空手の段位は履歴書に書くべき?資格の欄ではなく特技の欄

空手の段位は履歴書に書いたほうがいいのでしょうか?空手のことを書くときには、資格の欄ではなく特技の欄になります。

特技の欄の書き方とは?段位を持っているのなら、書いておくとわかりやすいですよね。
実は、趣味や特技はそこまで企業は重要視していないそうです。だからといって適当に書いてはいけません。特技の欄の書き方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

休日の昼寝って最高!夜の睡眠と昼寝の違い。なぜ昼寝が必要か

休日の昼寝って最高だよね!予定がない休日の前の日は「絶対に明日ゴロゴロするぞ!」と決意したり...

夜の寿司は太る?それとも太らない?太らないお寿司の食べ方

夜にお寿司を食べると太る?お寿司はそこまでカロリーが高いわけではありませんが、食べ方によっては太りや...

ジェットコースターの浮遊感克服には腹筋を鍛える説について

ジェットコースターの浮遊感が苦手。どうすれば克服することができるのでしょうか?意外にも精...

読書が苦手なのには理由があります!なるほどなワケと対処法とは

本を読むのは好きですか?読書が苦手という大人も案外いるものです。読書が嫌いまたは苦手という人...

塩を使ってお風呂でマッサージ!そのやり方と効果を徹底解説!

塩を使ってお風呂でマッサージするとダイエット効果があると言われていますよね。塩で洗顔する人も増えてい...

ジッパーの直し方は?閉まらない時の直し方を知って問題解決

ジッパーがよく閉まらなくなり、直し方について知りたくなることもあります。なかなか閉まらないジッパーは...

色の持つイメージで周囲の印象がわかる!人に与える色の効果

色は人に色々な印象を与えます。また、周囲の人に自分はどんな色のイメージかを聞くことで、自分がどんな印...

コンビニ駐車場に防犯カメラがあればトラブル解決の糸口になるか

コンビニにはたくさんの防犯カメラが設置されていますが、最近は店内だけでなく、駐車場に向けても設置され...

ドラムスティックは折れるもの!原因と楽しむための対処法

ドラムスティックが折れるのは、自分の叩き方が悪いのか、ドラムが下手なのかと気になってしまう人もいるで...

電気のスイッチがつかない原因と対処法!自分で交換はNGです

電気をつけようと思ってスイッチをオンにしても電気がつかない!こんな経験をしたことがある人もいるのでは...

木工用ボンドが服についた時の落とし方!自分で綺麗にする方法

木工用ボンドが服についてしまったときは、一体どうやってボンドを落とせば良いのでしょうか。自分でボンド...

髪型で性格が変わる?髪型で印象を変えて考え方も変えてみよう!

髪型で性格が変わる!?髪型を変えるだけで人間の本質を変えることはできませんが、気分や意識を変...

日本の神社のなかで三大がつくものを特集!詳しく解説します

日本には8万社以上の神社があると言われていますが、誰がご祭神なのか詳しく知らない人も多いでしょう。...

日本は年齢を気にするし、年齢で色々なことを判断する件について

日本は年齢を気にする風潮にあります。もちろん、それなりのカテゴリーがあったほうが、何かとコミ...

雑誌の収納はどうしたらいい?大量にある雑誌の収納術

困ってしまう大量の雑誌収納・・全部同じサイズならいいですが雑誌によって大きさが異なると収納に困ってし...

スポンサーリンク

空手の段位を書いたほうがいい?履歴書の資格の欄について

履歴書を書くのは、面接に行く前に緊張することの1つですね。履歴書の欄で資格の欄や趣味の欄でどこまで書いたら良いのか、どのような内容で書くと印象がいいのかと一度止まってしまうことは無いでしょうか?

一般的に履歴書の資格の欄はこれから受ける会社にとって必要な資格、免許を書く欄になっています。面接の際、面接担当者や採用担当者が資格の欄をどのようにポイントを絞ってみているのか気になってしまいますね。まずは仕事に必要な技能や知識が身についているかをみています。今までどのような経験や知識が備わってきているか、そして仕事に生かせるかというところをみています。自分でもしっかりといかせるものがあることを伝えましょう。その時向上心や意欲も見られていますので、熱意をもって伝えることは大事です。

働きたい企業に必要だと思われる資格は勿論のこと記入は大事ですが、関係のない種類の資格を記入するのは、担当者が良い印象を持たない場合があるのでしっかりと吟味し記入しましょう。

空手の段位を履歴書に書くときには趣味・特技の欄

段位のついている武道などは今まで頑張ってきて、心も体も成長している部分を面接の時に伝え、知ってもらいたいですが書く場所については注意しましょう。

武道の段位を書く場合は趣味、特技欄に書くと良いです。

資格の欄に書くのは国家資格だけで、武道が必要な職種の場合は資格の欄に記入も良いです。

何も書かないのではなく人柄を知ってもらうためには趣味、特技欄に書くのは良いでしょう。これから働く会社が警察官、警備員、夜勤の仕事など場合、面接に有利になりそうなので積極的に記入しましょう。

資格の欄に書くほどではないけど職種によってはこの資格が有利になると考えられる資格がある場合は記載しておくと良いでしょう。
職種に関係のない資格やスポーツの段位などは業務に関係なくても面接の際の話題づくりのために趣味、特技の欄に記入すると目を引き話題になるでしょう。

履歴書に空手のことを書くなら段位も一緒に

段位や帯の色はこの段位を取るために頑張った経験があるという結果の表れでありその知識がない面接官でもわかりやすいもののひとつなので書くと印象が良いでしょう。
そのほかには長く続けていることを伝えると、継続して頑張ってきたということを印象付けることができ、目標をもって頑張ることや達成させることができるという点でも好印象を与えることができるでしょう。

面接という場は人柄を見るための場ですが、少ない時間での質疑応答や履歴書の内容だけでは判断するのは難しいでしょう。そのため履歴書の記入は大事なことでそのことから話が広がりさらに人柄を知ることができたり、緊張も和らいでくるでしょう。目に留まるような内容も印象付けるために大事なことです。

就職活動の場では人柄を知るため、趣味や特技を問う質問はあるでしょう。資格は勿論のことですが、趣味や特技はその人のことを知るのに良い話題になると思われます。空手を続けていて有段者なのであれば、そこに行き着くまでの努力や持論、団体の中で行われた競技で身についた協調性、など社会人にとっては必要なポイントなどを伝えましょう。

空手の段位を履歴書に書くときのポイント

空手の段位を趣味、特技の欄に書くときは短時間で自分を印象付けるために正直に簡単にわかりやすく書きましょう。小さな字で細かく長い文章で伝えようとすると良い印象を与えられません。相手の状況を理解できなく適切なものを提出できないと思われてしまいます。面接を担当している人がわかりやすく読めるような書き方をします。

趣味、特技の欄は面接の際に大きな影響を与えることはありません。ですがその資格や特技の話が広がったり掘り下げられることもありますので正直に適切な受け答えができる内容を記入しましょう。そこでコミュニケーションをみられていることもあるのできちんと会話が膨らんでも大丈夫なことを書きましょう。

自分の魅力を最大限にいかして書こう。
他の欄とは違い自分自身のアピールする大事な項目である趣味、特技の欄では工夫をして面接担当者への印象を高めましょう。

珍しい特技でひきつける
あまり聞かないスポーツや長く続けていることなどまた経歴や趣味などで見た目とのギャップがある場合も印象に残りやすいです。

空手の有段者であることを書くことはアクティブな部分を伝えられそこに行き着くまでの努力も想像しやすいことから履歴書に書くことで有利となるでしょう。

履歴書に書いたほうがいい特技…しかしそこまで重要ではありません

履歴書に書く趣味、特技は就職活動にはあまり重要な部分ではありません。採用にはあまり関係のない欄ですが空欄にせず何か書いて埋めることは大事なことです。これを聞くとあまり構えて書くようなことではないのかな?と思ってしまいますが興味を持ってもらい印象付けるには大事な項目です。もしそこに興味をもって話が膨らんでしまった時、ただ埋めるためだけの趣味、特技では話が終わってしまうので、正直に書きましょう。この場合空手を伝えたい場合は特技に打ち込んできた時間、成し遂げた結果、実力がわかる内容など意識して書くと目にとまりやすく好印象でしょう。

伝える時はそこにいたるまでの経緯や努力、そのことで学んだことなどを言葉で伝えるとさらにわかりやすく伝えることができ、コミュニケーションの部分も見てもらえるでしょう。