多いでしょう。
そんなときには新たに自分の体型にあったスカートを買いなおすというのもひとつの方法ではありますが、そのスカートがお気に入りだったときにはそうもいきません。
同じデザインのスカートが今も売られているのであればそれも叶いますが、昔履いていたスカートが今も売られているというのは考え難いでしょう。

簡単にスカートのサイズを調整する方法

そこで、今手元にある大きめのスカートを自分でウエストサイズを調整してみませんか?
自分で洋服のサイズを手直しするというと、裁縫経験のあまりない人にとっては難しいのではないかと考える人が多いですが、実は裁縫道具を一切使わなくともウエストサイズを調整することは出来るのです。
裁縫道具を一切使わずに何を使えばいいのかというと、安全ピンひとつがあれば簡単にウエストサイズを自分で調整することが出来ます。

安全ピンを使ってどのように調整をしたらいいのかというと、まずはスカートのウエスト部分を裏からつまむようにして布の山を作ります。
その布の山の部分に安全ピンを刺して止めれば、安全ピンで布が固定されるので簡単にウエストサイズを調整することが出来るというわけなのです。

しかし、この安全ピンを使ってウエストサイズを調整するという方法は危険もあります。
というのも、ウエスト部分の裏側から安全ピンを刺して止めているので、肌と安全ピンが触れるような状態でスカートを履くことになります。
安全ピンは力強く引っ張ってしまったり力が加わると止めてあった針が出てきてしまう可能性があります。
そうなると肌に針が刺さってしまうという可能性も無いとは言い切れません。

そのため、もっと安全にスカートのウエストサイズを調整したいというときには、安全ピンの変わりにクリップを使うというのがおすすめです。
クリップであれば、もしも外れてしまうことがあったとしても肌を傷つける心配がありません。

ボタンのあるスカートのサイズの直し方

ウエスト部分がゴムになっているスカートであれば、上記で説明をさせていただいた通りに安全ピンやクリップを使って簡単にウエストサイズの調整をすることが出来ます。
しかし、もしも手元にあるスカートがボタンで留めるタイプのスカートだった場合には、また違った方法でウエストサイズを調整することが出来る方法があるのでお伝えしていきます。

どのように調整をすればいいのかというと、ここでもまた安全ピンを使って調整をしていきます。
まずは、安全ピンの針を外して開いた状態にし、スカートのボタンに引っ掛けるような状態にしておきます。
そして、スカートを履くときにボタンを留めるように、ボタンをかける穴が空いている側のスカートを引き寄せましょう。
もちろんスカートは緩い状態であるので、ボタンよりももっと奥まで引き寄せることが出来るでしょう。
ウエストのサイズに合わせてボタンをかける穴が空いている側のスカートを引き寄せることが出来たら、ボタンにかけていた安全ピンの針を通して留めて固定します。
このようにボタンの部分で安全ピンでスカートを固定することによって、緩かったスカートをジャストサイズで履くことが出来るようになります。

針と糸を使った簡単スカートのサイズの直し方

裁縫道具を使わないでスカートのウエストサイズを調整する方法についてお伝えしていきましたが、もちろん針と糸を使ってもスカートのウエストサイズは調整することが出来るのでお伝えしていきます。
安全ピンやクリップを使ったときの方法と同じようにして、ウエスト部分の布を裏側からつまんで布の山をつくります。
そして、その布の山の部分の根元を針と糸を使って縫っていくのですが、縫い方はどのような縫い方でも構いません。
縫い終わったら布の山が糸で固定された状態となります。
布の山が気にならなければそのままスカートを履いても構いませんが、もう少しキレイな状態でスカートを履きたいときには、布の山を右左どちらかに折った状態にし、そのまま布の山の頂点をウエスト部分に針と糸を使って縫います。

なみ縫いだけでスカートを詰める方法

針と糸を使った縫い方で一番簡単なのは「なみ縫い」でしょう。

なみ縫いをすることが出来れば、自分でスカートのサイズを詰めることが出来る

上記で、ウエスト部分の布をつまんで山を作り、その山を縫うことによってウエストサイズを調整することが出来る方法についてお伝えしましたが、1箇所でスカートのウエストサイズを調整してしまうと、表からスカートを見たときにスカートにゆがんでいるように見えることがあります。
このように1箇所だけでスカートのウエストサイズを調整しようと思うと全体のバランスを取るのが難しい場合もあるので、そんなときには小さな布の山を複数作ってスカートのウエストサイズを調整してみましょう。

サイズが大きく変わった時にはプロにお願いする方法も

スカートのサイズが少し緩い程度であれば、このように自分でスカートのウエストサイズを調整するという方法もおすすめですが、もしもスカートのサイズが大きく変わってしまったというときには、裁縫のプロにお願いしてウエストサイズを直してもらうという方法もあります。
裁縫のプロに頼めば、ウエストサイズを直したとしてもスカートがゆがむことなく、直した部分もキレイにしてくれます。

大切なお気に入りのスカートの場合にも、自分で調整するのではなくプロに頼むという方法を検討してみるといいでしょう。